« October 2011 | Main | December 2011 »

ステキな金縛り

「ろくでなし啄木」を観て気持ちが盛り上がったので、「ステキな金縛り」も観てきました。たくさん宣伝されてますし、あらすじ等、ご存じかと思いますが、ご存じない方は写真をクリックしてyahoo映画でご確認を。

「ろくでなし啄木」については特典映像で三谷さん自身が「これはコメディーではない」と仰ってますが、こちらは明確にコメディー。むしろ、コメディーの方が徹底する三谷さん。映画の三谷さんは観客を一人として嫌な気持ちにさせません。

今回は題材が殺人事件の裁判なので、悪人が全く出てこないというわけにはいかないんですが、竹内結子さんが殺す姉と殺される妹(あれ?どっちがどっちだっけな)の両方を演じていたり、共犯の山本耕史さんがちょびヒゲのちょっと笑いを誘う伊達男だったりで、どう見ても悪人には見えません。

敵役は検事役の中井貴一さんですが、「幽霊が見える側」という意味で主役の深津絵里さんと同じ側に立つという役回り。中井さんが味方になってからは小日向文世さんがスミス軍団(笑)を率いてやってくるんですが、まあ、性格は悪そうですが憎めないキャラです。ここまで、「一瞬たりとも観た人を嫌な気持ちにはさせないぞ」と徹底されている映画も珍しいでしょう。

もともと三谷さんの得意技はシチュエーションコメディですから、敵役は「状況」。困った状況が次々に起きて、全員が振り回されて大爆笑なんです。もっとも、最後の解決方法は「そんなことが出来るんなら、この落ち武者の幽霊も別にいらんやん」という明らかに壊れたルールだったりして、そういう意味では結局は何にも対立してないし、何にも解決していないし、ストーリーは全く進まないしという実に三谷芝居らしい映画。実は物語を物語るという意味でもコメディの構成としてもあまり褒められた出来ではありません。

でも、それはそれとして次々に笑いをたたみかけてくる徹底したサービス精神と、とにかく深津絵里のかわいらしさ(年上とはとても思えない!)は最高。ふかっちゃんをたっぷり眺めるだけで十分に元がとれる映画です。

それにしても、これだけの主役級役者の大艦隊が次から次へと出てくると、それだけでなんともお祭り感が漂います。そもそもですね、普通は阿部寛さんと中井貴一さんを横に並べるようなお話は作りません(笑)。

佐藤浩市さん、唐沢寿明さんはホントにチョイ役で美味しく登場します。佐藤浩市さんは「マジックアワー」に引き続き、村田大樹役なんですね。前作を観ている人へのかすかなサービスなわけです。唐沢さんは・・・たぶん、「白い巨塔」のイメージなんでしょうね。まったく唐沢さんである必要な無いんですが、もうニヤニヤしてしまいます。

深田恭子さん、篠原涼子さんもほんのチョイ役ですが、どちらも悲鳴を上げる役(笑)。美味しい場面です。

そして、演劇ファン的には元サンシャインボーイズの面々や、生瀬勝久さんは笑わせてくれます。KANさんもなんでこんなしょぼくれた役が似合うのか(笑)。そして、なにより西田さんが面白すぎます。

いや、とにかく出てくる人達が面白すぎてもうなんだかとっちらかってますが、でもこんな映画は三谷さんしか出来ないだろうということで、素晴らしい映画だと思います。まあ、腹抱えて笑えることは確かですんで、劇場で是非

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ろくでなし啄木

Amazonのリコメンドが教えてくれたので購入。三谷幸喜さんのお芝居です。全然知りませんでした。最近、アンテナの感度が鈍ってるかなあ。

若かりし頃の石川啄木を題材にしたフィクションなんですが、タイトルの通りあまりに啄木がどーしようもない奴なので、関係者に怒られそうです。まあ、もういないのかも。「新撰組!」の時もよっぽど怒られそうでしたからねぇ

特典映像で明らかにされていますが、その「新撰組!」で沖田総司を演じた藤原竜也さんが、飲み会の席で「僕に舞台の脚本を書いて下さいよー」と三谷さんに頼んだのがきっかけだそうです。その場では、先輩の俳優陣から「こういう席でそういうことはしないもんなんだよ!」と総ツッコミを食らったらしいんですが、それからなにかにつけ三谷さんに頼み続け、そしてやっと実現したそうです。

三谷さんのお芝居を好きな方にお奨めするのはもちろんですが、完全にウェルメイドな三谷さんの映画と違って、こちらは少しアクもありますので注意。ただ、私はどっちが好きかと言われれば、舞台のほうかなあ・・・。それにしても、三谷さんが書く「ダメダメだけど愛らしい人」はホントに素晴らしいですね。

また、舞台初挑戦という吹石一恵さんも素晴らしいですよね。どこが素晴らしいかというと、主には眉毛ですけど(笑)。吹石さんの眉毛っぷりはある種、私の理想の女性です。特典映像では、藤原さん、勘太郎さんにいじめられっぷりが可愛いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011 秋アニメ 第1話感想 そのよん

観なくても大丈夫ゾーンです。今期はいっぱいあります。春の出来は何かの間違いだったようです。やあ、観なくていいものがたくさんあってよかった。そんなに観きれません。

侵略!? イカ娘

原作未読です。

今シーズンも1話は見てみたんですが・・・やっぱり、Aパートで挫折しました。常に20秒先が予測できる素敵なクオリティ。このアニメで喜んでいると、脳が弱ると思います。

もっとも、胃腸が弱ったときにおかゆがいいように、脳が弱っているときにはいいかもしれません。

C3-シーキューブ-

どこかから女の子が押しかけてくるアニメ。それ以上でも、それ以下でもない・・・

女の子が立方体の遺物状態で運ばれてくるなんて美味しそうなネタなのに、マジメに使うつもりも1話からは伺えません。キャラにも演出にも見るところなし。もしかしたらいろいろ隠し球があるのかもしれませんが、なさそうなので見送りです。

ファイ・ブレイン 神のパズル

クイズアニメ。クイズ・・・?

オリジナルなのは評価するんですが、せっかくの世界観がよくわかりません。これなら、「ナナマルサンバツ」をアニメ化すればいいのに。

まあ、クイズはともかく、「凶暴幼なじみ」、「ひょろいライバル」、「暗躍する小野大介」、「イヤボーン発動」など、今時やらないテンプレート総なめで恥ずかしいことこの上なし。データ連動などの試みは面白いと思うんですが、それが足を引っ張って他がおろそかになっている感が否めません

ましろ色シンフォニー

・・・ギャルゲ原作だからといって、面白くしちゃいけないってことはないんだよ?

観てて情けなくなってくる脚本に気持ちの入らない演出が萎えます。やー、1話で観なくていいことがわかって良かったですヨ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011 秋アニメ 第1話感想 そのさん

とりあえず録画しておくかゾーンです。今のところ毎週観るわけではないですが、面白くならないとも言えない・・・評判次第であとから観るかも。

未来日記

原作未読。なんかヒットしているようですけど、マンガ1巻だけを読んだ限りでは面白くなりそうな気がしなかったんです。ヒロイン変態だし。

当たり前だけどアニメも同じ印象です。アニメとしての出来は悪くないです。でも、これ面白くなるの?

persona4 the ANIMATION

原作未プレイ。女神転生もペルソナもひとつもやったことありません。

音楽がカッコイイです。キャラの動きが不自然です。なぜかあっちの世界に行っちゃった後は良くできてます。

今がヘンなので、作画的には今後良くなっていくような気がします。あまり他にないテイストなので継続してみようかなーと

機動戦士ガンダムAGE

褒めるところも貶すところもない・・・

ぶっちゃけ、これジャンルはファンタジーですよね

君と僕。

原作未読。

これも今はやりの空気系に分類していいんだと思います。ただし、登場するのはことごとく男。・・・女の子向け「Aチャンネル」ってことですか?ちょっと違うか・・・

原作マンガの装丁はきれいで気になってたんですが、アニメの1話をみて読む気がちょっと失せました。SFが嫌いな那州雪絵ってイメージなのかなあ?

ちなみに、今期のアニソン大賞はこのOPにあげます。Fateもホライズンのみのりんも悪くないんだけどねー。

ちはやふる

原作既読。原作は競技かるたを扱った文化系スポ根マンガ。

それをマッドハウス+vapでアニメ化したら、そこかしこが「はじめの一歩」みたいになったという(笑)

原作未読の人にはお勧め。原作ファン的に見所はどこだろう・・・

ラストエグザイル-銀翼のファム-

前作は観ていないのですが、村田蓮爾キャラも悪くないし、GONZO的なスケールの大きさも好印象。

ただ、GONZOはいつも話が面白いかが問題で・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011 秋アニメ 第1話感想 そのに

続いて、毎週楽しみに観ますゾーンです

境界線上のホライゾン

原作未読。ラノベ界の京極夏彦と言っても過言ではない厚みに敬遠してます。

というわけで、とてもあの本をアニメで表現することは出来ないと思うんですが、なんだかさっぱりわからないなりに楽しく観られるようになってます。もっとちゃんと知りたかったら原作を読むしかないという意味で、正しい戦略なのかも。ちなみにアニメ1話はキャラ紹介で終わったんだが、でも全然紹介仕切れてないという(笑)

僕は友達が少ない

略して「はがない」。原作未読です

いわゆるハーレムアニメですが、これもテンポがいいので、観てて安心感があります。ちょっと下品なのがいただけないですが、おバカアニメなのでしょうがないかも。やっていることは「R」のような伝統の「部室もの」なので、作りやすいんですかね。

ただもう少し、お話で頑張って欲しいところです。最近でいうと「IS」とか「まよチキ」のような話は面白くないけどアニメとして良くできているという感じかも。

でも、やっぱ面白い話が観たいなあ

ギルティクラウン

今期のノイタミナそのに。

「UN-GO」の向こうを張るこちらも、シリーズ構成がコードギアスでもコンビを組んだ吉野弘幸+大河内一楼の大学先輩後輩ペアでI.G制作と協力な布陣。OPもsupercellで、気合い入ってる感じです

バイオハザード災害で混乱態になり、各国の支援が入った結果として占領下になった日本で、圧政に逆らうレジスタンスが手に入れようとしたバイオ兵器の運搬に巻き込まれた主人公は・・・と企画はさすがかなり才走った感じ。

キャラもキャッチーだし演出もいいんですが、後は、この才走りまくったネタを面白い話にできるかどうかです。最初の数話は設定のおもしろさが先走ってお話はものすごくありきたり(といっては失礼であれば、王道)でした。さて、どう広がっていくか。

それにしても、ここ最近のノイタミナの「お金かかってます」感はスゲェ

WORKING´!!

ひたすら伊波さんだけを愛でていたいので見続けます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011 秋アニメ 第1話感想 そのいち

11月です。大層出遅れてますが、この秋のアニメの1話を観た感想を並べます。

まず、観てないものから。

  • バクマン。2
  • HUNTER×HUNTER
  • 真剣で私に恋しなさい!!
  • たまゆら~hitotose~
  • マケン姫っ!
  • 世界一初恋2
  • 灼眼のシャナIII (Final)

観てない理由は様々ですが、まあ、続編ものは観なくてもわかっているからです。「HUNTER×HUNTER」も、原作読んでないけど、まあ、観なくてもわかります(笑)。その他は放送が見られない地域だからというのが主な理由ですが、本当に観たければ今やいろいろ方法はあるわけで、察してください。

というわけで、まずは高評価のものから。毎週楽しみにして、BDにも保存しちゃうぞゾーンです

Fate/Zero

原作既読。まだISBN付いていなかった頃に。あの頃、この本は「ソフトウェア」でした(笑)

今までのFateのスタッフ陣そのままのようで安定したクオリティです。

まさかの初回1時間で、短めの劇場版を観たぐらいの気分でした。エンドクレジットまるで映画のような長さで、「えっ?劇場版だったっけ?」と一瞬ホンキで思いました。

ストーリーが超盛り上がるのは知っていて、かつ、ほどよく話を忘れているので、とても期待しています。大塚明夫のライダーはぴったりですな。ウェイバーくんとライダーのほほえましいやりとりが魅力です。他の人はみんな嫌な奴か頭がおかしい奴ばっかりなので。

もちろん最後はバッドエンドなんですケドネ~

UN-GO

今期のノイタミナそのいち。今期のノイタミナはまたオリジナルです。ネタが坂口安吾の短編だそうで、さすが、女子受けを狙ってますね(そうか?)。ちなみにこのアニメがきっかけで坂口安吾と誕生日が同じであることを知りました<関係ない

水島精二監督に會川昇脚本といえば、ハガレンのコンビ。そして水島監督に高河ゆんのキャラといえば、ガンダム00のコンビ。そして、ボンズ制作ということで、座組から言えば安心感があります。

なかなか面白い企画だと思いますし、さすが會川さんの脚本はそこいらのアニメ脚本とはレベルが違うんですが、30分の器に入りきってない感があります。30分で普通のミステリーは入りきらないですよ。あと15分あれば・・・という感じですね。そのせいで、まるで突き放されたような最後で、これも味といえば味かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« October 2011 | Main | December 2011 »