« June 2011 | Main | August 2011 »

ふしぎなキリスト教/橋爪大三郎×大澤真幸

社会学者同士が対談形式でキリスト教を解説する安い新書。安いレベルとしてはさすが講談社現代新書の中での安さなので、それなりのレベルはあるし、中身はそれなりに面白いです。

まえがきで「我々の社会は西洋社会で、西洋社会を理解するにはキリスト教を理解することが大切である」と書いてあります。ふむふむ。まあそうかなと。実感はないですが、異議申し立てるものでもありません。

第1部として、「一神教を理解する」というタイトルで、キリスト教の母体となったユダヤ教の話になります。この部分は大変にわかりやすいです。原始アミニズム的な多神教から一神教へ移行するには苦難の道を歩む民族の団結のためという側面があると。まあ、それは日本人的にも実感あります。仏教にしろ、キリスト教にしろ、明治の天皇神道にしろ、戦争の御旗として導入が進められた側面がありますからね。ユダヤ教のシステムがいかに必要性に迫られて、合理的なものかということが説明してあります。

第2部は、それをふまえていよいよイエスという人物とキリスト教の成立になるんですが、この辺から読んでいるとどうもふにゃふにゃした気持ちになってきます。まあ、信心の問題なんでどうこういっても仕方がないんですが、キリスト教はどうしてもユダヤ教に比べると合理的ではない。どうもイエスの言うこと(あるいは言ったとされること)は曖昧だし、後の人々がイエスをどう扱っていくかということも曖昧で非合理的です。

ただ、その「民族の団結を守る」という合理性からユダヤ教はユダヤ人以外に広まることはなく、キリスト教の曖昧で多数の解釈があり得るゆるゆるさが都合良く利用する人々によって広く信仰されるようになった側面はあるのかもしれません・・・が、まあ、ここを読んでる限り「キリスト教って、『信じる』ことはできるのかもしれないけど、なんか理解できるようなもんじゃねえな」という気持ちになります。この本の目的的にどうなのか(笑)

第3部では、そんなキリスト教社会から近代哲学や自然科学、そして資本主義がどうして生まれてきたのかという話なんですが・・・第2部でふにゃふにゃしたので、やはりしっくり来ません。どうしてもより合理的なユダヤ教やイスラム教の方がふさわしい。事実、中世ではイスラム圏の方が圧倒的に文明は進んでいたわけです。その後、キリスト教圏がイスラム教圏を圧倒していくわけですが、その理由としてキリスト教では宗教法に影響されることなく自由に法律が作れることが大きいとしているのですが・・・いやぁ、偶然じゃね?(笑)

というわけで、当初の目的をこの本が果たすかどうかはよくわからないところです。読み物としてはなかなか面白く、ユダヤ教とイエスの登場、そして初期キリスト教の成立の部分はドラマもあり面白いです。ただ、その2000年前の出来事と今の社会背景となっている物事の考え方をリンクさせて語るにはキリスト教は途中で変化しすぎていて、試みはうまくいっていないんじゃないかというのが結論になってしまいます。読みやすいし、売れているようですが・・・読み物にすぎないかなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

こうして彼は屋上を燃やすことにした/カミツキレイニー

ライトノベルのもっとも一般的な定義は「ライトノベルのレーベルから出版される」こと。故に、同じ作品でもラノベだったりそうじゃなかったり(「GOSICK」とか)する訳ですが、この「レーベルから出版される」ことによって付加される「背景」や、その「読み」が存在します。

というわけで、ガガガ文庫の新人賞であるガガガ大賞の第5回受賞作がこの「こうして彼は屋上を燃やすことにした」です。ガガガ文庫は、ライトノベルとしては後発の小学館が作ったレーベルで、「人類は衰退しました」のようなヒット作もなくはないものの、全体的にラノベを過度にマーケティングしすぎたと言いますか、「ラノベ」のはちゃめちゃ感を過剰に出し過ぎていると言いますか、まあ、そういうレーベルだと思われています。

正直、「僕がなめたいのは、君っ!」なんてタイトルが並んでいると、素直な気持ちで「このレーベルを作った人たちは、読者のことを『バカ』だとしか思っていないんじゃないか?」という気持ちになりますよね。

そんなガガガ文庫の新人賞を受賞した作品がこんな青春丸出しのタイトルで、かつ、イラストレーターが「狼と香辛料」の文倉十さんだとすれば(ラノベにとってどんなイラストレーターを使うかはどういう作品で誰に読んで欲しいかというメッセージですからね)、どうもガガガ文庫も読ませる方向で安定を図っているのだろうかと思いますよ。というわけで、どれどれ?と思って手に取ったわけです。

読んでみると、これは全然ラノベじゃない。でも、なんとなくガガガ文庫っぽい。たしかにガガガ文庫はこういうの好きですよね。あまりたくさん読んだわけではないですが、「その日彼は死なずにすむか?」や「パニッシュメント」に通じる「痛い」感じの物語です。それにしても、もう少しラノベでもいいのに。

と、こう書くとライトノベルにレーベル云々以外の別の要素を期待していることに気がつきます。物語が物語として成立するためにはそこには何らかの「普通じゃなさ」が存在する必要がありますが、その「普通じゃなさ」をアニメ・ゲームの想像力に持つことをライトノベルに期待しているのです。ただし、簡単に「アニメ・ゲームの想像力」と言っても、アニメやゲームが題材とするフィールドは幅広いのでそれがどういう範囲を意味するかは大変曖昧です。しかし、何かそこに範囲はあります。はっきり言葉にはできませんが、ある種の荒唐無稽さのようなものがあるのです。

この作品に限って言えば、これで成立しています。まったくラノベではないですが、このような良質のジュブナイルを小説という形で世に出すにはラノベの枠でしかあり得ないのが現状だと思います。そういう意味で、一方で極端な作品を出し、その一方でこのようなラノベの枠に入りきれていない作品に出版の機会を与えているガガガ文庫は貴重な仕事をしていると思います。

作品自体の話をほとんどしていませんが、失恋して屋上から飛び降りて見せつけて死のうと思っているちょっと頭の香ばしい女の子が主人公なんですが、そのキャラクターと他の痛々しいキャラクターと対照させてうまい雰囲気を作り出していて、好印象です。タイトルで展開を完全にバラしていることと、他の主人公の間の関係性がちょっとご都合すぎるところがもったいないですが、「オズの魔法使い」に見立てた語りのうまさなど、今後も期待を持たせる作者さんです。

ただし、2作目にはいい意味で「ラノベ的」なものか、あるいは自分で自分のジャンルを作り出してしまうような強い力を持った作品を期待します。そうでなければ、作品を出し続けることができないのが今の出版界の現状ではないかと思いますので。あるいは、この勢いで芥川賞を狙いに文芸誌に出すか。そういうルートがもっとあってもいいと思うのです。はたまた、あるいはラノベ業界から、新しい時代の芥川賞を作っていくのかもしれません。


| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

ゲキ×シネ 薔薇とサムライ

まだ観てない? 今すぐ観に行こう! 早くしないと公開が終わっちゃいます。評判を聞いてから観に行っても間に合うのが映画のいいところ。お芝居だとこうはいかなんだからね

「ゲキ×シネ」は人気劇団の劇団☆新感線のお芝居を撮影したものを映画として見せてくれるシリーズ。劇団☆新感線といえば、メタル歌舞伎ロック的な独特の世界観が人気のチケットの取りづらい劇団。

ただし、独特過ぎてちょっと色物と捕らえられているところがあるのも確か。ミュージカルほどのメジャー感は無いけど、小演劇のリアリズムともちょっと違う場所にいます。

ところが、この「薔薇とサムライ」はヒロインに天海祐希を迎えていることもあって圧倒的な華やかさとメジャー感があり、かつ、前編にエレキギターが大音響でかき鳴らされる新感線らしさもそのままです。これがものすごく素晴らしい出来。いやあ、天海さんすごい。今ではドラマにもたくさん出てらっしゃいますが、やっぱり、ミュージカルになると段違いにすごい。

やっていることは以前観た「ダンス・オブ・バンパイア」と変わらないっちゃ変わらないんですが、圧倒的にこっちの方が爽快だし、ストーリーにもおもしろみがあります。殺陣もすごいし、仕掛けも面白い。演劇的な演出も盛りだくさん。お芝居にあまりなじみのない方はこれをご覧になれば、「演劇の可能性」の豊かさに目を奪われるんじゃないかと思います。映画だと許されないけど、演劇ならこれで許されちゃうというか、むしろ面白い。そんな感じをもっとたくさんの人に知ってもらいたいです。

ただし、7/17(日)の新宿バルト9の19:35の回を観に行ったんですが、18:00の時点で残席わずかでした。世間では全然話題になってないと思いますが、人気です。油断していると劇場に行ってもチケットがないということになりかねないので、ネットなどを利用して押さえていくか、早めに劇場に行くことをお勧めします。これは絶対に劇場で満員のお客さんと一緒に観ないと魅力半減です。

それにしても、このゲキ×シネという形態はいいですね。お芝居はどんなに人気が出ても公演の分しか売り上げになりません。ロングランをすると役者のモチベーションに影響してしまいます。どうしても予算が小さくなりがち。しかし、本公演終了後にその評判を聞いて、ゲキ×シネという形で実際に劇場で観るよりも安いお金でたくさんの人が観られるのならもっともっと可能性があります。今回のゲキ×シネはかなり劇場で観ているのと比べた違和感がありませんでした。他の劇団でももっとやって欲しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011 夏アニメ 第1話感想 そのに

神様のメモ帳

ニート探偵・・・つか、安楽椅子探偵もの?設定としては、あまり面白みはない。なんだろう、懐かしの「7人のおたく」みたいなもんでしょうか。キャラは立っているし、それなりに面白いと思います。1話を拡大1時間放映というのもドラマみたいで面白いですね。まあ、1話のエピソードはちょっと手あかがつきすぎていた感じでしたが・・・このフォーマットならいくらでも作れるので後のエピソードに期待したいです。

ロウきゅーぶ!

部が不祥事で活動停止になって腐っているバスケットで推薦入学した高校生が、小学生の女子バスケ部のコーチをすることになる・・・という話なんだが、あまりに女の子たちのキャラがめちゃめちゃでダメダメ。そもそも、小学生という設定にすることが疑問で、観ているかぎりは小学生である意味はなく、普通の頭の悪い女の子キャラ。キャラの頭が悪そうなのを小学生だからという理由でごまかそうとするのはさすがに無理があるんじゃないかと思います。

とりあえず、この主人公の昴くんは男バスのコーチをやってあげたらいいと思うな。

No.6

今期のノイタミナは両方とも原作付き。なーんとなく説教臭さを感じて敬遠している作家であるあさのあつこ原作のSF。設定はものすごーくSFなので、それだけで☆1つ進呈なんですが、殺伐な世界観にもかかわらずどうにも人の良さそうな少年たちのあたたかな会話がむしろ不安。ただ、SF者としてみないわけにはいかない感じです。こういう、世界自身が秘密を抱えているような設定に弱いですね

あと、OPはLAMAというアーティスト。おお、好みだ・・・けどどっかで聞いたことがある・・・と調べてみたら、なんのことはない元スーパーカーの人たちなんですね。

BLOOD-C

BLOODシリーズの新シリーズ。いままでBLOODは観たことがないです。I.Gの新作ということでやはり注目かと思いますし、出来は確かに悪くないし、アクションは見応えがあります・・・が面白いのかどうか。あのお父さんは娘にあんなことさせてて平気な顔ですな。どういう世界感なんでしょうか。主人公に屈託がなさすぎるのも物語が面白くなりそうに思えない点だったりします。様子見かなあ

まよチキ

ラノベ原作。原作未読。執事とお嬢様とか、女性恐怖症の主人公とか、Sなお嬢様とか、どこかで聞いたような設定ばっかりでげんなり。ただ、ギャグのテンポがいいので楽しく観られます。ちょっと前で言うと「IS」みたいな感じ。ラノベなんてそれでいいと言えばよいのです。読んでいる1時間ぐらいをゲラゲラ笑いながら過ごせれば最高です。それがそのままアニメになっているのだと思えば、これはこれでOKだと思います。同じような作品である「R-15」のギャグがだだ滑りなのに比べて、こっちは安心して観られますね。このあたりは演出の差なんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2011 夏アニメ 第1話感想 そのいち

今期も多いですね・・・。春に比べてイマイチなものが多いので、結構苦痛です。いやあ、こうでなくっちゃ(笑)

輪るピングドラム

「ウテナ」の幾原さんの12年ぶりの監督作。オープニングアニメもまさに21世紀のウテナといった趣きで、つまりたぶん不条理アニメってことでしょう。OPを歌ってるのは、この人が歌っていれば不条理の印なやくしまるえつこ。つか、やくしまるえつこはこれで何期連続でアニメ主題歌を歌ってるんでしょう。すっかりアニソン歌手ですな。

こりゃ意味わからないだろうと思ってたら、Aパートまではしっかりストーリもの。ただ、ラスト5分でやっぱりこうなってしまうのか・・・。どう考えても普通の人にはお勧めできないけど、間違いなく注目作。さあ、せっかくのオリジナルですから、外部情報遮断で楽しみましょう。

ゆるゆり

あー・・・「Aチャンネル」とどこが違うのかさっぱりわかりません。まあ、ある意味今のアニメの王道かも知れませんが、観る必要なくて喜ばしい。

神様ドォルズ

コミック原作。原作は未読。田舎の村の祟りが、そんな村が嫌で都会に出てきた主人公につきまとう・・・というような古くからあるモチーフにSFを振りかけたような設定。オープニングが石川智晶なので、「ぼくらの」みたいなイヤーなアニメなのかなと思ったんですが、うーん、あたらずとも遠からず?

世界観や丁寧な演出は好印象だし、先は気になります。継続視聴予定。

異国迷路のクロワーゼ

武田日向つながりでGOSICKの続きのように見えてしまいますが、原作は武田日向のコミック。未読です。19世紀のパリに長崎から丁稚奉公にくる女の子の話。第1話は、湯音がフランス語を理解しているのかどうかが物語の鍵になる・・・ようなんだが、フランス語も日本語も日本語で演じているのでなんだかさっぱり。これは演出の失敗ですね。でも、ちゃんと昔の外国の街並っぽいものを描いているのは好印象。ストーリー的にもいくらでも面白くできそうで期待できます。

なんだか「花咲くいろは」とかぶってる気がしなくもないですが、まあまあ楽しく観られるのではないでしょうか。続けてみるかどうかは他にどれだけ観るかによるかなあ。

怪盗天使ツインエンジェル

パチンコアニメ・・・なの?漫府満載の古くさい演出、適当な敵(アクセサリ一つ奪うのになぜ建物の屋根を壊す・・・)などなど、安っぽさ満載。パチンコでこの台が好きな人以外にはとくに観るべきところはなさそうです。5話ぐらいから急に面白くなったりしないことを祈ります(笑)

R−15

オタクってこういうのが好きなんでしょー的なだめーな香りしかしない、妄想エロアニメ。こういうのって需要があるんでしょうか。普通にエロゲー買えばいいじゃないかと・・・。ギャグのテンポも演出も20世紀だし。つまらないです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

F1GP2011 #9 イギリスGP

伝統のシルバーストーン。今年はスタート位置が変わりました。レース自体に与える影響は少なくても、なんとなく気分も違います。コメンタリー陣も若干寂しげで、森脇さんも「シルバーストーンじゃないみたいだね」とちょっとしんみり(?)

雨のフリー走行でマシンが走らない時間帯は川井さん、船田さんを相手に塩原アナが昔話をしているのが楽しかったです。90年代はフジの実況チームはみんな現地に行ってましたからその頃のころを振り返って「今でも渋滞すごいですか?」とか「お化けがでるって噂のあのホテルに今でも泊まってるんですか?」と聞いている塩原さんがなんだかほほえましい。なんといいますか、この部分のF1中継は「おっさんが昔話をし、おっさんが聞いて楽しむ」というコーナーでしたね(笑)

さて、イギリスGPのポイントですが、こんな感じでしょうか

  • 二転三転のホットブロー
  • 復活のアロンソ
  • イギリスでウェバーは揉める
  • 可夢偉の運勢下降気味

さて、なんといっても話題だったのはホットブロー規制。アクセルペダルオフ時の排気ガスを巡ってルールが二転三転しました。規制されたり、ルノーエンジンが特例になったり、ならなかったり。その結果、レッドブルがフェラーリに追いつかれ、マクラーレンも振るわず、ルノーが予選で沈んだと。

あっと驚く新兵器がシーズン途中で規制されてしまうのは、よくあると言えばよくあることです。が、個人的にはそれが危険を伴うものでない限り、そのシーズンいっぱいは使えるようにするべきだと思います。チームは少なからぬお金をかけているんですから、せっかく作ったものがすぐに禁止されてしまうのががっかりですよね。

で、次戦はイギリス以前に戻されるんだそうです。なんだかな。

というわけで、もしかしたら今回限りかもしれないアロンソの復活劇。いや、しかしアロンソってのは頼れるドライバーですね。一発は速いし、冷静だし、レースでは強い。ハミルトンやベッテルはもしかしたらアロンソより一発の速さがあるかもしれませんが、安定感では遠く及ばす、バトンはアロンソに匹敵する強さがあるかもしれませんが、一発では歯が立ちません。

多くの人が同意してくれるでしょうが、ここ数年の間、ベストドライバーはアロンソです。そのアロンソがいろんな巡り合わせでベストカーに乗れないのが、今のF1の面白いところかもしれません。盛り上がるレースを期待する立場からは、フェラーリがあまりいい車を作りすぎないで欲しいと思ったり(笑)

そして、2位、3位にはレッドブルの二人が入った訳ですが、また揉めてます。チームオーダーに対してウェバーがお怒りです。去年もちょうどここで新ウィング取られたとお怒りでした。しかし、レース後に不満を爆発させるのは仕方ないと思いますが、オーダーは守らないとネ。でも、今年いっぱいこの調子だとウェバーのシートは危ういですね。ただ、ブエミやアルグエルスアリがウェバーよりいいとは思えない訳で、そこんとこはどうなるんですかね?

さて、前戦で連続入賞記録が途絶えてしまった可夢偉。今回は予選でQ3に進み期待もされましたが・・・ひどいやシューマッハ。ペレスがしっかり7位に入っていることを考えると今回は余裕で入賞のレースだったハズなのに。まあ、開幕からの連続入賞の方がよっぽどおかしいんですが、ここに来てリタイアとはどうも歯車が狂いだしたような気がしてなりません。

オートスポーツ誌のウィンザーのコラムでバレンシアの予選でみせた最終コーナーでのスピンが雑だと批判されていましたが、今回もP1でのコースアウトからの不要なクラッシュなど、どうも調子を落として乗り切れていないような雰囲気が見て取れます。うーむ・・・。とりあえず、運勢を変えるためにまたヘルメットのデザインでも変えてみませんか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

県庁おもてなし課/有川浩

いつもの有川浩です。

今回は実在する高知県の観光誘致組織「おもてなし課」を取り上げてます。高知県出身の有川さんがこのおもてなし課から観光特使としての協力を依頼され、この組織のお役所ぶりにあきれたという体験から、それを題材に高知新聞に連載された物語です。

「シアター」もそうですが、自分の体験や見聞きしたことから取材の幅を広げて痛快で甘くウェルメイドな小説をぽんと作り出してしまえるところは、有川さんはホントに上手。有川ファンは安心して楽しめばいいと思います。高知県民は☆1つ追加でしょう(私は縁もゆかりもないんですが)。

ただ、今回は、新聞連載という新しいチャレンジもあるようですが、あまりにさらっと書いてしまっているので、有川浩にはどんな題材でも手なりで書けてしまうのではないかと感じてしまいました。逆に言えば、物語の中に作者の葛藤が見えないというか、「頑張った感」がないというか、何か定番シリーズの一冊を読んだかのようなそんな感じがしてしまうのも確か。次のレベルの有川浩も見てみたいなと贅沢な気持ちにもさせられました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

狼と香辛料XVII/支倉凍砂

本編のエピローグと、短編の合わせ技の最終巻です。

エピローグの方は、えーっと、おまけです。よくありがちな、最後に歴代のキャラが総登場して・・・という奴です。カーテンコールですね。・・・だが、ファンは終始にやにやしながら読めるでしょうから、これはこれでいいのです。

というか、なんだよエーブ。そんなにロレンスが気になってたのかよ(笑)

そして、16巻の後書きで作者が「ニョッヒラ出せなかった・・・」と言っていたのがここに!。ロレンスよ、お前がやりたかった店は温泉宿でいいのか?安く仕入れて高く売るのがお前の商売じゃなかったのか?

でも、これはこれでいいのです。

短編はある日の二人のひとコマという感じで、味のあるいい話です。そういえば、このシリーズは長く続いている割に短編があまり書かれてないような印象があります。支倉さんはこういう短編を書くときの小技が上手いと思うので、ちょっともったいないかも。もっと読みたかったなあ・・・

何はともあれ、5年間ご苦労様でした。新刊が出る度に即買い込んで、読みかけの本は中断して読んでました。次回作も期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

狼と香辛料 XVI/支倉凍砂

もう最終の17巻も出てしまいましたが、本編としての最終巻である16巻の感想を書いてませんでしたので、いまさらながら。

前後編となった15・16巻ですが、前編のラストで「狼と香辛料」には似つかわしくない悲劇的な伏線が張られたんですが、やっぱりコル坊は鳥に荷物を奪われただけでした。いやいや、ちょっと焦りました。

おそらくはかなり以前から暖めていたのだろう最終エピソード。ロレンスが「損得を最優先の価値判断とする商人」としての自分、あるいは「旅と冒険の日々を送る行商人」としての自分に疑問を持ち、自ら結論を出します。これまでのストーリーでも変奏されてきたテーマですが、さすがによくまとまっています。

古き神の圧倒的力の前に無力感をかみしめるロレンス。金で横っ面を叩かれて信条を曲げた昔気質の傭兵団に命を危うくされるロレンス。そんなロレンスにも、ちゃーんと見せ場は用意されてますし、ホロとのいちゃラブにもちゃんと結末が与えられます。せっかくお店が持てそうだったのはご破算になってしまいましたが、まあ、落ち着くところに落ち着くんでしょうね、この二人は(その様子は、17巻でちらっと書かれてます)。

シリーズが始まったときには「剣も魔法も出てこない中世ファンタジー」として珍しがられた本作ですが、ヒットシリーズとして見事に完結し、今ではまるでこれが王道とも思えるようなポジションを築き上げました。まあ、剣も魔法も出たような気がするし、ヘタレ主人公と戦闘美少女だと思って読むこともできるしね!

では、引き続き17巻の感想を書きます。「完結ご苦労様」はそちらで!

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

囮物語/西尾維新

みんな大好き撫子。可憐な撫子。そんなかわいい撫子だから、こんなことにされてしまいました・・・西尾さんも性格が悪いねえ(笑)

「偽物語」のころの撫子はもっと肉食で、こういうタイプの女の子ではなかった気がしますが・・・アニメのコメンタリーでは純真撫子だったので、そっちを書いた影響なのかでしょうか。

 

今回は撫子の一人称。物語は、救いのないラストシーンから始まります。なので、そこに至るまでの物語と、その救いのないシーンを我らがヒーロー(ほんと、暦主観の話じゃないとカッコイイんだよな、この人)、阿良々木暦がどう救い出すのかというのが物語を読み進めていく動機になるんですが、いや、まさかのオチ。でも、「するがモンキー」もこのオチじゃなかったっけ?

ちなみに、前巻の「花物語」と時系列が入れ替わってますから、先の展開はみんな知ってます。アリャリャギさんは駿河に追い出しパーティーなんかされた上でちゃんと高校を卒業し、五体満足どころか浮かれて黄色いビートルなんて運転しているわけです。今回の酷いオチは、事前にこのフォローがあった上でということは、ふまえておくべきで、先走って怒ってはいけません。「花物語」の中でも卒業式頃に大きな事件があったことは、ほのめかされていますから、撫子はやっつけられちゃうのかもしれませんが。

さて、第2シリーズ完結まであと2冊。楽しみに待ちましょう。それにしても、このシリーズはどんどんアニメ化に不向きになっていきますなあ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« June 2011 | Main | August 2011 »