« 松井教授の東大駒場講義録/松井孝典 | Main | F1GP#5 スペインGP »

LacoocanとRuby

Niftyserveが好きでした

私がココログを使っている理由は、NiftyのIDなら何もしなくても最初から持ってたからです。Niftyの会員区分は「無制限」。ダイヤルアップの頃のままです。毎月何千円と取られてましたが、お陰でWILCOMのPIAF接続なども特に何も考えずに使えていました。

ところが、EMに変えてプロバイダとしてのNiftyは不要になってしまいました。習慣でずっと無制限コースのままでしたが、さすがにもったいないので一番安いコースに変えました。そしたら、@homepageが没収されてしまいました。ぎゃふん!

@homepageにはたいして大事な物もなかったのでそれほど困るというわけでも無いですが、何か置き場所は欲しいのでNiftyのLacoocanというレンタルサーバを申し込んでみることにしました。ここはMySQLやRubyも使えるそうです。自分用のHikiでも置いておくと便利かも知れません。

というわけで、Hikiを置こうとしたらセキュリティの問題で動かず。実は、Lacoocanで公開されるディレクトリ構造では、ドキュメントルートのディレクトリの所有者がrootで権限が777になってます。Rubyの$SAFE=1はそれじゃ動かないのですね。なんじゃそらー

まあ、@homepageの代わりの用は成すからいいか。なんだかなあ~

|
|

« 松井教授の東大駒場講義録/松井孝典 | Main | F1GP#5 スペインGP »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/44951316

Listed below are links to weblogs that reference LacoocanとRuby:

« 松井教授の東大駒場講義録/松井孝典 | Main | F1GP#5 スペインGP »