« 2009年春のアニメ新番組 方針 | Main | 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人 »

F1GP#3 中国GP

まだまだ続く開幕のフライアウェイ。今回は中国GPです。それにしても、また雨のグランプリ。SCフィニッシュになった開幕戦、スコールで赤旗になった第2戦と、ここまで「典型的」なレースがありません。

今回のグランプリのポイントはこんなとこでしょうか

  • ディフューザー合法
  • ブラウンにストップ
  • 光る人、曇る人

今年はマシン後部の処理が鍵になることは確かなようです。ここまで、ディフューザー・ギャングなんて呼ばれているブラウン、トヨタ、ウィリアムズと、プルロッド+リアウィング一体ディフューザーのレッドブルが好成績を収めてます。

今回、明確に2層ディフューザーが合法になったことで、他チームもやってこざるを得ません。しかし、2層の上の部分へ効果的に空気を導くことはマシン全体のコンセプトをいじることを意味してます。とはいえ、いち早く新ディフューザーを持ち込んだマクラーレンと、なんとかアロンその分だけを間に合わせたルノーが、それ相応の効果を見せたことも確かです。

しかし、今回のグランプリでは2層ディフューザーではないレッドブルが勝利を収めたことで、2層ディフューザーだけが正解ではないってのも確か。今後、各チームがどのように変更を加えてくるかは楽しみです。また、ノーズ下もマクラーレン、フェラーリあたりが新たなチャレンジをやっている様子。やはり、開発力のあるチームはどんどんと来るでしょう。

さて、今回、破竹のブラウンの勢いがとまりました。Q3の燃料搭載量をみるといまだにある程度のマージンは持っているようですが、今回のレッドブルはQ2も速かったのがポイント。レインになってしまっては、そもそも車ができてからレインで走ったことがなく、決勝でいきなりでセットアップも何もあったもんじゃないブラウンがレッドブルに勝負にならないのはうなずけることで、3位、4位でダブル入賞したのはベストの結果と言ってもいいと思います。しかし、ドライのレースでもう一度その差を確認したいですから、今週末のバーレーンが楽しみです。

今回のレースでは、普段、なかなかその存在をアピールできない人が目立ちました。トロロッソのブエミ、フォースインディアのスーティルは健闘賞!それにしても、スーティルの最後はもったいなかった!もちろん、ベッテル、アロンソ、グロックはいつもにも増して輝きました。

それに引き換え、ピケ、中島、トゥルーリ、ブルデーは評価を下げたかもしれません。ハミルトン、ライコネンもぱっとしませんねえ・・・。行き過ぎてるハミルトンはまだしも、どうもライコネンは元気がないです。マクラーレン、フェラーリはどちらもトラブル続き。特にマクラーレンはコース外でのごたごたになりつつあります。

フェラーリにはラウダが「イタリア人ばっかりになっちゃったからだよ」と言ってますが、確かにチームへのコミットが薄めのライコネン、ラテン気質のマッサというドライバーコンビで、悲観主義のフランス人監督も、厳格なドイツ人ドライバーも、論理的なイギリス人の参謀もいなくなったら、残ってるのはヘタリアだったというのがフェラーリの不振なのかもしれません。

さて、今度こそ晴れるだろうバーレーン。バーレーンと言えばマッサというぐらいに、マッサが大得意のコースですが、フェラーリの復調はあるのでしょうか。ないとそろそろお家騒動ですよぉ

|
|

« 2009年春のアニメ新番組 方針 | Main | 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/44725767

Listed below are links to weblogs that reference F1GP#3 中国GP:

« 2009年春のアニメ新番組 方針 | Main | 新世紀メディア論 新聞・雑誌が死ぬ前に/小林弘人 »