« January 2012 | Main | March 2012 »

ネスプレッソ PIXIE

ネスプレッソ PIXIEを買いました。ネスプレッソは、カプセルタイプの小型エスプレッソマシンです。

中学受験をすることを小6の10月に決意した(<遅っ)私は、生まれて初めて受験勉強をしました。それまで宿題以外に机に向かったことがなく、さらに学校の勉強でわからないことは何一つなく宿題は単なる作業に過ぎなかったわけで、うなりながら机に向かうのは新鮮な体験です。楽しかった覚えしかありません。そして、母親が深夜まで勉強している息子に夜食と魔法瓶いっぱいのコーヒーを用意してくれました。父も母もコーヒーが好きだったのですが、それまで子供には飲ませていませんでした。

たった3ヶ月の受験勉強だったんですが、心配した母親が息子をカフェイン中毒にするには十分で、以来、コーヒーなしの生活は考えられません。いや、だらだらと寝っ転がっているだけなら要らないんですが、何か作業をしようとすると言い訳もあるのでしょうが「コーヒーがないと」になってしまいます。大学院時代は、研究室に自分のコーヒーメーカーを持ち込んでいました。

このような経緯でコーヒー好きになったため、基本はでっかいマグになみなみとドリップコーヒーを注いで飲んでます。朝食は取らない習慣のため(だって、頭が働くのは朝起きてから最初の食事を摂るまでじゃないですか。一日のその後は作業の時間で頭脳労働の時間じゃないです)、朝、1杯のコーヒーに砂糖を入れて、それが朝食代わりです。

と、ここまでの長ーい前置きで何を書きたかったかと言えば、私はエスプレッソは飲みませんということです。わはは。

コーヒー好きですから、ネスプレッソというシステムが存在するということ自体は知ってました。徹底して管理され通販か特定のデパートでしか買えないカプセルと、専用のマシンを使用していつでも安定したコーヒーが飲める美しいシステム。味に対する評価はすこぶる高いです。コーヒー好きなら、挽いた直後の豆で入れるコーヒーと挽いてから1週間たったコーヒーでは雲泥の差があることは毎回、挽き立ての豆を買ってくる度に思い知っています。しかし、毎回ミルで豆を挽くのはめんどくさい。あのカプセルなら、それが要らないのだとすれば・・・

・・・でも、エスプレッソは飲まないんだよねー

そんな時、昨年結婚して、祝いを送り損なっていた従妹に祝いに何か欲しい物はあるかと聞いていたところ、「コーヒーメーカーが欲しい」と言ってきました。「AY子、コーヒーなんか飲んだか?」と思ったんですが、旦那が飲むんでしょう。

ただ、コーヒーメーカーなんて安ければ数千円で買えてしまう物ですし、高い物がよいというようにも思えません。あまりプレゼントとしては面白くない。プレゼントは、高くてかさばってあればうれしいような気がするけど間違っても自分の為には買わない物を贈るのがポリシーです。うーん・・・

大宮のビッグカメラへ偵察に行くと、売れ筋のコーヒーメーカーとしてネスカフェドルチェグストが並んでました。ドルチェグストはネスプレッソほど硬派ではないカプセルコーヒーシステムです。普通のドリップコーヒーもあるし、カプチーノなどのミルクレシピやチョコや抹茶ラテまであります。セブンやアマゾンでカプセルを買えるし(ネスプレッソは専門店か通販のみ)ね。うん、普通のコーヒーメーカーは自分で買ってもらおう(笑)

というわけで、ビッグカメラよりだいぶ安かった某電気屋さんの通販サイトでオーダーしました。届いた後、連絡が来なくなってしまったんだけど(笑)、楽しんでくれているといいなあ。

で、いろいろ調べているうちに自分でも欲しくなってしまいました。同じドルチェグストを買ってもつまらないし、ここはやはりネスプレッソにするべきでしょう。さらに、新型マシンのPIXIEの特設サイトを見ていると楽しくなってしまい、これに決定。もうね、機能説明のビデオがまるで何にも説明しないのがすごい(笑)。

というわけで、購入してそろそろ1ヶ月になります。エスプレッソを飲まない私が、PIXIEを使っているかといえば・・・驚くほど使ってます。味も確かに素晴らしいんですが、やっぱりなにより楽です。徹夜仕事の時みたいにたくさん飲みたいときはドリップコーヒーをたっぷり沸かした方がいいんですが、朝でかける前の1杯は絶対にこちらの方が楽。それほどきつくないカプセルをルンゴで淹れれば十分に1杯分にはなります。またはあらかじめマグに牛乳をすこし注いでおいたり、あるいはお湯で薄めて飲んだり(カフェ・アメリカーノというらしいです)すれば別にエスプレッソだと思わなくても違和感なく飲めてしまいます。

なにより、家でエスプレッソ・アフォガートが食べられるのは素晴らしい。この世で一番好きな飲み物がコーヒーフロートという私ですから、もちろんアフォガートも大好物。この時ばかりは重めのカプセルをリストレットで淹れて、にがーいコーヒーを作ります。

というわけで、コーヒー好きには絶対にオススメ。これを買えば、普通のコーヒーメーカーは捨ててもOK!普段使いで楽したいときはネスプレッソ、美味しいドリップコーヒーが飲みたいときは、コーヒーメーカーではなくてヤカンにお湯を沸かしてドリッパーを使えばいいんです。だって、あえてドリップコーヒーが飲みたいってことはそれだけの手間をかけたい気分なんでしょうから。私もPIXIEを買ってから、今度はコーヒーミルが欲しくなりました(笑)。あとは、やっぱりミルクフォーマーとシロップですかねぇ・・・

あえて難点を指摘しておくならば、稼働時の音と、ランニングコスト。音はうるさいです。体育倉庫にあった電動の空気入れを思い出していただければそんな感じです。ん?手動の空気入れしかなかったんですか?えーっと、じゃあ、金魚の水槽のポンプの倍ぐらいをイメージして下さい。コンプレッサーが小さい筐体に収まっているのでしょうがないんですが、ちょっとぎょっとします。テレビを見ている家族に睨まれます。でもすぐに慣れます。

ランニングコストですが、1杯飲むのにカプセル1個分の値段がかかります。カプセルはだいたい80円弱です。でも、コーヒー好きのあなたはカップの自販機の前に立ったら迷わず一番高いコーヒーのボタンを押すんでしょう?あれより安くて、倍ほど旨くて、1日せいぜい缶ビール一本に満たないんですから、迷う余地はありません。え?発泡酒しか飲まない?あなたにはネスプレッソは向いていません。

ここまで読んで納得したら、あなたもPIXIEを買いましょう。やっぱ売れないとカプセル供給が打ち切られちゃうかもしれないですからねー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« January 2012 | Main | March 2012 »