« 走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹 | Main | "文学少女"と繋がれた愚者/野村美月 »

DDD/奈須きのこ

版型がヘンタイでブックカバーがかけづらい講談社BOXは敬遠してたんですが、出先で本が切れてつい買ってしました。

あいかわらず、きのこ風怪奇小説であることは変わらないんですが、登場人物のキャラクターがかなり違うので、「空の境界」なんかとはかなり味付けが違います。で、そのキャラクターなんですが・・・これはどう見ても意識してるとしか思えませんが、戯言遣いですなあ。

小説の構造が似ているというわけではないのですが、キャラクターは非常に似ています。サヴァンがいて、いーちゃんがいて、赤い請負人がいて、巫女子ちゃんがいます。アッチはミステリーを装った怪奇小説で、コッチはもうこれ以上ないほどの怪奇小説なので、ある意味、オマージュとしては真っ当って気もしなくもないですが。

世界観の作り方や、設定の妙はやはり圧倒的に奈須きのこに軍配。相変わらず、すっごい面白いです。ただねえ・・・また、時間がまっすぐ走らないから読みづらいんだ、これが。別に読みづらいからと言って面白くないわけじゃないんですが。登場人物同士の関係も行ったり来たりする上に、例によって書かれてる登場人物が本当にその人かどうかわからなかったり、一人称が誰のことだかわからなかったり、あからさまに何かが書かれてないことがアピールされてたりで読むのに時間がかかることだけは間違いがないです。

さて、2巻は・・・なんか全編が野球の話らしいですよ?えっ?

|
|

« 走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹 | Main | "文学少女"と繋がれた愚者/野村美月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/16981320

Listed below are links to weblogs that reference DDD/奈須きのこ:

« 走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹 | Main | "文学少女"と繋がれた愚者/野村美月 »