« 自炊ビュアーの一長一短(そのいち) | Main | 自炊ビュアーの一長一短(そのさん) »

自炊ビュアーの一長一短(そのに)

ちなみに、E-Inkデバイスは階調がそれほどでないので、拡大縮小をすると字がかすれたようになりがちです。したがって、PDFは端末ごとにドット・バイ・ドットに変換してやる必要があります。

そうしてやれば、実際の紙と比較してもこんなにきれいです。

ただ単にScanSnapから読み込んだままのPDFを表示すると

このようにかすれたようになって、とても読めません。

これを前エントリのようにくっきりはっきりにさせるには、ChainLPを使用します。ChainLPには様々なデバイスの解像度(それもスペックとしての解像度ではなく、表示部の解像度)があらかじめ設定されてあり、さらに余白をトリミングしたり、コントラストを修正したりできます。これがなかったら自炊した本を持ち歩いて読もうなどととても思わない、素晴らしいツールです。つまり、素晴らしいツールです。大事なことなので2回言いました。

しかし、変換には数分の単位ですが時間がかかります。変換しなくて済むのであればそれに越したことはありません。

その点、カラー液晶を持つiPadやiPod touchはScanSnapで取り込んだPDFをそのまま表示させても問題なく表示できるのはいいですね。下は、iPadとの比較です。

iPadでのPDF表示はi文庫HDを使用してます。iPadでのPDF表示アプリは初期的には数百ページもあるファイルを読み込むとどれも不安定でしたが、どうやらPDF表示用のAPIに問題があったそうで、ノウハウが溜まったこともあり今はかなり安定しています。

E-InkとiPadの液晶はどちらも遜色ないです。iPadの方は読み込んだPDFの余白が切れるようにズームしている状態です。元の紙の解像度とまでは行きませんが、読んできて気にならない程度の精緻さです。よく、「液晶で本を読むのは目が疲れるから、E-Inkが良い」という人がいますが、個人的にはほぼ一日中液晶画面を眺めて生きているわけで、iPadで本を読んだからといって特別に目が疲れるような事はありません。確かに日向では液晶よりE-Inkの方が見やすいですが、そんな直射日光下で本を読むこともないので、それも気になりません。なんと言ってもE-Inkの利点はバックライトがないことによる電池の持ちでしょう。

ちなみに、液晶の大きな利点として、夜遅くのタクシーの中でも本が読めることがあります。タクシーの中って暇ですからね。まあ、あんまりそんなことをしていると車酔いしますけど。

|
|

« 自炊ビュアーの一長一短(そのいち) | Main | 自炊ビュアーの一長一短(そのさん) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/53001248

Listed below are links to weblogs that reference 自炊ビュアーの一長一短(そのに):

« 自炊ビュアーの一長一短(そのいち) | Main | 自炊ビュアーの一長一短(そのさん) »