« F1GP2011 #4 トルコGP | Main | 「東電」は存続できるのか »

浜岡原発停止について思う

アホの首相の一声で浜岡原発が止まるんだそうです。

正直言って、全然意味がわからない。我々は福島第一原発の事故から何を学んだのか。地震と津波怖い?違います。知ってました。浜岡原発付近で今後30年の間に地震が起きる可能性がすごく高い?東京の人は知らないかもしれないけど、東海地方の人はみんな知ってます。

今回得られた知見、それは

原発は止めても安全じゃない

ということです。

さらに言えば、一度動いてしまった原発に関しては

廃炉こそが困難な作業である

ということですよ。

今後、原発を作るときにはこのあたりのリスクやコストを見込んで、それでも作るのかということを検討しなくてはならず、原発が見合わない発電方式になる可能性は大です。でも、それはこれからの話。すでにある原発はそれはそれでどうにかせにゃならん。

原発事故といえば、最悪の事態として意図せぬ臨界が起きるという暴走事故のイメージがありましたが、今回、いろんなところで言われていることですが臨界を起こすことはなかなかに難しいことで、事故の可能性としてはあまり高くない。むしろ、原発事故では冷却系を失うことによるメルトダウンの方が可能性も大きく、起きた対応が難しいということがわかったわけですよ。

そもそも、今回の地震でも炉心緊急停止装置はすべて正しく働いて原子炉はちゃんと止まったんです。そこは確認されたと言ってもいいわけだ。

しかし、、いくら事前に止めておいても、そこに使用済み核燃料がある限り、数年あるいは数十年の冷却は必須です。だから、浜岡原発を停止しても、福島と同じことになる可能性は全然変わらない・・・んだよね、たぶん。じゃあ、なんか意味あるのか?

だから、取るべき対策は「たとえ200km四方が灰燼と期したとしても、日本の反対側から電源を持ってこられるようにする」だとか「10km内陸に非常用発電所を建てておく」だとか「いざとなったら炉ごと海洋投棄できるようにする」だとか(だって、世界の海にはすでにいくつか原子力潜水艦が沈んでるでしょ?^^;;;)、そういうことですよ。

いっそのことですね、原発救援用にアメリカから原子力空母を1隻買って(笑)、ついでに避難施設や救援物資も積んで日本中どこにでも出動可能にしておけばいいんじゃないですかね。補給なしに長期間の発電ができるのが原発の魅力なんだから、そういう使い方がいいやね。今回の事故を考えると2、3日のリードタイムはあったみたいだし。

今後のことを考えると、どうせなら「原発は全部船の形に作って、なんかあったら逃がす」ってのがいいかも。発電用原子力船を作ればいいんだ。たぶん、100万kWぐらいの船なら普通に作れるでしょう。1隻に1兆円ぐらいかかると思うけど。たくさん作って、諸外国に売るってのはどうだ?北朝鮮とかスゲーほしがるんじゃなかろうか<困ります。

まあ、乗っ取られたりしたら、えらいことになりますけど・・・でも陸上にあるより警備しやすかったりするんじゃないでしょうか。

|
|

« F1GP2011 #4 トルコGP | Main | 「東電」は存続できるのか »

今日のひとこと」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/51657779

Listed below are links to weblogs that reference 浜岡原発停止について思う:

« F1GP2011 #4 トルコGP | Main | 「東電」は存続できるのか »