« 助け船 | Main | メガてりやきは食わない »

空とタマ/鈴木 大輔

子供ってのは、実は自分が子供だってことはよくわかっているものです。だからこそ、イライラして、空回りしてしまい、周囲から「ガキだな」と思われてしまうわけで。

そういう14歳ぶりが良く書けていて、感心してしまいました。あまりに主人公が14歳なのが微笑ましくて、読みながら感情移入する先がないっちゃないんですが(笑)、まあ、それでも14歳っちゃ、こんなものよね。

お話は主人公である空が、家出先の廃屋で女性と出会う話です。ボーイ・ミーツ・ガールっぽい設定なのに主人公がものすごく14歳なので全く恋愛話にはならないワケですが。つか、この表紙のタマは、なんか違うだろ・・・

SFでも、ラブコメでも、ミステリーでもなく(なんじゃ、富士見ミステリー文庫って。ミステリーファンにぶん殴られるぞ)、至極まっとうなジュブナイル。青春まっただなか。コミカルな調子で始まって、なかなか胸苦しい展開に持って行き、読了感は爽やかの一言(ハッピーエンドとは言えないんですがね)。素晴らしい。あまり普段、本を読みません・・・というような若い人が読んだら墓場まで持って行きかねない直球の感動が味わえます。

これは、東浩紀的にいうところのライトノベルではないですね。コアなミステリー好きのための新本格が偏ってどんどん袋小路的な進化を遂げていったように、ライトノベルもターゲットとウリを絞った企画書が通り易い作品が増えているような気がする中、こういう作品がすみっこにぽっとあるだけで、ラノベブームも捨てたもんじゃあないなあと、そんな気持ちにさせられる1冊でした。オススメです。あ、キミは「どこがミステリーじゃ!」と破り捨てる方の人なので読まなくていいです(笑)>ドック(仮名)

|
|

« 助け船 | Main | メガてりやきは食わない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

同じ14歳を扱ったテーマのコンテンツなのに
↓との雲泥のさはどういうことなんだぜ?(´・ω・`)

http://www.pia.co.jp/pff/14sai/main.html


また見に行った映画ハズレだったよ~(;´Д⊂)。

Posted by: ふみ~ | June 17, 2007 at 12:11 AM

うお、またびみょーなもの見にいっとるなぁ(笑)

Posted by: Tambourine | June 17, 2007 at 02:14 AM

「若手監督がPFF受賞!渾身の力作!」
みたいなキャッチコピーが某所でついててつい…orz。

Posted by: ふみ~ | June 17, 2007 at 09:37 PM

いや、その心意気や、よし

Posted by: Tambourine | June 17, 2007 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/15405084

Listed below are links to weblogs that reference 空とタマ/鈴木 大輔:

« 助け船 | Main | メガてりやきは食わない »