« 君に届け/椎名 軽穂 | Main | 頭が悪いなら、黙っていればいいのに »

地上波モウイラネ

相変わらず、小寺さんの言っていることは私と波長が合います。

思い切って放送行政のちゃぶ台をひっくり返してみよう(ITmedia)

しかしそこまでダビング10というルールに価値があるとは思えない。いやもちろん、権利者、メーカー、放送局間で長い時間をかけて検討した結果がコレなの で、 そういう政治的バランスとしての価値はあるのだろう。一方でその仕組には、大したメリットがない。DVDやBlu-rayが10枚焼けたって、しょうがな いだろう。どうせ省庁で大ゲンカするレベルまで来たのならば、もっと根本的なところからひっくり返すのもいいかもしれない。

まったくその通り。正直言って、筋が悪い技術だとしか言いようがない。ダビング10で良かったのは、基のデータを取っておいたまま携帯デバイス用の高圧縮データを作成して持ち出せること(要は、PSPへの「おでかけ転送」がやりたい)と、アナログは無制限に出来たこと。10回DVDを焼くなんて考えてもいないよね。

で、小寺さんの話は「地上波テレビなんて、どう見てももう斜陽産業なんだし、なくていいんじゃない?」って展開になります。だって、

  • ほっといてもテレビ番組は、保存する気も起きないくだらなくて刹那的なものになる
  • 保存したいほどのクオリティの動画コンテンツ(映画とか)は、わざわざ録画しなくてもレンタルでも動画配信でも専用チャンネルでも、他に見る手段はいくらでもあるから放送されなくても構わない
  • そもそも、ワンセグの画質で十分では?。12セグ分なんてデータがデカイだけ。イラネ

だもんと。

「テレビで映画を見る」というのは、まだ日本が貧しかったころの文化向上策であり、もはやそれに頼る必要はない

そうなんだよね・・・。アニメも別に地上波で流してくれなくていい。この間書いた「テレビアニメの終焉」というエントリは、私のブログにしてはかなり多いはてブを受けたんですけど、ある程度この感覚に同意してくれる人が多かったからだと思います。

考えてみれば、最近、テレビで見たもの・・・NHKはたぶん、見る価値があるものはアーカイブスに入ってネットでいつでも見られるようになる(この点で今のNHKの動きはすごい。広告の縛りがないというのは大きいんですね)。F1は、もう一般の人は興味を持ってないし、ファンはフジテレビ721で生中継と今宮解説を堪能してます。アニメは以前、言ったとおり。そもそも、全国的には地上波で見られない人の方が多い。ニュースは・・・これもCSに専用チャンネルがありますし、それすら見るのはしんどい。asahi.comからのRSSがあれば十分です。野球は、パリーグはYahoo動画で全部見られますし、巨人戦はワンセグへシフトしたし、阪神戦はGaoraで二軍まで見られます。ん・・・地上波で見たいものってなんだろう?

結果的に何がどうなれば成功なのかを、もう一度考えてみよう。答は本当はもう出ている。プライドがそれを受け入れられないだけのことなのではないか。

権利を制限してぎっちり守る戦略はテレビに価値があるから意味があるわけですけど、いい加減、見捨てられてると思いますよ。そもそも、広告でもっている以上「お金払ってでも見てもらわなくちゃ」というべきなのが地上波の放送ですよね。タダで見せている放送をどんどん見辛く、見辛くしていっているのって、どう考えてもおかしいです。

でも、ホント、テレビなんて別にもうどうでもいいです。早く私が見たいコンテンツが全部地上波から出て行ってしまうことを私は望んでいます。

|
|

« 君に届け/椎名 軽穂 | Main | 頭が悪いなら、黙っていればいいのに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

テレビとインターネットは将来境がなくなるに決まってるでしょ。
「テレビ」という機器は残るだろうけど、それが何を伝って映像が届くかなんて観る側はどうでもいいでしょ。
そうなると、テレビ局の生き残る道はこれまで積み上げた良質な映像をつくるノウハウを新参者には真似できんくらい圧倒的する事だよね。
もう1点は、後世に残るような素晴らしい作品を一つでも多く残す事だよ。
不朽の名作映像は、メディアがどんな形になろうとも、観たいという人々の欲求があり、そこにビジネスの種があるはず。
ゴミばっかつくらんと、財産いまから沢山残しとかないと未来はないよね。
それと、そろそろ頭のいい人が、コピーされればされるほど儲かるようなビジネスモデルをつくりださんかね?

Posted by: タコチン | June 13, 2008 at 11:35 PM

> テレビ局の生き残る道はこれまで積み上げた良質な映像をつくるノウハウを新参者には真似できんくらい圧倒的する事だよね。

実は、このノウハウはテレビ局にあるのではないらしいです。
http://blogmag.ascii.jp/kodera/2008/02/27171506.html

もちろん、映像コンテンツがなくなればいいと言ってるわけじゃなくて、あたしゃ映像コンテンツ大好きですけど、テレビというメディアは、うーん。

テレビ局は、ほんとこれからどうしたらいいんだろうねえ・・・

Posted by: Tambourine | June 14, 2008 at 12:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/41496568

Listed below are links to weblogs that reference 地上波モウイラネ:

« 君に届け/椎名 軽穂 | Main | 頭が悪いなら、黙っていればいいのに »