« のび太もここまではしない | Main | 日経ソフトウェアのRuby特集 »

双生児/クリストファー・プリースト

たまたまYukaさんがみっけた書評に惹かれて購入しました。予備知識0です。

読みました。頑張って読みました。歯ごたえがありましたー・・・

部分部分の描写は生き生きしてるし、けして読みづらい話ではないんですが、物語は時間が行ったり来たり、主人公も行ったり来たり、ついにはパラレルワールドを行ったり来たり・・・読んでいて、今、どの節の歴史とつながっているのか、いったいいくつの併行世界が語られているのか大混乱。最後の最後のページで、えええーっとなって、

「ちょっと待って、ちょっと待って・・・ということは、ええーっ?」

いやー、大変。大森望さんの解説を読んでなんとかまあ気持ちは落ち着きましたけど、そもそも冒頭に決定的にこの世界のルールを破る描写が実はあったことが最後に判るという、なんともはや、すごい小説です。はぁ~

大森さんは「大傑作」って評してるし、ネットの感想もかなり評判はいいみたいです。私も、この小説がすごいことは認めますけど、少なくともどんでん返しでカタルシスがあるって様な小説じゃないし、「あー、面白かった」と読み終えることは出来ませんでした。辛いわー

例えて言うなら、まったくルールの判らない球技をずっと見ていて、それぞれの選手の熱い戦いに何とか感情移入してボールを追っかけて見ていたら、試合終了後、実は勝敗は選手のファッションで決まりますと言われるような、そんな気持ちです。ええー、ちょっと待って。じゃあ、そのルールでもう一回見るから試合を戻してーって感じ。

ま、興味深く読んだし、結果を追わないパラレルワールドものってのは、すごいと思うんですけど、楽しめたかというと・・・私は野球が好きだなーって感じですかね(笑)

|
|

« のび太もここまではしない | Main | 日経ソフトウェアのRuby特集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

TBさせていただきました。

評判どおりで面白かったです。
正直重厚すぎて歯が立たない感じはしましたが・・・。
虚実入り乱れて、本当に不思議な魅力に満ちている一冊でした。

Posted by: タウム | December 09, 2007 at 11:29 PM

すごいですよね・・・ホント、ライトノベルの対極にあるような本でした。ちなみに、「奇術師」も買ってはあるんですが、積読です。そのうちに手を出します^^;

Posted by: Tambourine | December 10, 2007 at 12:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/15573653

Listed below are links to weblogs that reference 双生児/クリストファー・プリースト:

« のび太もここまではしない | Main | 日経ソフトウェアのRuby特集 »