« Googleを支える技術/西田 圭介 | Main | 6/22のLifeにメールが採用されました »

F1GP#8 フランスGP

さて、いまや全く速くなくなった仏英独の「真夏の高速三連戦」でございます。いまや、どのサーキットも高速サーキットじゃなくなっちゃいましたが、今年の場合、まだ暑くもない(笑)

そんなフランスGPのポイントと言えば、こんなとこ?

  • 壊れる病再発のライコネン
  • マクラーレンいじめ
  • トヨタ表彰台!
  • ピケの命拾い

事前の予想通り、マニクールはフェラーリ優勢。予選でフェラーリの2台の速さは拮抗していましたが、今回は昨年通りライコネンが横綱相撲を・・・と思ったら、なんとまたライコネンはトラブル。エキゾーストパイプが外れてカウルが燃えるという前代未聞の事態に。どうもライコネンのマシンは壊れることが多い印象があります。まあ、今回はそれでもなんとか2位になれて、むしろラッキーぐらいの感じかも。マクラーレンが2台とも後方に沈んだのが大きいですね。

と、そのマクラーレン。全戦のハミルトンのピットレーンでの追突で10グリッド降格を受けたハミルトンに加え、コバライネンまで予選中のアタック妨害で5グリッド降格。さらに、レース中はハミルトンはシケインショートカットでドライブスルー。どのペナルティもちょっと厳しい気がするんですけど、シケインショートカットも国際映像にばっちり映っちゃいましたからねえ。実際、やむを得ないところだったと思うんですけど、前の車を抜いた直後だったために私でも「あ、まさか、これってペナルティになっちゃうんじゃ」と思ったぐらいです。あそこはあえて後ろの車を前に出してでもペナルティを絶対に避けるべきだったかもしれません。あれさえなければ、おそらくハミルトンはノーポイントは避けられたはずです。まあ、FIAからイジメを受けるのは強い証拠ですけど、ちょっとどうだろう。

そんなマクラーレンの不運と、BMW勢がここではからっきしということにも助けられて、トヨタは久々の表彰台です。レッドブルや、コバライネンの追撃を振り切っての3位ですからトゥルーリは立派なもの。コバライネンは逆にポイント取ったけどまたちょっと株を下げてしまったかも・・・。ともかく、オベ・アンダーソンの追悼レースを表彰台で報いました。

さて、またも株を下げ気味のNo.2なコバライネンとは逆に、ピケはやっと初ポイント。どうにかメンボクを保ちましたが・・・やっぱいまいち活躍したって感じでもないですねぇ。予選はQ2どまりだし。それより「抜かれねえぜ」と豪語してたアロンソがスタートでいきなりぶち抜かれて、結局ピケの後ろってのはどうなっちゃってるの?まあ、そのアロンソより前でフィニッシュしたってことでピケはすこし評価を上げたようです。とりあえず、これでシーズン中のクビはないかな?まだわからないかも。

さて、次はイギリス。当然、ハミルトンの母国初優勝なるかがポイントです。どうなりますことやら

|
|

« Googleを支える技術/西田 圭介 | Main | 6/22のLifeにメールが採用されました »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/41648346

Listed below are links to weblogs that reference F1GP#8 フランスGP:

« Googleを支える技術/西田 圭介 | Main | 6/22のLifeにメールが採用されました »