« F1GP#03 バーレーンGP | Main | 麺って書いてあるよ? »

誰がニートを食わすのか

なんか長くなっちゃった。意外とこの話に言いたいことがたくさんあったTambourineです。

結局、フリーターとニート問題は、社会システムの問題です。

これから、労働人口のうち、非正規雇用者の占める割合はどんどんと大きくなります。なぜか。人間がやれる仕事なんてたいした仕事じゃないからです。「俺にしかできない仕事」なんて、ほとんどないんです。そして、社会システム上、ないほうがいいんです。あるシステム上のタスクが個人に依存するような仕組みは間違いであり、リスクだからです。悲しいかな、人間は交換可能な労働者であることが求められているのです。

そういう価値観と社会システムを、どう成立させていくかが問題です。簡単に言えば、「フリーターが、フリーターを気持ちよく一生続けていける社会」を作ろうということです。

経済的な面は実はあまり問題ではないのではないかと思います。それよりも、会社に属していないと厚生年金や医療保険のサポートが得づらいとか、社会的信用が得られない(ローンが組めないとかね)とか、労働者としての権利が侵害されたときに団結する手段がないとか、そういった福祉システムのほうが問題です。

考えてみれば、日本は本来、行政がやるべき仕事を会社がやりすぎなのです。だから、会社の負担も大きいし、会社に属しているメリットが多すぎて雇用が流動化しないのです。

とにかく、日本ではフリーターでも食っていけるし、これから正社員がやっていた仕事もどんどんフリーターのものになります。フリーターの未来は明るいのです。ただ、フリーターだと病気したら即貧困層まっしぐらなんて不安定な状態だけをなんとかしてあげればいいのです。もしかしたら、今、まさに政治の季節なのかもしれませんな

格差社会です。しょうがないです。今に始まったことでもありません。正社員になれた人は運がよかったか、勉強に向いていたか、コネがあったか、多少なにかに恵まれていたんでしょう。そういう人が、同世代より少しリッチな生活をするでしょう。その代わり、辞めるまで競争の中におかれ、人間関係に疲れ、転勤で住むところをころころと変えられます。すごくがんばって、年収1000万まで出世してもそれほどお金で報われることはない国ですし。

アイネイアーはいいました。「選べ。もういちど」と

|
|

« F1GP#03 バーレーンGP | Main | 麺って書いてあるよ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/40773352

Listed below are links to weblogs that reference 誰がニートを食わすのか:

» 2002年より正社員も [【年収】気になる他人の年収]
33歳 男 会社員 年収 330万(税込) 2002年より正社員も時間給になって、給料大幅ダウン 社長のバカヤロー! [Read More]

Tracked on April 26, 2008 at 12:23 AM

« F1GP#03 バーレーンGP | Main | 麺って書いてあるよ? »