« SI現場に必要なもの | Main | しつこくNiGHTS:この面だけでもやる価値アリ »

ワーズギア

年々、仕事場へのPCの持ち込みが厳しくなります。

しかし、今や作業手順書もHTMLで書きますし、マニュアルは大抵がPDF(悪くすれば、オンラインしかない)。何か、PDFが表示できる(そして、ネットワーク機能やカメラ機能がない)専用ハードとかがあれば便利かもしれません。

というわけで、なんかいいのはないかと探していたら、WordsGearというのが見つかりました。松下がΣブックの後継として開発した電子出版端末のようです。詳しいことは、「最強読書生活」というワーズギアのサイトを見てください。

どうも、当初はこのサイトから買った本しか読めなかったようですが、今年の5月にPDF表示がサポートされたようです。マニュアルを入れることを想定していたのでもうすこし大きい方が良かったんですが、なかなかよさそうな感じです。

というわけで、買ってみました。意外と高いですが、まあ、人柱、人柱。

P1010396

というわけで、まずは試しに1冊。こんな感じ。セレクションは問うな。選択肢ないんだよ・・・。で、やっぱり意外と小さいです。文庫本と並べても

P1010397

こんなモンですからね。厚さの方も

P1010398

電池の部分は仕方ないにしても、十分な薄さです。重さは、さすがに文庫本よりは重いです。小さいだけにちょっとずっしり来ますが、片手で無理なく保持できます。

Wg

こんな感じ。字はかなり読みやすいです。というか、ケータイ小説とか読むこと考えたら雲泥の差。マンガも売ってます。容量でかいし、読み込みもすこしかったるくなりますが

P1010400

普通に読めます。だから、セレクションには突っ込むなって。

さて、お待ちかねのPDF。画面が小さいのが難点ですが、回転表示できるのがよいところ。まず、マニュアルから

P1010401

カンペキに読めます。しかし、検索機能がないので、この例だと、コマンド名までわかっていないと調べられません。まあ、そうだとしても役に立ちますね。次にPowerPointの資料

P1010402

全部の文字がちゃんと読めます。うーん、素晴らしい。液晶は1280×600ですからこの資料だとSVGA相当で表示されてるので、そりゃ読めちゃうはずです。そして、私の普段書いてる手順書も

P1010404

この通り。HTMLの表示機能は残念ながらありませんが、PDFへ印刷しちゃえばちゃんと読めちゃいます。

あとは、専用ソフトからしか文書を転送できないのがイタイんですがなかなか面白いですね、これ

 

 

|
|

« SI現場に必要なもの | Main | しつこくNiGHTS:この面だけでもやる価値アリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

たむーの手順書、かなりキレイっすね。
参考のため一度読んでみたいなぁ(`・ω・´)。

小説とマンガのセレクションは(ry

Posted by: ふみ~ | December 18, 2007 at 10:58 PM

まあ、タイトルが出てる本の方はまだしも、そのページからだけでなんのマンガかわかるキミの(ry

Posted by: Tambourine | December 18, 2007 at 11:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/17378933

Listed below are links to weblogs that reference ワーズギア:

« SI現場に必要なもの | Main | しつこくNiGHTS:この面だけでもやる価値アリ »