« February 2010 | Main | April 2010 »

F1GP#2 オーストラリアGP

開幕遠征シリーズも2週間間隔で続きますよの第2戦。例年なら開幕戦のメルボルンです。

開幕戦のバーレーンがお世辞にもエキサイティングなレースではなく、1戦やっただけで早くも「やっぱ給油あったほうが良かったんじゃね?」などと言われていたわけですが、今回は興奮のレース。無給油でも天候やコースやタイヤなどの条件で十分に迫力あるレースになるということが判りました。というか、前回も今回も給油があった時代の退屈レースと興奮レースの振り幅の中ですよね。いつものF1って気がしますけど。

さて、今回のポイントです

  • ベッテルは間違いなくチャンピオンになる(ただし、今年かどうかは不明)
  • バトンとハミルトンの明暗
  • クビサの強さ
  • なにしてんのミハエル

それにしても、2戦連続で優勝をマシントラブルで落とすとはベッテル可哀想です。この2戦を見る限り、それほど抜け出た性能ではないマシンで一発の速さを引き出し、2戦連続のポールを取り、トラブルがでるまでトップを維持し続けているわけですから、もう今年のベッテルがチャンピオン争いの筆頭であることは疑いなし。

ただし、90年代ならいざ知らず、マシントラブルによるリタイアが年に数度になってしまった現代のF1において2戦連続のトラブルで勝てるレースを落としているようでは、チャンピオンの資格はありません。マクラーレン時代のライコネンが速さは有りながらマシンの信頼性の問題でチャンピオンになれず、フェラーリに移籍してチャンピオンになったように、ベッテルもチャンピオンになるのは移籍後だったりするのかも。というか、これを書いて思いましたけどどちらの場合も「速くて壊れる」のはニューウェイのマシンですか。うむー

そんなベッテルのリタイアで優勝が転がり込んできたのがバトン。実に去年のトルコ以来の優勝です。いやあ、今年どこかで1勝ぐらいはするだろうと思ってましたけどこんなに早いとは。まあ、案外これが最後かもしれませんけど。それにしても、今年のレースでは今回のように一度ウェット宣言が出てしまえばタイヤ無交換レースが可能だというのは盲点でした。そんな場合にタイヤを労って問題なく走れちゃうのがバトンで、ハミルトンはそういうレースができるのかよくわかりません。今回も速さは見せてるんですが、なんかちぐはぐなレースでした。対照的なこの二人。先にバトンが1勝をあげたことでどうなっていきますやら。

2位のクビサも素晴らしい。どう考えてもルノーのマシンでは優勝争いなんて出来ないはずで、今回の2位は大殊勲。優勝できるチームに乗ってないのがホントにもったいないです。まだ今年のルノーがこの先、優勝できるチームに入ってこないかどうかというのはわかりませんけど。早くこの人をチャンピオンが取れるマシンに乗せてあげたいです。

さて、今週のミハエルのコーナーですが、ぱっとしませんでしたねー。スタート時のアロンソとの接触は仕方ないですがその後もアルグエルスアリと争ってんじゃねぇ。ミハエルの復活はいつか・・・というか、その日はくるのか。というのも、早くも今シーズンの見どころです。

えーっと、可夢偉についてはとにかく壊れないフロントウィングをつけてあげてください(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ベストメール賞

文化系トークラジオLifeでベストメール賞をいただいて、記念品のバッチをいただきました。この時点でまだ数人しかもらっていない貴重なものです。

なかなか面白いバッチだったので、見たい方もいらっしゃるでしょうが、まだ出し惜しみしたほうがいいのかしら?というわけで、twitterで聞いてみました

http://twitter.com/Life954/status/10659846081

ということなので、載せちゃいます。

まずは、浅野いにおさんのイラストバージョン

P1000353

P1000350

これは2つセットでもらいました。

新しいロゴのバージョンがこれ。

P1000351

本の表紙に準じたデザインですね。

そして、今回もらったベストメール賞がコレ

P1000352

見た瞬間、ワラタw


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

2010年春アニメ

この春はなかなか楽しみなラインナップとなってますね。

参考にしてるのはAV Watchのこの記事です。

アニメ新番組一覧

 

まず、好評だったシリーズの続編として

  • おお振り
  • けいおん!!
  • クローンウォーズ

はとりあえず見ますわなー。というか、AV Watchの一覧になんでクローンウォーズが入ってないの?!

話題のコミック原作ということでは、

  • WORKING!!
  • 荒川アンダー ザ ブリッジ

が気になります。「WORKING!!」は個人的には伊波さんラブなのですが、中の人が初音ミクなのはちょっとイメージと違うかも。「荒川」は不条理モノなので面白くするのは難しいと思いますが、声優陣がすごすぎるので現場でなんとかなってしまうかもと思わせます。星役の杉田さんに超期待。また、オノナツメの「さらい屋五葉」も気にはなりますが、「リストランテ・パラディーソ」がアレだったのでどうか。「まじっく快斗」・・・たぶんふつーに面白いんだよ、見ないけど。

今回はラノベ原作がないような気がしますが、

  • 四畳半神話大系

はある意味それにあたるのかもしれません。森見登美彦のあの文体をどうアニメーションに変換するのか。文体の魅力の再現という意味では、「スレイヤーズ」が試行錯誤の末、NEXTあたりで声優陣のゆかいな漫才へ変換し、「涼宮ハルヒ」はキョン杉田がばりばりモノローグするという歴史がありますが、今回はどうするんでしょう。それが出来ないとなんせ主人公はぐだぐだしているだけなので、ダメでしょ(笑)

オリジナルでは

  • HEROMAN
  • 閃光のナイトレイド

「HEROMAN」は懲りずにオリジナルで頑張るBONES、しかも今回は夕方の放送ということで素直にエール。化けてくれると嬉しいです。「閃光のナイトレイド」は「アニメノチカラ」をノイタミナのようにブランドに出来るかどうか瀬戸際の戦いです。なんせ「ソラノヲト」がアレでしたからネェ。

それにしても、ここまでで8本。「デュラララ」が継続しているのであわせて9本。4月はいつも大変ですなー





| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

F1GP #1 バーレーンGP

開幕前というのは、もしかしたら一年でもっとも楽しみな時期かもしれません。いろいろと忙しくてブログには何も書いてませんでしたが、雑誌もネットもGPニュースもいろいろと見て妄想を高めてました。勢力図が一変した2009年とは違い、去年の年末の時点を基本的に引き継ぐハズ。となると、マクラーレンとレッドブルがトップを争い、フェラーリ、ブラウン改めメルセデスと続き、その後ろはダンゴ状態かなと。

そして開幕したバーレーンですが、おおよそこの想定通りで大きな番狂わせはありませんでした。今回のポイントはこんな感じ

  • ベッテルはホンモノだ!
  • シューマッハが錆び付いた?
  • 新チームたちの闘い
  • 無給油F1は退屈か

さて、開幕からその力を見せつけたのがベッテル。おそらくフェラーリとレッドブルのマシンポテンシャルはフェラーリの方が上だと思います。が、腕でそれをひっくり返したのがベッテル。素晴らしい走りでした。ただ、またトラブルで後退。去年もエンジンがばかんすかん壊れなければもっといい戦いに持ち込めたハズで、不安感が高まります。やはり、速いクルマに乗って速いのはただのF1ドライバーで、普通のクルマにのって勝つのがトップドライバー。2流のチームを速くしてこそ真のチャンピオンですよ。

そういう意味では、アロンソはまさに偉大なチャンピオン。そのアロンソとの比較でマッサとハミルトンはすごいんだろうなーと思いますが、この人たちはそれぞれフェラーリとマクラーレンでしか活躍してないので判断が難しい。特にマッサは・・・成長してるとは思うんですが。この人たちに比べると、バトン、ウェバー、ロズベルグあたりはただの「速いドライバー」なんですよね。もちろん、F1で「速い」ってのはすごいことですし、マシンやチームとがっちり噛み合えば無敵の強さを誇ることだって可能ですが(現にバトンはチャンピオンだし)、やはり本当のトップとは格が違います。4強8人のメンツを眺めたら、今年はチャンスなしでしょう。

さて、ここまでで名前が出てない8人目のミハエル。やっぱダメかー。ラウダが「俺もそうだったけど、戻るまで数戦かかるよ」なんて言ってますから、もうちょっと待ってみないといけませんが、少なくともこりゃマッサの代役はやらなくて正解でした。まあ、もう誰にはばかることない7冠王で、いまさらダメでも別にその称号が消えるわけでもないんだから「メルセデスにチャンピオンをもたらすために俺は帰ってきた。チームとロズベルグに俺の持てる力のすべてをささげ、必ずメルセデスがチャンピオンを取る」なんて言えば、それはそれでかっこいいと思うんです。・・・が、子供カート大会にゲストで呼ばれて、筋肉を落としてまでダイエットし、巨額の費用をかけて軽量カートを開発し(大人と子供では重量差でスピードが違いすぎますから)、本気で勝ちにいってしまう(そして表彰台に乗り、勝てなかったことに悔しがる)ミハエルですから、そういうのも無理なんでしょうねえ。

まあ、なんだかんだいって、数戦後にはちゃっかりロズベルグを負かしてそうな気はするんですけどね。あらゆる才能と手練手管を駆使しまくって(笑)。とにかく、チームメイトに負けるミハエルというのはデビュー以来見たことがないので、どうにも信じられないところです。

そして、今年の話題は久しぶりに登場の新チーム・・・なんですが、ぼろぼろです。もっとも、20年F1を見てきてデビューからまともに走った新チームってジョーダンとトヨタの2チームだけでしたから、こんなもんでしょう。ロータスは十分に及第点じゃないでしょうか。ヴァージンもヨーロッパラウンドには安定してくるでしょう。この2チームのうち、どちらが先にQ1を突破するかというのはひとつの見所じゃないでしょうか。ヒスパニアは・・・ヨーロッパまで持つといいですね。フリー走行まったく走れなかったというのはそれはそれでちょっと珍しいほど酷いです。普通、それほど酷いとバーレーンまでこられません(笑)。まあ、過去に酷いチームはいくらでもありましたし、近年も「グリッドについたことが奇跡」といわれたスーパーアグリの例もありましたから、暖かく見守りたいです。すくなくとも、スーパーアグリと違って彼らは自分のマシンを作ったんだからそれだけで偉い(笑)

最後に、無給油F1について。退屈だったという声がありますが、給油で追い抜きする耐久レースのような戦略のレースも面白いは面白いですが、フォーミュラで見たいのはそれじゃないです。私の目には今回のレースも昨年並みに面白かったし、昨年並みに退屈でした。そもそも、タイヤを温存して後半勝負なんてのは見たくないわけで、じゃあ、レース距離が長すぎるじゃないかってことかも。2ヒート制かぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

劇場版「涼宮ハルヒの消失」

素晴らしかった。期待通りのモノを見せてもらいました。ファンの「消失」に対する期待はハンパないので、その期待に応えたというのは物凄いことです。

「涼宮ハルヒの憂鬱」がファンの不安と期待を受けてアニメ化され、奇跡のようなヒットを生み出したのは、2006年の春のことでした。

原作もののアニメ化というのは、ファンにとってはどうしても「確認」になってしまいがちです。好きだったあの物語、あのシーンがどんなビジュアルになるか。その確認です。想像を裏切るストーリーというのは実はそんなに難易度が高いことではないのですが、ある小説を読んで読者がイメージしたシーンをそのストーリーを裏切ることなしに越えることは大変難しい。しかし、それこそを演出の力と呼んで間違いないでしょう。

涼宮ハルヒの第1シーズンはまさにそれが実現された作品でした。破天荒な自己中娘の涼宮ハルヒが存在したらどんな女の子なのか。素人丸出しの高校生自主映画は実際にどんなものだったのか。ハルヒが初めて人から認められた歌とはどんなものだったのか。もちろん、各話に仕掛けられた演出上の遊びも素晴らしかったですが、それらのビジュアル化に手を抜かずに取り組んだからこそ素晴らしいアニメになりました。もちろん、その縦軸として、「涼宮ハルヒの憂鬱」という原作第1作が人間原理という濃いSFネタを使った優れた青春小説だったことは言うまでもありません。

そして、原作の人気を決定づけたのは、長編としては3作目になる第4巻「涼宮ハルヒの消失」。綾波レイからの系譜に属する無表情キャラとして人気の長門有希をヒロインにして、長門と感情というテーマを扱っています。そして長編第一作がヒロイン涼宮ハルヒが「特別じゃない世界」を肯定する物語なのに対して、主人公キョンが「平凡ではない特別な世界」を肯定する物語であるという二重の構造が見事でした。

アニメの第1シーズン終了後から、最終話で唯一のアニメオリジナル作品だった「サムディ・イン・ザ・レイン」が消失の伏線となる話だった事もあり、「第2シーズンは『消失』」という期待感は高まりました。それから、約3年。予想を上回る大ヒットアニメとなった涼宮ハルヒは紆余曲折を経て、劇場アニメとして「消失」を完成させました。

アニメ版「涼宮ハルヒ」は放送の第1話から、原作に忠実ながらいかにアニメーションとして素晴らしい演出を加えて涼宮ハルヒを愛する人に届けるかが徹底された作品でした。そこには、常に「涼宮ハルヒのファンなら何が見たいのか」「涼宮ハルヒ自身が監督なら、何を見せるのか」が問われ、「このアニメを予備知識なく見た人が入ってこられるか」はあまり考えらておらず、「原作の魅力を120%引き出せば、後は必ず興味を持ってもらえる」という信念が伺えました。そうでなくて、なぜ「朝比奈ミクル」が放送第1話になるのかと(笑)。小説のファンとして、こんなに幸運なアニメ化作品は他にありません。

劇場版「涼宮ハルヒの消失」も、原作の、そして今度はTVアニメの「涼宮ハルヒ」を愛するファンに向けて作られた作品であることは間違いありません。そこで行われているのは、「涼宮ハルヒの消失」を全力でアニメにすること。だから、演出方針はTVと全く同じです。オープニングテーマですら、TVと同じ。しかし、そこでは力一杯に「消失」をやりきるためにTVでは出来ないレベルの演習や作画が繰り広げられます。尺は163分。30分アニメ7話分。「憂鬱」は6話でそれでもカットされたシーンが多かったので、それだけの時間が必要だったのでしょう。

そして、163分という長時間を使いながら、はじめて「涼宮ハルヒ」を観る人への配慮は一切なし。この話は、第1シーズンの放送を見ているだけではわからずに、第2シーズンの「笹の葉ラプソディ」を観ていないと何のことやらさっぱり判らず、そして、この事件の首謀者がなぜこんなことをしでかしたのか、その伏線が第2シーズンで非難囂々だった「エンドレスエイト」であったということもよく判ります。怒られるのを承知で、この為にやるのか・・・。すごいと言わざるを得ません。

声優陣も素晴らしい。涼宮ハルヒ役をきっかけに一気にスターダムへ駆け上った平野綾のテンションの高い演技や、実質の二役である長門役の茅原実里の演技も(歌もね!)見事ですが、ブツブツつぶやいただけでその世界を「涼宮ハルヒ」の世界にしてしまうキョン役の杉田智和は今回もスペシャルです。原作のモノローグと会話文が自在に入り交じる文体を、そのスタイルのままアニメにするにおいて、キョンのモノローグがつまらなければこの作品は台無し。それを160分間に渡って続けるんですから、凄まじいことです。キョンがブツブツいっているだけで、我々は安心して「涼宮ハルヒ」を観ていられます。

はっきりいって、人に薦めづらい作品です。本当にこのアニメを一番楽しむのであれば、やはり原作を読んでいない人でしょうが、原作を読んでいない人にアニメ28話(そのうち8話が「エンドレスエイト」・・・)を全部観ていけというのも辛いですし。原作ファンは、やはり「確認」にならざるを得ない部分があります。しかし、この作品が、アニメ第1シーズンを見終えて、そしてその後、「ハルヒ第2期制作決定」の新聞広告に胸躍らせたあの3年前の期待を裏切らない、期待した最高の出来であることは間違いありません。そんなものが作られたというだけで本当にすごいこと。そして、おそらくこれが原作の続編が出ていない段階での「最後の正統なハルヒのアニメ」になるだろうことを考えると、劇場へ行かない理由なんて何もないのです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

21世紀とラジオ

中学受験の時に深夜ラジオに触れ、合格記念で買ってもらった録再ウォークマンで毎晩のようにオールナイトニッポンを録音しました。お小遣いに余裕ができると長時間録音に惹かれてDATを購入し、DATウォークマンで通学中に録音したラジオを聞いていました。基本的に移動中は本を読むか、ラジオを聞いているのが普通でした。

ラジオを通じて深くファンになった人もたくさんいます。聖飢魔IIのデーモン小暮閣下や、鴻上尚史さん、筋肉少女帯の大槻ケンジさん、TMRの西川貴教さん、電気グルーヴ・・・この辺りは全部オールナイトがきっかけ。そして、エヴァ以降は声優さんラジオやいわゆるアニラジをいろいろ聞いていました。特に林原めぐみさんと、忘れちゃいけない「青春ラジメニア」です。アニソンの基礎はこの番組で学びました。

で、就職して関西を離れて以来、あまり聞かなくなってました。放送局がよくわかんなくなっちゃったんで。

そして、時代は流れてウォークマンがiPodになり、Podcastを中心に聞くようになって高校生の頃のように歩きながらしょっちゅう聞いてます。というわけで、どんなものを聞いているかをリストアップしてみようかなと

アキバ系!電脳空間カウボーイズ

いかにもPodcastっぽいものから。IT業界ではそれなりに有名な方が名前を隠し(きれてないけど伏せ)てやってるIT業界馬鹿話。まあ、この業界に詳しい人じゃないと楽しめないとは思いますが、こういうどう考えても電波に乗らなさそうなものが聞けるのは素晴らしいです。

エフワンの巣窟(すくつ)

これもなかなか公共の電波では無理でしょうというPodcastのF1番組。カウボーイズが普通に居酒屋にテレコ持ち込んで録音という感じなのに対して、こちらはかなり立派な構成ですが、この番組をやってるキュージィさんがどうやって飯を食ってる人なのかはまだ聴取しはじめて1ヶ月の私には謎です。

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

ここからは電波に乗ってる放送。TOKYO FMで放送されてますが、Podcastで聞くのが適当だろうというほどフリーダムな番組。鈴木さんがしゃべる宮崎駿の困った人ぶりは最高です。押井守が来て、ポニョをけちょんけちょんに批評して帰った回は爆笑でした。でも二人とも宮さんに愛があるんですよね。この回は是非、番組のDVDでノーカットで聞くべし。

文化系トークラジオ Life

この番組はホント奇跡のような存在の仕方ですが、ラジオを聞いてると賢くなれることを実感できるバカ番組(笑)。首都圏に越してきてTBSラジオが聞けるようになり、Lifeが曲つきで楽しめるようになったのはひとつの喜びです。毎月、Milueの英語学習用のラジオサーバーで録音してiTuneにコピって聞いています。で、Podcastの配信が始まったらもっかい聞き直すと(笑)。この番組の影響で触れたコンテンツはホント、たくさんあります。基本、私ってオタクっていうよりはサブカル好きなんですよね。まあ、この20年でオタクがどんどんアレな方向へいっちゃったからというのもありますけど・・・

デーモン小暮のオールナイトニッポン・モバイル

大好きだった閣下のオールナイトがビミョウな形で復活。着メロの形で配信されるので7分ぐらいの細切れで1つ100円で売ってます。毎月10本ぐらいの長さになってるので1000円。案外高いけど、余裕で払いますよ。やっぱ面白いなー。先月のゲストはSgt.ルーク篁III参謀で、往年のファンはみんな涙を堪えたにちまいありません。ちなみに、その前のゲストは長官で、今月は殿下でした。「大相撲を666倍楽しむ方法リベンジ」のコーナーが楽しいです。それにしても、ケータイで聞くのめんどくさいのでPodcastにして欲しいなあ。

林原めぐみのハートフルステーション

Lifeを聞いていると、TSBラジオのその前の時間には「林原めぐみのTokyo Boogie Night」をやっていることが判明。懐かしく聞いてみて、やっぱりハートフルが聞きたいなと調べてみると、FM FUJIで聞けそう。素晴らしい。私が聞き始めた頃はAM神戸1局の番組だったのになあ。というわけで、これも最近は毎週エアチェックして聞いてます。

あとは音楽番組が聞きたい気がするんですが、これがPodcastの弱点だったり。むむー

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« February 2010 | Main | April 2010 »