« 2011 夏アニメ 第1話感想 そのいち | Main | ゲキ×シネ 薔薇とサムライ »

2011 夏アニメ 第1話感想 そのに

神様のメモ帳

ニート探偵・・・つか、安楽椅子探偵もの?設定としては、あまり面白みはない。なんだろう、懐かしの「7人のおたく」みたいなもんでしょうか。キャラは立っているし、それなりに面白いと思います。1話を拡大1時間放映というのもドラマみたいで面白いですね。まあ、1話のエピソードはちょっと手あかがつきすぎていた感じでしたが・・・このフォーマットならいくらでも作れるので後のエピソードに期待したいです。

ロウきゅーぶ!

部が不祥事で活動停止になって腐っているバスケットで推薦入学した高校生が、小学生の女子バスケ部のコーチをすることになる・・・という話なんだが、あまりに女の子たちのキャラがめちゃめちゃでダメダメ。そもそも、小学生という設定にすることが疑問で、観ているかぎりは小学生である意味はなく、普通の頭の悪い女の子キャラ。キャラの頭が悪そうなのを小学生だからという理由でごまかそうとするのはさすがに無理があるんじゃないかと思います。

とりあえず、この主人公の昴くんは男バスのコーチをやってあげたらいいと思うな。

No.6

今期のノイタミナは両方とも原作付き。なーんとなく説教臭さを感じて敬遠している作家であるあさのあつこ原作のSF。設定はものすごーくSFなので、それだけで☆1つ進呈なんですが、殺伐な世界観にもかかわらずどうにも人の良さそうな少年たちのあたたかな会話がむしろ不安。ただ、SF者としてみないわけにはいかない感じです。こういう、世界自身が秘密を抱えているような設定に弱いですね

あと、OPはLAMAというアーティスト。おお、好みだ・・・けどどっかで聞いたことがある・・・と調べてみたら、なんのことはない元スーパーカーの人たちなんですね。

BLOOD-C

BLOODシリーズの新シリーズ。いままでBLOODは観たことがないです。I.Gの新作ということでやはり注目かと思いますし、出来は確かに悪くないし、アクションは見応えがあります・・・が面白いのかどうか。あのお父さんは娘にあんなことさせてて平気な顔ですな。どういう世界感なんでしょうか。主人公に屈託がなさすぎるのも物語が面白くなりそうに思えない点だったりします。様子見かなあ

まよチキ

ラノベ原作。原作未読。執事とお嬢様とか、女性恐怖症の主人公とか、Sなお嬢様とか、どこかで聞いたような設定ばっかりでげんなり。ただ、ギャグのテンポがいいので楽しく観られます。ちょっと前で言うと「IS」みたいな感じ。ラノベなんてそれでいいと言えばよいのです。読んでいる1時間ぐらいをゲラゲラ笑いながら過ごせれば最高です。それがそのままアニメになっているのだと思えば、これはこれでOKだと思います。同じような作品である「R-15」のギャグがだだ滑りなのに比べて、こっちは安心して観られますね。このあたりは演出の差なんでしょうか。

|
|

« 2011 夏アニメ 第1話感想 そのいち | Main | ゲキ×シネ 薔薇とサムライ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/52224478

Listed below are links to weblogs that reference 2011 夏アニメ 第1話感想 そのに:

« 2011 夏アニメ 第1話感想 そのいち | Main | ゲキ×シネ 薔薇とサムライ »