« エンディミオン/ダン・シモンズ | Main | TVClock »

実現したいのは、政権か政策か

先週は、民主党の小沢代表が辞める辞めないの騒ぎがありました。

いろいろ思うところはあります。例えば、「小沢さんって、もしかして結構さみしんぼう?」とか(笑)

その中で一番思うのは、「民主党が大人になれないな」ということです。大人になれないというか、国民の方を向いていないなと。

大連立に対して批判的な民主党議員がこんな事を言います。「この前の参議院選挙では、民主党は自民党からの政権交代を実現すると約束した。大連立はそれを裏切る行為だ」と。

いや、ちょっとまってくれよ

国民は、民主党に政権を取らせるために民主党に票を入れたのか?そうじゃないだろう。民主党の主張する政策を気に入ったから票を入れたんじゃないのか?その結果、参議院で民主党は第一党になり、ねじれ国会を生みだして大きな発言権を得たわけですよ。この間の参議院選挙で、民主党に票を入れた人には、まあ、それぞれいろんな思惑があるだろうとは思うけども、建前上はそういうことでしょう?

だったら、それに見合った働きをしろ!

テロ特措法を廃案にするのがあんたたちの仕事か?ちがうだろう。他にもやりたいこと、やるべき事、約束したことはあるんでしょう?そもそも、どんなに頑張っても自民党がその気ならばテロ特措法は成立するわけですよ。だって、衆議院取ってるんだから。

ただし、全部が全部に強行姿勢をとるわけにも行かず、影響力を持っていることを福田さんは認めているからこそ、向こうから大人の対応の準備があるよと言ってくれてるわけじゃないですか。サラリーマン的感性から言えば、元サラリーマンの福田さんはやっぱり近い感覚を持ってると思います。よっぽど国民に近いですよ。そもそもテロ特措法がそんなに酷い法律なわけないでしょう。だって、もうやってることを継続するだけなんだから。じゃあ、それは通してあげるから、かわりに民主党の政策をひとつ通してよと、なぜ言えない。

もっと言えば、「政策は閣内での協議の上で実行することを条件に防衛大臣をくれ」ぐらいのことを言えばいいんですよ。守屋氏を証人喚問するより、民主党から大臣を出し、自民党に副大臣を出させて強力に汚職を洗い出せば、次の衆議院選挙では絶対に勝てます。桝添さんがどれだけ露出してるか。どれだけ自民党の宣伝をしているか。現状認識が甘すぎます。

まあ、現実問題として防衛大臣はくれないと思いますが、なり手がいなくてこまってた農水大臣ぐらいならくれたかもしれないのに。あそこをもらえば幾らでも手柄を立てられたのに。昔、厚生大臣に菅直人さんがなったときに、一気に情報が出たり、対応が変わったりしたことがありました。ああ、あれが政権交代というものの効力なんだなあ、たまには政権交代があることがやはり健全な政治体制なんだなあと多くの国民は納得したと思うのですが、それと同じことをひとつの省だけでもやってみせればよかったんですよ。そこで、いい働きをすればみんな思いますよ。じゃあ、民主党に全部やらせてみよう。そこで、自民党がやるのと何にも変わらなければダメですけどね。もちろん、揉めるに決まってます。でも、それこそが見せ場ですよ。

それを、なんだか「敵と通じるとはけしからん」みたいなガキの理論で反発されちゃうようじゃ、そりゃ小沢さんも辞めたくもなるんじゃないの?

最後に。民主党は、自民党と政策協議でも、閣外協力でも、閣内協力でも、部分連立でも、大連立でもなんでもやればよろしい。それが、自分達の政策を実現させるためならば、自民党の権力を少しでも削ぐものならば、何でもやればよろしい。そういうなりふり構わない真剣さがあるのならば、私は次の選挙で民主党に入れよう。封印していた(笑)自分の選挙権を今こそ行使しようじゃないか。

ただし、絶対に選挙協力だけはしてはいけない。それさえしなければいいんですよ。

あ、そうそう。公明党さん。今回、すっごくピンチだったのは実はあなたたちだからね?わかってると思うけどさ(笑)

|
|

« エンディミオン/ダン・シモンズ | Main | TVClock »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

小沢党首は会見で、

民主党の現状について「様々な面で力量が不足しており、政権担当能力に対する疑問が提起され続け、次期総選挙での勝利は厳しい情勢だ」という見方を示し、「あえて政権の一翼を担い、政権運営の実績を示すことが民主党政権を実現する近道だ」と強調した。

って言っているのですね。

なんだかんだ言っても、自民党の幹事長だった人ですから、万年野党の議員と腐っても自民党議員のレベルの差がわかるんでしょう。

だから、政策協議をしてレベルアップして、民主党の実力を見せて、次の選挙で勝つ、という算段だったんでしょうね。
代わりに、民主党としては、テロ特措法は原則主義に基づく形ならば認めてやる、それで自民党もアメリカに対して面目が立つだろうと。

うまい戦法だと思うんだけどねぇ。万年野党の人間からすると、自民党と反対することが、政策を実現することよりも先なんだろうね。バカだよね。

Posted by: nac | November 13, 2007 at 07:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/17012127

Listed below are links to weblogs that reference 実現したいのは、政権か政策か:

« エンディミオン/ダン・シモンズ | Main | TVClock »