« 超級!起動武闘伝 Gガンダム/島本和彦 | Main | "文学少女"と恋する挿話集4/野村美月 »

金払ってりゃ偉いのかい

小寺さんのブログが悲しい

クリスマスの夜に

まあ今時クレームを言う人たちなら、責任者出せぐらいのことは言うのは仕方がないことだろう。数を間違えた責任はこちらにある。みんな家族と過ごすクリスマスは大事だ。ただ20分で持ってこいだの、責任者と一緒に謝りにこいだの、そこまで言う必要あるか? その意に沿うために、うちでは7歳の娘が家で小一時間、一人でテレビを見ながら留守番することになった。クリスマスの夜になぜこんなことに。とてもやり切れない気持ちになった。

そもそも1行目から仕方がないんだろうか。このお客さんのところのクリスマスはたかだかケーキが店のトラブルでやってこなかったぐらいで台無しになるものなんだろうか。世の中ってそんなに保証されたものなんだろうか?

おかしい。絶対におかしいよ。

ただ、クレームが必要な時もあると思います。お店にとって黙って怒って二度と来ないお客様よりも、クレームを言ってくれるお客様の方がありがたい。つまり、クレームは相手のため、あるいは他のお客が同じ目に会わないようにするために行うもので、私に言わせれば「ごちゃごちゃ言いたかないけど、言っておくべきだろう」というようなものです。

そして、「責任者呼べ」というのは溜飲を下げたり、自分の権威を示したりするためのものではなくて、その担当者が持っていない権限を要求する時、つまりそいつ自身のクビを飛ばすためにする最後の手段。責任者が出て謝ったらおとがめなしにするぐらいなら、呼ぶ意味はない。それは単に無礼な奴に過ぎないです。

もし、この人がこのケーキ屋さんが大好きなら、こんなトラブルがあったとしてもそれをお店と共有して、じゃあ、次の機会はサービスしてよとか、ちょっと特別なサービスをお願いしてみたりとか、関係を深める機会です。それを、頭ごなしに怒鳴りつけるのは、もう付き合いたくないということ。なら、店としてもそんなお客に対応するだけ損ですからね。

ホントに今の「金払ってる奴がみな偉い」みたいな風潮は間違ってます。いくらもらおうが、出来ないものは出来ない。ちょっともらったからといって、いくらでもサービスすると思ったら大間違い。今の世の中はみんながサービス提供者でみんながサービス受給者なのだから、そこにお互いが節度を持つことはとても大事なことです。私が言っても何も変わらないと思いますが

金払ってりゃ偉いのかい!

と、毎日唱えて生きていきたいです。こういう曲を誰かヒットさせませんかね。

|
|

« 超級!起動武闘伝 Gガンダム/島本和彦 | Main | "文学少女"と恋する挿話集4/野村美月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

その通り。客には客の礼儀というものがあるのを知らない奴多すぎる。
お客様は神様です!ってのは客が言うことじゃないよね。

Posted by: タコチン | December 28, 2010 at 10:06 AM

> お客様は神様です!ってのは客が言うことじゃないよね。

「王様のレストラン」の1話をつい思い出しちゃいます。「私は先輩から、『お客様は王様だ』と教わりました。しかし、先輩はこうもいいました。『王様の中には、首をはねられたものも大勢いる』と」。いいせりふですよねー

Posted by: Tambourine | December 28, 2010 at 10:44 PM

うんうん。
私もサービス業してたからよくわかる・・・
節度を持っている人のどれだけ少ないことか。
常識ってなくなってしまったのだろうか、って
よく思ってた。
「王様のレストラン」のセリフ、いいねぇ(´∇`)

Posted by: Merble | December 29, 2010 at 12:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/50414373

Listed below are links to weblogs that reference 金払ってりゃ偉いのかい:

« 超級!起動武闘伝 Gガンダム/島本和彦 | Main | "文学少女"と恋する挿話集4/野村美月 »