« さよならジョブズ | Main | 自炊ビュアーの一長一短(そのいち) »

iPod touchとkindleのともに第4世代を買った

iPhone4Sの発売のニュースの中、我が家には新発売の白いiPod touchと新しいkindleが届きました。

iPod touchは第2世代を持っています。また、通勤中に音楽を聞くのにはiPod nano(第6世代)を使ってました。しかし、最近自分のiTunesライブラリを全部持ち歩きたいという欲求にかられました。私のiTunesのライブラリはたかだか40GBぐらいですからiPod touchの一番大きいサイズを買えば実現可能です。

もちろん、iPod Classicを買うという選択肢もあったわけですが、さすがにあれをポケットに入れて持ち歩くというわけにもいきません。せめて、Bluetooth に対応してくれたらと思うのですが・・・。

個人的な希望とすれば、iPod ClassicにBluetoothがついて、そしてiPod nanoがBluetoothレシーバーの機能を内蔵してくれたら最高なんですけど。

というわけで、しばらく「ほしいかも」と思い続けていたんですが、購入に踏み切ったきっかけが2つ。1つ目は、Bluetoothレシーバーを買い替えたこと。PSP goにお出かけ転送した録画を観るのにこれまでソニーエリクソンのDS205を愛用していたんですが、ついうっかりカッターシャツの胸ポケットに入れたまま洗濯してしまいました。

同じのを買ってもよかったんですが、同じソニーエリクソンからマルチペアリングに対応したMW600を買いました。実はこれを買う前に安さにつられて某NW機器メーカーのを買ったりしたんですけど、ぶちぶち切れてぜんぜん駄目。やっぱりBluetoothはソニエリに限るよね!

というわけで、マルチペアリングできるようになったので htc EVO にも繋いで、最近ついにあぼーんされてしまったらしいrazikoで録音したラジメニアを聞きながら通勤してました。しかし、MW600の再生ボタンを押して再生を止め、もう一度押すと違う番組が再生されたり、raziko ではなく音楽アプリが動き出してしまったり、そもそもrazikoには早送りボタンがなかったり(まあ、そりゃあストリーミングなんだからそうなんだけどさ)でいまいち使い勝手がよくありません。

そこで htc EVO からオーディオファイルを抜き出して、そのままではiTunesでは読めなかったので、App Storeで探すと見つかったPro Audio ConverterというツールでMP3に変換し、iPod で聞いてました。ありゃ、Bluetooth をhtc Evo に繋ぐ必要なくなってしまいました・・・というわけで、iPod nanoとiPod touchを入れ替えて使おうかなと。

そして、2つ目のきっかけとはもちろんiOS5。iPadがあるから触ってみることはできますが、第2世代 iPod touch は対応なし。じゃあ、買っちゃおうかなと。

もう一つのkindleですが、自炊本ビュアーとして大活躍中のSony Reader PRT-650(24,800円)と同じサイズのE-Inkデバイスでありながら、たったの$109。送料をいれて$123でこれでも9,800と1万円以下という衝撃プライス。これは買って試してみざるを得ないでしょう。

ちなみに、kindleも第2世代を持ってました。これも当時としては驚きの軽さと電池の持ちを誇る優秀な自炊ビュアーだったんですが、鞄にいれていたら変な力がかかったのか、E-Inkが壊れて部分的にしか更新がかからなくなってしまいました。大きくて薄いぶんだけ、壊れやすかったようです。

というわけで、せっかく買ったこれらで自炊PDFを表示してみたところを次のエントリーで。

|
|

« さよならジョブズ | Main | 自炊ビュアーの一長一短(そのいち) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/53000991

Listed below are links to weblogs that reference iPod touchとkindleのともに第4世代を買った:

« さよならジョブズ | Main | 自炊ビュアーの一長一短(そのいち) »