« [Nippon2007]312416 サイバーパンクの部屋 | Main | [Nippon2007]316303 すごい科学で守ります! 東映スーパー戦隊SF考察 »

[Nippon2007]314418 おたくスタディーズ

「網状言論F改」のメンバー+αによるおたく論のディスカッション。テーマはセクシュアリティ。おたくをセクシュアリティ論で語る是非から問い直しつつ、ジャンルSFの特質論へつなげていきたい。「萌え~」って何かを知りたい人は集合!

東浩紀さんのパネル。東さんは今回は完全に司会者

P1010010

左から、東さん、「戦闘美少女の精神分析」の精神科医の斎藤環さん、社会学の金田淳子さん、うつってませんけど、金田さんの右にマーク・ドリスコルがいます。

P1010011

「テヅカ・イズ・デッド」の伊藤剛さん、「エロマンガ・スタディーズ」の永山薫さん、言わずと知れた竹熊さん。脳梗塞から復帰したとは思えないお元気さで安心しました。

P1010016

パネリストが多すぎて、机も発言の機会もあまりなかった小谷真理さん。

さて、テーマは「萌えとセクシャリティ」。まずは、一人10分でコメント。

斎藤さんは、「萌えを前提する感性としているので、オタク学で萌えは定義できない」というなかなか難しい話。関連して「おたくゾンビ」という、オタクではないのにオタクのフリをしてるけど、ばれてしまう人は何が足りないのかなんて話も。

金田さんは、「社会学の見地からは、セクシャリティの根本はわからず言説をまとめることしかできない」としながらも、「腐女子も、現実の恋愛においては大抵はヘテロセクシャルなんだけど、ただそれは、まだ社会規範の要請によるものが多いのかもしれないという感覚がある」「やおいの性描写では、人物の外面的な描写よりも内面的な描写が大事。特に受け側が良く喋るか、あるいは内面が描写されることが多い」なんて話

P1010015

これは、例として示された「ジパング」の「アーッ」な同人誌

伊藤さんは、「テヅカ・イズ・デッド」を引用して、いわゆる「まんがのおばけ」が持つキャラの半透明性がエロチシズムを支えてるんじゃないかという話

永山さんは、今の萌えブームとエロマンガが出てきた時代のロリコンブームとを比較して、ホントに自分のセクシャリティがロリコンであるというのでなく、自己申告制で祭りの要素が強かったという話。

竹熊さんは、もう少しフリーなスタイルの話でロリコンブームの頃の話。あと、秋から始まるあたらしい「サルまん」の話も。「今回の仮想敵は赤松健」だそうです。相原コージさんが「ネギま」を読んで、「登場人物が全員美少女って、オレの常識ではあり得ないんだが」とショックを受けていたという話をしてました。まあねぇ、普通、それじゃドラマにはなりませんよ。「事実、なってないんじゃないじゃんか」という噂もありますが(笑)

そして、マークが、話を振られて、日本の現状と核家族化の問題を提議。それを受けて斎藤さんが「日本の若者文化って(安保・学園闘争以後は)、ずっと『反社会性』じゃなくて『非社会性』になってるのもそういう影響があるよね」という様な話。ほう、それは面白い観点ですな

東さんが、「そういえば、金田さんは萌えって言葉を使ってないね?腐女子の世界って○○萌えとかってあまりないのかな」と振ると、「なくはないけど、どちらかというと関係性を類型化するのが多いかも。年下攻めとか、ヘタレ攻めとか」と。「今、オタク学の最前線は完全に腐女子だけど、それは類型化された男性の○○萌えなんかが完全に行き着くところまで行っちゃったからかな」という話がでると、「でも、『ツンデレ』は関係性だよな」と。んー、なるほど・・・

ここで、東さんが「萌えという言葉が、今の中でも『プロトコルとしての萌え』とか、いろいろな意味で使われてるけど、ここでは『画像が呼び起こす感情』に絞って話をしたいんだけど、男性向けの絵柄と女性向けの絵柄ってかなり違うと思うけど、萌える絵の性差ってあるんだろうか?」と問題提議

これに対して、伊藤さんが「男は、少女漫画の面長で切れ長の顔はないよな」という話が出て、あの絵がどこから来たのかという話題に。「グラムロックのファンジンから輸入された」とか「少女漫画で丸っこい女性キャラと対比して描く上で、あれがやりやすいんじゃないか」とかそんな話が。永山さんが「やおいの世界で、丸っこいキャラと尖ってるキャラの割合ってどれぐらい?」と尋ねると、金田さんが「半々ぐらい?一つの作品で攻めが尖ってて受けが丸っこいなんてのもある」と。まあ、このあたりは「歴史的経緯と文化的背景で、あんまり性差じゃないんじゃないかなあ」というような感じでまとまったような感じで、時間切れ

しかし、オタクのメインストリームは腐女子になってしまったのでしょうか。まあ、今、センセーショナルなのはそこかなあ。男のオタクは珍しくも何ともなくなっちゃいましたからね

|

« [Nippon2007]312416 サイバーパンクの部屋 | Main | [Nippon2007]316303 すごい科学で守ります! 東映スーパー戦隊SF考察 »

Nippon2007」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/16335962

Listed below are links to weblogs that reference [Nippon2007]314418 おたくスタディーズ:

« [Nippon2007]312416 サイバーパンクの部屋 | Main | [Nippon2007]316303 すごい科学で守ります! 東映スーパー戦隊SF考察 »