« December 2009 | Main | February 2010 »

January 20, 2010

J U N K U 佐々木敦さん×小説家 連続トークセッション 佐々木敦×東浩紀 「文学、そして帰還」

ジュンク堂新宿店で行われた佐々木敦さんと東浩紀さんのトークセッションに参加してきました。内容は全編「クォンタム・ファミリーズ」(QF)についてです。「ニッポンの思想」の話はしません!と佐々木さんが宣言してました。後、楽屋では愛について語り合っていたそうです(笑)

ちなみに、客層がなーんか謎でした。結構みんなカジュアルなんですよね。背広の人少なかったー

さて、セッションのメモです。途中で東さんが「いや、こういうことを言ってそこだけだと誤解されるんだけど・・・」と何度も何度も言ってましたが、私みたいなのがネットにこういう事書くからイカンのでしょうなあ。でも行けなかったら見たかっただろうから書きます(笑)

嘘は書いてないけど、曖昧な記憶と貧弱な知識と陳腐な筆力で書いてますので、あしからず。

きっかけ

批評家 東浩紀が小説を書いた、そのそもそものきっかけは?という問いに

  • 直接にはギートステイトが頓挫したこと。「いいよ、なら俺が書くよ!」みたいな
  • クリエイターの人といろいろ付き合いが出来て、彼らに敬意は払いながらも、モノを作っているというだけで特別扱いな感じに「クリエイターってそんなにエライの?」みたいなのはあった
  • もっと遡れば小松左京が大好きで、SF作家になりたかった。けど、なれないだろうなーとか?
  • 後は、QFの内容にも現れてるけど、リセット感?

まあ、いろいろあるんですと。そこに佐々木さんが「いや、でもそういうモロモロでこれだけコストさいて書けないでしょう。パッションがないと」と。それに対しては、今の批評界を形作って盛り上げていく役割の東浩紀と、でもそこに自分が本当に書きたいものがのっからない(だから「思想地図」に東さんの原稿は載ってないのだと)というねじれのような複雑な思いがあって、「ま、サラリーマンが小説書きましたみたいなのが、近いかな」とか。

構成について

どのぐらい元々考えてた通りに書けたんですか?という問いに

  • 骨格は決まってた
  • 設定とか物凄く作ってた(テロのあたりとか、並行世界で世の中がどうなっているかとか)けど、全然入らなかった。評論でも書こうと思ってることがいつも全然枚数に入らないから・・・まあ、これが持ち味?(笑)
  • ただ、世界設定を書こうとしてもその世界を透明に描写できない。これは社会批評を書けないのと同じ理由なんだと思う。どうしてもセカイ系に・・・
  • 構造が複雑なのも、ノベルゲームなどの分岐していく立体的なストーリーをまた一本の筋へパタンと畳み込んだような形になっているからそう見えるんだけど、僕がそう物事・・・というか人生をそう捉えてるので必然
  • 単行本化の時に、文章の美しさを追及するという意味で修正すると共に、批評家としての僕が読みやすく手を入れた。こうすれば「セカイ系VSバトルロワイヤル」に読めるとか、抜き出しやすいキーワードを仕込むとか。そういうのは、染みついているから10秒で出来た

プロットと共に並行世界の図とか書いたんですか?という問いには

  • 封筒の裏とかに。あまりにちゃんとしたモノを書いてないから、みんな驚くだろうなというほどのもの。構造自体は基本、頭の中にある
  • ただ、日付とか、アリゾナとの時差とか、誕生日とか・・・そういうのはヤバい。ギリギリまで間違ってたのがあって・・・このシーンで見える月の月齢がとか、一応計算してるんだよ?ネットに転がってるソフトとかで。

じゃあ、結構ちゃんとしてるんですね・・・と思ったら

  • 思い出してきた。最初の段階で渚いなかったわ(笑)。でも、風子と汐子って名前を出した時にCLANNAD的には渚の登場は必然だったんですよ。自分が気がつかなかっただけで(笑)
  • 35歳問題とか村上春樹とか、モチーフとなるようなことをつっこんでおくと未来の自分がどうにかしてくれるというか・・・「お前なら出来るハズ!」「マヂで?」みたいな?
  • モチーフを結んでいくためにキャラクターが要請されるというような、ちょっと変な作り方なんですよ。というか、ちょっと変なんですよ、僕。次回はちゃんとします(笑)

文体について

佐々木さんが文体について質問。透明な文体(あまり情緒に溢れまくってたりしないという意味?)ですよねーという問いかけに

  • それについては単行本にするときに頑張った。
  • ハッタリのない文章を書きたい

佐々木さんが「連載の第1回で、アリゾナの辺りで文学的にぐっと来た表現があったんだけど、単行本でなくなってたんですよね」というと東さんが「それはいい話だなー(笑)」と受けて、

  • ただ、独自の文体を作り出すことにはそれほど興味はない
  • 「小説家にとって文体が命」なんてのは怠惰だと思う。それは、著者にも、批評家にも、読者にも。だって「内容はよくわからないけど、この文章はぐっとくる」とか言ってればいいんでしょう?
  • やっぱり僕は構造が見える人間だし、構造にしか興味がないのかも。

この後、ゼロ年代の批評に社会論ばかりしかなく、テキストが薄いことは自覚しているし、それに対して、デリダを自分のキャリアの出発点にしてきた自分が、こういう流れになっていくのは自然だとか、そういう「いい話」になった・・・らしいんですが、正直自分はニュアンスを掴みきれませんでした。

というところでおよそ1時間。休憩が入りました

SF読書体験について

後半は東さんの読書歴や、QFで扱われる作家などについて。まずは小松左京について。

  • 小学3年生ぐらいから読んでいるとのこと。家にあるものは大抵なんでも読んでいたので、西村京太郎とかも読んではいた。ただ、なにせ小3なのでセックスに関わる描写が意味不明。そういう意味で西村京太郎はよくわからないなーと思っていた。
  • 「復活の日」の映画のポスターを見て興味を持ったのが最初。

その他、作品名がいろいろと出たんですが、私は全然小松左京を読んでいないので判らないのでした。いや、星新一も筒井康隆も読んでませんが・・・同時代をフォローするので精一杯です。私も子供の頃はミステリーをよく読んでましたね。内田康夫とか、海外モノではクリスティーとか。新本格がくる前の頃・・・て私の話はどうでもいいです。

  • 小松左京を読み尽くして、新井素子に出会った。
  • 人は第二次性徴を迎えるとバカになるよね。それまでバリバリのSFでシュバルツシルト半径が・・・とか行ってたのが、「このキャラかわええ」とかになっちゃったんだから。
  • 小松左京の後に新井素子が並んでる本棚を見直して、「俺、このままじゃバカになるやばい」と思って新潮の世界文学全集を片っ端から読むことを高校生の時に企画した。読書記録もつけた。

ちなみに、「シュバルツバルト半径」と言ってましたがシュバルツバルトは黒い森で、正しくは「シュバルツシルト半径」です

海外のSFは?という問いかけに、

  • クラークは全部読んだよ。「2001年」の映画がすごい好きだから。アレは神
  • もちろんディックは重要な作家だけど、でも出会ったのは大学生ぐらい。

自著への影響について

そのような読書体験はどの程度QFへ影響しているのでしょう?QFは一種の時間SFですが・・・

  • いや、むしろノベルゲームで時間ものに慣れちゃってるから、そちらの影響が。僕が書くならループとかしないとどーすんのと思ってた。
  • ループものとかも、源流はそのあたりのSFになるんだろうけど、直接の影響は押井さんの「ビューティフル・ドリーマー」だから

ループとそれを止めるもの

ディック話からちょっと難しい話へ・・・

  • 自分の中に、「可愛い不気味なモノ」がループを止めるという理解がある。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」にあって、「ブレードランナー」から抜け落ちてるのがそれだと思う。砂漠的な何か。物語外2に繋がる話ね
  • 最後の小さい風子はストーリー的には要らないんだけど、たぶん、あれは生け贄になりループを止める存在として必要なんだろう。でも、それは今の自分では書けなかった。
  • 理樹ももう少しできるはず。理樹は実は存在しなかった・・・とか。彼は必ず乗り移った姿でしか登場していないから。「わかっているんなら書けば」って?でも、批評家としてそれがわかるというのと、小説としてそれが表現できるかってのは別なんだって。

村上春樹について

ディックと並んで、作中で取り上げられている作家が村上春樹。

  • 重要性は疑いないよね。好きか嫌いか?「ノルウェーの森」は普通に読んで泣きましたよ(笑)

佐々木さんが(「聞きたいのはそれじゃない(笑)」と。初期三部作とかはどうなの?という問いかけに

  • 重要性で言えば「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」でしょう。
  • 村上春樹は日本人的な引きこもり、それもあの人は学生運動の挫折からだから日本の精神構造みたいなものを代表していて、かつ「世界の終わり」でどう相対するかというのを提示したわけで、85年の段階でそれをやっているというのはすごい。
  • そして、日本人的な精神というようなものを表現し続けていて、ちょっとそこに中二的なものが入っちゃうけど、そのテーマで世界で今、唯一評価を受けている作家・・・となれば、そりゃ評価に疑いはないよね。

35歳問題について

村上春樹の話は、35歳問題と絡んで出てきます

  • 夏目漱石が「文学論」を書いたのは35歳の時。で、柄谷行人が自らが35歳の時に「日本近代文学の起源」のあとがきでそれに触れている。じゃあ、東浩紀は35歳で何を書くのか。
  • 「ゲーム的リアリズムの誕生」はそれを意識して書いた。あれは僕の「文学論」。
  • しかし、純文学の人にはまったく無視された。それには大変に失望した。

文学、そして帰還

でも、文芸誌にこうやって小説書いたのは、文学への戻って来たってことなのか

  • いや、なんで「新潮」に書いたのかといえば、載せてくれたからだけど(笑)
  • もちろん、「存在論的、郵便的」の続編であるという認識もあるし、「キャラクターズ」の続編っぽく見えるようにもしようと。主人公が東浩紀を反映にしたキャラクターになっているのは、これが私小説だからというよりはそういう意味で必然だと。
  • だから1回目とかにはちょっと「キャラクターズ」っぽい雰囲気が入ってる。芥川賞の話とか。でも、途中で「俺、そんなことしてる場合か?」と思ってやめた
  • 今の文学の光景に小説家としての東浩紀のポジションはないよね。批評家としてないのと同じく。だから、「思想地図」を作ったように、小説でも読者を作っていくしかない。
  • 文芸誌読む人が読者だとは思えないでしょう。半分ぐらいは理工系の人で、ミステリーのような少しパズル的なものを楽しんで読むような人が読者になるんじゃないか
  • ミステリーは書くか?いやー、プロットを作らないで無意識に期待って作り方だから、最初に密室を用意してどういうトリックになるのかと思ったら「やっぱ無理でした!」とかになって、そのままSFに雪崩れ込んじゃうような・・・。それか、メタ・ミステリーになっちゃっうか。
  • 同時代で近いことをやっていると思う人?舞城王太郎がそうかも?
  • 「帰還」ってトークセッションのタイトルになってるけど、帰ってきたわけじゃない。「僕は勝手に文学をやることにした」ということです

最後に、小説家 東浩紀の今後は?という問いに

  • とりあえず、大森望さんの「NOVA2」に書きます。7月ぐらいには出るはず?
  • 火星モノ。火星の砂漠に萌えキャラが立ちます(笑)。連作短編になる・・・といいなあ。

というところでお時間でした。その後はサイン会。「存在論的、郵便的」にサインをもらって帰ってきました。ありがとうございました!


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 13, 2010

Netwalkerを買ってみた

前から気にはなっていたシャープのNetwalkerことPC-Z1を買いました。

私のブログを読んでいただいてる方には繰り返す必要もないかと思いますが、自炊PDFビュアーとするためです。PDFビュアー的には最初からついてるビュアーのプレゼンテーションモードでほぼ完璧。他のデバイスに比べて液晶のDPIが段違いに細かいので、相当字が小さくなっても読めちゃいます。電池もKindleとは比べ物にならないですが、一日連れ歩くには充分です。

まあ、まっとうなLinuxマシンなのに大変にもったいない使い方です。Webのブラウズぐらいならとても快適です・・・が、ポインティングデバイスは出来がいいのにキーボードが辛すぎるので入力デバイスとしてはだめだめです。

私はこういうタイプのマシンにQWERTYキーボードをつけるのは反対です。そもそもこの大きさでまともなキーボードを付けようというのが間違っています。iPhoneのフリックはこの大きさのデバイスであるべき入力方法とは何かを真面目に考えていて大変素晴らしい。この文章は今、PC-Z1で入力しているのですが、正直、iPhoneより速く打てています。ただし、それは私にとってこのキーボードが学習コストが低いというだけで、慣れていくと速く打てるようになるのはフリックのような気がしますし。

とりあえず、今はこれで久しぶりのスニーカー大賞である「シュガーダーク」を読んでます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 11, 2010

初夢ボナンザ

さっぱりログインしていませんが、せめてボナンザぐらいは買いましょう。

今回はこの番号!

/t$ ruby -e '10.times{printf("%05d\n",rand(100000))}'
68281
01693
15182
06649
54784
99403
27826
56315
80511
80071

お年玉貰えますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 07, 2010

クォンタム・ファミリーズ/東 浩紀

「キャラクターズ」は読むには読んだんですがちょっと把握しきれなかったので、感想は書きませんでした。「東浩紀」が実名で出てきて3つに分裂するとか、無理です(笑)。いや、面白かったんですけどね。さすがに思想家東浩紀が文芸の世界で表現するといった形式で、その形式すらメタに取り込んでエンターテイメントにする才能は素晴らしいと思ったんですが、まあ、これが小説かといわれれば、うにゅーんって感じ。

今作は、やはり主人公の大学教員で文芸家の主人公は東さん自身の東映だと思うんですが、遙かに普通の小説です。そして、量子コンピューターを元にした並行世界もので、かつ、タイムパラドクスをそこに含むというバリバリのSF。この設定はなんとなく、ソウヤーの「ホミニッド-原人」を含むネアンデルタール三部作を思い起こしました。ソウヤーの方も、量子コンピューターの実験で並行世界と繋がるという話で、繋がる先はクロマニョン人ではなくネアンデルタール人が反映した世界でした。ネアンデルタールが文明化した社会を創りそれを我々の世界と比較することで、我々の世界に対して懐疑を起こさせるのが物語の構造です。

この仕組み自体は「クォンタム・ファミリーズ」(QF)も同じだと思いますが、QFでの並行世界がこの世界とどう違うのか、また、その世界の異なり方と主人公の周囲の環境はまたねじれていて、そして最後にはこの世界までもが・・・と、構造自体も抜群に面白いです。そして、イデオロギーの問題も、父と娘の問題(父と娘がいっぱい出てくるんですよね)も、ゆがんだ性愛の問題も、ゲーム的リアリズムも、ネットワーク世界の行く末も、仮想人格の暗躍も、村上春樹も(笑)、まあ、ありったけ詰め込んであります。

まあ、東さんを新人作家と呼んでいいのかどうかは大いに疑問ですが、それでも形はこれだけばりばりのハードSFですから、作家なら誰でもかけるというものではないのも確か。この種類のこんな大仕掛けをぶんと振るえるのは、日本のSF界でもそうは居ないでしょう・・・というか、ほとんどいないかも知れません。宇宙モノはいますわね、タイムトラベルはみんな好きで得意ですわね、数式ぶんぶか振り回すのは円城さんがやりますわね。でも、ここまでのサイバーなものを設定に振り回されないで使い切る人はちょっと日本にはいなかった気がします。

いやー、これは面白かった。SF大賞でも全然不思議じゃないと思います。思想家・哲学家の東さんのファンよりは、こゆいSFが読みたい人にお勧めです。


| | Comments (0) | TrackBack (1)
|

January 06, 2010

絆(きずな)でつかんだ栄冠 ~NHK スポーツ大陸

昨晩、飯を食いながら何の気なしにテレビを見ていたら、素晴らしいドキュメントに出会いました。

NHKの「スポーツ大陸」。長野五輪のジャンプのドキュメンタリーです。ぼちぼち冬季五輪の開幕も近づいてますから。

絆(きずな)でつかんだ栄冠

1998年の長野五輪、吹雪の白馬ジャンプ台で歴史に残る大逆転劇が起こった。日本のスキージャンプ男子ラージヒル団体が金メダルを獲得。金メダリストと なったのは岡部孝信、船木和喜、原田雅彦、斎藤浩哉の4人だが、その裏には、表舞台に立てなかったテストジャンパーたちによる乾坤一擲(けんこんいって き)の活躍があった。
 長野五輪、日本選手団の中で、金メダルに一番近いといわれていたのがスキージャンプ団体だった。ところが当日、激しい吹雪に見舞われる。リレハンメル五 輪で苦い経験をし、雪辱を期していた原田のスタート時に急激に天候が悪化し、失速。日本チームは1本目を終えて4位という予想もしない展開となった。
 なかなか天候は回復しない。競技続行か打ち切りかはテストジャンプの結果で判断することになった。もしも競技が打ち切られると、このまま1本目の結果で 順位が確定する。しかも競技再開の判断をする最高責任者4人のうち3人は、この時点の上位3か国から選出されていた。
 テストジャンプで安全に、しかも好記録を出さない限り競技続行、そしてメダルはない…。日本代表にあこがれ、彼らの逆転を信じるテストジャンパーたち が、前も見えない恐怖の中を次々に飛び立っていく。耳が不自由な高橋が、絶不調で代表を外された西方が、決死の大飛行を決めた。そして競技再開。2本目に は4人の代表選手が他を圧倒する大ジャンプを決めた。
 番組では、窮地に陥った日本ジャンプ陣が、テストジャンパーたちとともに勝ち取った、奇跡の金メダルの物語をつづる。

私たちが知らないところでこんなドラマがあったなんて。

そもそも、みんな喜んでテストジャンパーをやってるわけじゃないんですね。

代表を外されてテストジャンパーとなり選手との待遇の差に落ち込む西方選手。しかし、その西方選手がテストジャンプを成功させるかどうかに、日本チームに逆転メダルの可能性がかかる。その前に20人以上のジャンパーが滑走面を踏み固める為に前も見えない吹雪の中、次々に飛び出していく。危険だと判断されれば日本のメダルはなくなるので、全員、とにかく絶対に転倒してはいけない。そして、最後に西方がK点越えを決め、再開が決まる。その瞬間のジャンプはもちろん観客からすればただのテストジャンプで、拍手も歓声もない。でも、インタビューで西方選手は「この時のためにいままでやってきたんだと思えた」と話した。

だーっっ (T-T)

ええはなしやー。NHKはこういうの出してくるからエライわー。みんなにも見て欲しい・・・けど、私が観たのが再放送ですか。いやいや、こういうときのためのNHKオンデマンドじゃないですか

Nhk

2006年と2007年に放送したのが5本ダケ・・・?

あほー(T-T)

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

January 04, 2010

あけまろしく

あけましておめでとうございます

相方と暮らしだして1年。別に何が変わったというわけでもありませんが、一人で何かする時間は減ったことは確かで、FFXIにログインしたり、ブログを書いたりする時間は少なくなってしまいました。ネタはなくもないんですが・・・というか、読んだ本の感想が溜まっちゃってるんですが。

というわけで、今年の抱負は自分の時間と夫婦の時間と仕事の時間のバランスを考えることです。出来る限り仕事しないことが大事なんですけどネー

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« December 2009 | Main | February 2010 »