« J U N K U 佐々木敦さん×小説家 連続トークセッション 佐々木敦×東浩紀 「文学、そして帰還」 | Main | 今週末のLifeのテーマはオザケン! »

ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii

例によって、まずはみんな社長が訊くを読んでくるといいと思います

日本人であることが嬉しくなる最強コンテンツです。これ、動画をWiiで見られるようにすべき。あと、岩田さんにファンレターも出せるようにすべき。そして、Wiiの間には岩田さんのコンシェルズMiiが出るべき(笑)

というわけで、スーパーマリオの新作です。出たのは年末で、まためちゃめちゃ売れたらしいです。

いや、とにかくめちゃめちゃ面白いです。一人で遊んでいるかぎりは、操作の感覚としてはおおよそスーパーマリオ3で、新規性はあまりありません。しかし、出てくる敵のアイデアや、BGMに合わせてリズムをとる敵キャラたち、創造的なマップ構成に仕掛けが素晴らしい。私はファミコンのスーパーマリオ(つまり1~3ね)しかやってませんが、まったく違和感がありません。しかも、それなりにやりこんでる私でもさくさくはクリアできず、1日30分のプレイで1面ずつ進んでいくのにちょうどいい難易度です。

そして、4人で遊ぶとゲーム性は一変。難しいところでは上手い人にまかせてみたり、みんなで邪魔し合いながら進んだり。もうね、一人が亀を持ったらみんなに緊張がはしるのね(笑)。これは面白いです。

そして、最後に動画機能。ニコ動などでプレイ動画というカテゴリーがありますが、ゲーム内でアイテムを集めることにより、デバッグチームのスーパープレイが見られるのです。もうね、トンデもないですよ。一番笑ったのが4人プレイで、3人がヨッシーに乗り、一人(ルイージ)を飲み込んでは吐き出ししながらまるでラグビーのパスワークの様に進んでいく動画。一度もルイージは地面につかないんですよ!スバラシすぎて唖然としました。

皆さん、是非、プレイしてみてください。ただ、これをやっても他の横スクロールアクションはどーでもいい気分になっちゃうのが問題ですけど。あまりに完成度が高くて、他のゲームをやりたいという気にさせません。そういう意味では、RPGはDSのDQとPS3のFFだけあればいいというのも確かかもしれず、家庭用ゲームというのはなかなかに難しい世界になってきているのだなあと思ったりします。

|
|

« J U N K U 佐々木敦さん×小説家 連続トークセッション 佐々木敦×東浩紀 「文学、そして帰還」 | Main | 今週末のLifeのテーマはオザケン! »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/47149533

Listed below are links to weblogs that reference ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii:

« J U N K U 佐々木敦さん×小説家 連続トークセッション 佐々木敦×東浩紀 「文学、そして帰還」 | Main | 今週末のLifeのテーマはオザケン! »