« ハルヒを買いに本屋に行く | Main | ハルヒを買いにきた本屋にて そのいち »

アニメーターMADとアニメの批評

にゅーあきばどっとこむの日本が誇る作監の作風が分かるおいしいところ詰め合わせで、アニメーターMADって動画が紹介されてます。代表なアニメーターの作風を紹介する動画です。

アニメーションを作画のレベルで批評することが、あんまりされてません。物語を軸としたり、キャラクターを軸としたり、声優を軸としたりして批評されることはよくありますが、作画はやはり一般にわかりづらいという面があります。そもそも、1本のアニメが一人で作画されるわけではないですし。

ただし、「動いてこそのアニメーション」というのも確かなこと。正確に時間をコントロール出来るが故の気持ちのいい動き、現実では不可能なカメラワーク、キャラの内面まで画面にぶちまける奇想天外な絵。そういうものを批評するのは大事なことですね。

通のアニメ好きの中では「今日のセラムンは幾原さんの作監の日だからみなきゃ」なんて会話があるわけですが、メディアにむかってこのレベルを語っている人というと、アニメ様こと小黒祐一郎さんぐらいしかいません。それに、アニメ様のホームは雑誌媒体なので、「○○の×話の、▲■のシーンはすごかったです。あれは、☆★さんの作画ですか?」とやったところで、見てない人はわからないわけで、いまいち視聴者側の教養(?)がついて行かないとこもあります。

ところが、こうやって動画にまとめてもらえれば、誰でもわかる。うーん、このスタイルで春の新番組の作画レベルのアニメ批評をだれかきっちりとやってくれないものですかな。そうすれば、もっとアニメおよびアニメーターが評価されて、アニメの世界にもプラスになると思うんですが。

もちろん、そうやって編集され手を入れた批評作品に対して、「著作権侵害だ!訴えてやる!」なんて言い出すようでは、これはもう目も当てられないアホっぷりなわけですけど。わかってますよね?

|
|

« ハルヒを買いに本屋に行く | Main | ハルヒを買いにきた本屋にて そのいち »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/14466890

Listed below are links to weblogs that reference アニメーターMADとアニメの批評:

« ハルヒを買いに本屋に行く | Main | ハルヒを買いにきた本屋にて そのいち »