« [Nippon2007]415411 SFセミナー:テッド・チャンインタビュー in Japan | Main | [Nippon2007]まとめ »

September 09, 2007

[Nippon2007]416301 アニメ・シンポジウム 徳間書店主催「メカ・デザインと監督のおもしろさ」

「パトレイバー」「ラーゼフォン」の出渕裕、「マクロス」の河森正治はメカ・デザインからシリーズ総監督、脚本へと仕事を広げている。その作品世界を創る発想の真髄を討論する。

最初、ラーゼフォンの19話、Bパートを「おさらい」として上映。ラーゼフォンは全然みたことが無いんですが、ティピカルとはいえ、なかなか泣かせる話・・・なのに一番いいところで徳間の人がケーブル踏んで上映止めました(笑)。やるなー

壇上には

P1010059

出渕さんと

P1010062

河森さん。デビュー作品が同じ(ダイモスだっけな)なので、出渕さんが30周年ということは河森さんも30周年なのだそうです。おめでとうございます。

さて、お話はメカデザイナーという職種と、その職種を生み出したヤマトのメカの魅力、そして、現在の監督作品についての楽しいお話だったんですが、どうしても気になることがあって途中退席。それは

P1010064

ハレハレ踊りでした(笑)

 

|
|

« [Nippon2007]415411 SFセミナー:テッド・チャンインタビュー in Japan | Main | [Nippon2007]まとめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/16387500

Listed below are links to weblogs that reference [Nippon2007]416301 アニメ・シンポジウム 徳間書店主催「メカ・デザインと監督のおもしろさ」:

« [Nippon2007]415411 SFセミナー:テッド・チャンインタビュー in Japan | Main | [Nippon2007]まとめ »