« 2012 春アニメ 1話感想 そのよん | Main | いまから、君が社長をしなさい。/鳥原隆志 »

耳をすませば/柊あおい

小学生から中学生にかけて、基本的におこずかいはすべてガンプラに注ぎ込んでいました。なので、マンガ雑誌を定期的に読むという習慣はなく、定期的に買っていたのはもっぱら「Hobby Japan」と「B-CLUB」でした。2歳違いの妹は当時、「りぼん」と「なかよし」を毎号買っていたので、その当時は完全に少女漫画読みでした。

「ちびまる子ちゃん」「ハンサムな彼女」「お父さんは心配性」「きんぎょ注意報」「赤ずきんチャチャ」「こどものおもちゃ」「天使なんかじゃない」「なな色マジック」「すくらんぶる同盟」・・・面白い漫画はたくさんありましたし、ちょうど「美少女戦士セーラームーン」の連載が始まった頃でもあります。漫画の「セーラームーン」はぱっとしない作品でしたが(笑)。

なので、「星の瞳のシルエット」も好きで読んでました。が、その後に同じ作者が描いた「耳をすませば」は心に残っている作品です。自分の恋と友達の恋に悩んで頭がぐちゃぐちゃになっても、授業が終わったら天真爛漫の笑顔で「終わった終わったー」と空に向かって伸びをしてしまう雫が、思春期の入口の「恋も知り始めているけど、それが人生で一番大事なことではない」という中学生の等身大の姿を描いているようで、やたら恋愛を深刻ぶらないところが気持ちよかったのです。

後にジブリが映画化したことで「知る人ぞ知る」ではなく「誰でも名前は知っている」という作品になったわけですが、原作ファンだった私は原作がかなり変わっているという評判を聞いたこともあり映画は観ていません。というか、私はジブリという組織や宮崎駿さん、鈴木敏夫さんの振る舞いや考え方のファンではあるんですが、ジブリ作品は基本的に観ないという困ったアニメファン(だから「ナウシカ」も「トトロ」も「ラピュタ」も観ていません。もちろん、模型の国の住人だから「紅の豚」は観てますぜ)なのです。威張っていうことじゃないですが(笑)。いや、DVDは持ってるんだよ・・・うん。

ここまで前置きです。なーがっ。

で、今日、本屋で「耳をすませば」の文庫版を見かけて、久しぶりに読んでみたくなり買ってきました。40前のおっさんが買っているのも端から見れば気持ち悪いと思うんですが、なんせ男子中学生時代から少女漫画読みなのでまったく気にしません。うはは。

内容はもう別に言うべきこともないんですが、あとがきがついてまして。一つは鈴木敏夫さん。映画化のきっかけが書いてました。このエピソードを知らない人はぜひ買って読んでほしいんですが、本当に宮さんらしいエピソードです。

なんで原作と全然違う話なのかという理由が明らかになるんですが、そもそも二人は旅先で古雑誌としておいてあった「りぼん」を読み、「この話いいよね。どうなるのかな?」と暇にあかせて途中の1話分から全体の話を作ってしまい、それを映画化しようということになってからコミックスを読んだんだそうです。なんじゃそりゃ!

さらに、宮崎さんはコミックスを読んで作ろうとした話と全然違うので怒りだしたというんだから、ホント頭おかしい。アニメファンはみんな知っていますが、だいたいアニメの大監督は総じてみんな頭がおかしいです(笑)。やっぱり宮さんには売れるために原作を変えるとかいうスケベ根性はないんですねえ。困った人だけど、愛すべき人ですなあ。

そんな原作大改編をやられてさぞかし作者の柊さんは困っただろうと思ったんですが、続いて柊さんのあとがきもあります。それによると、この作品はいい加減「星の瞳のシルエット」で恋愛話をやりまくった柊さんが、もうすこし恋愛だけではない話を書きたいと、編集部の反対を押し切って自信満々ではじめたんだそうです。

ところが、思い届かず人気はさっぱり。まあ、小学生の女の子にはちょっとこの話は渋すぎるっちゃーそうなんですよね。打ち切りになってしまい、悔しさと好きだといってくれるファンへの申し訳なさでいっぱいで、単行本を神棚に上げて本に謝ったそうです(笑)。そこへ数年後、降ってわいたかのようなアニメ化話。作者としては望外の喜びだったそうです。なるほどー。外野からみてるだけじゃあわからないものですなあ。そもそも、打ち切りになって伏線の回収が大変だったと柊さんは書いてるんですが、全然そんな感じしないんですけどね。

というわけで、文庫版を買ってあとがきが読めて非常に面白かったので、ご紹介。アニメを観て原作を読んでない方は、ぜひおすすめ。大人になった今の方が素直に読めると思います。雫ちゃんのまんまるな顔が可愛いですよ。

それにしても、「星の瞳のシルエット」も読みたくなっちゃったなあ。


|
|

« 2012 春アニメ 1話感想 そのよん | Main | いまから、君が社長をしなさい。/鳥原隆志 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/54616682

Listed below are links to weblogs that reference 耳をすませば/柊あおい:

« 2012 春アニメ 1話感想 そのよん | Main | いまから、君が社長をしなさい。/鳥原隆志 »