« マクロスF最終回 | Main | F1GP#15 シンガポールGP »

NAS導入

最近、ここになんにも書いてないのは、暇な時間はひたすら本を裁断し、スキャンしまくっているからです。

そんな感じで出来たPDFファイルが約36GB。今のところ部屋の半分ぐらいの本をかっさばいた感じですから、最終的には100GB弱ぐらいになるんでしょうか。一昔前なら「どーすんだよ、そんなの」って感じでしたが、今ではiPodに入ってしまう大きさです(笑)

とはいえ、さすがに自分のThinkpadに入れておくには厳しい容量になったので、NASを導入しました。あ、詳しくない人に説明しておくと、NAS(Network Attached Storage)というのはファイルサーバ専用の小型PCみたいなものです。見た目はUSBやFireWireの口の代わりにEthernetの口がついてるHDDです。個人向けの製品は「ネットワーク対応HDD」という名前で売られてることが多いようです。

この商売をやっているとHDDなんて壊れるモノだというのは思い知っています。なんとラッキーなことに、今まで自分のディスクおよび自分が管理するお客様のディスクも吹っ飛ばしたことはないんです。でも、HDDなんて100個買えば1つぐらいは初期不良が入っていたりするものでもあります。ちょっと大きめのシステムだと、1つのシステムにHDDが100個あるなんてざらですけど、大抵、1つぐらいはおかしかったりするものです。

というわけで、HDDにバックアップは必須。となれば、RAID付きのがいいかな・・・と思いました。最近は個人向けのNAS(そもそもNAS自体、個人向けの商品は最近出てきたものですが)にもRAID機能付きのものが増えました。RAIDってのは複数のディスクを積んで、一つのディスクが吹っ飛んでもデータを保持する機能の事です。

ただ、個人向けのRAIDは

  • RAID1のペアディスクが飛んでもデータは残ってるけど、ディスク交換してSyncが終わらないと使用できなかったりする
  • 5年後にディスクが吹っ飛んだとして、交換用HDDが手に入るという保証はない

という問題もあります。単にデータを溜めておくだけの場所なら2台のNASを買ってrsyncさせておく方が、柔軟性があっていいかもしれまい。

というわけで、ごくごくふつーの廉価なNASを一つ買ってきました。BUFFALOのLS-C1.0TLを買ってきました。1TBで3万円。やっすぅ・・・。去年、サービスインしたAIXマシンの内蔵ディスクって72GBなんすけど・・・。容量増えるの速いなあ。

というわけで、接続。普通に使えてます。ユーティリティを使わないと初期IPアドレスが設定出来ない点は×ですけど(ユーティリティのCDなくしたらどーすんだよ)、一度IPアドレスを設定してしまえば、後はブラウザから管理出来ます。USBの口があって、ここにUSBのHDDを挿せばそれにバックアップを取ることもできる様子。悪くないですね。

|
|

« マクロスF最終回 | Main | F1GP#15 シンガポールGP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/42523818

Listed below are links to weblogs that reference NAS導入:

« マクロスF最終回 | Main | F1GP#15 シンガポールGP »