« October 2006 | Main | December 2006 »

Jannyのお芝居の感想

さて、Jannyのお芝居の感想を今頃。

まず、全体としては想像よりかなりよかったです(笑)。小演劇のスタイルだから、舞台上のウソを全部引き受けて成り立たせる役者体ってのが必須です。これを成立させる力量のない役者だと、「白い板をほこらの扉と言われても」「いや、木刀で人は斬れないし」「頭にクマさん被って悪役ぶられても」とどんどん芝居は辛い方向へいってしまいますが、それを「これは台本がある絵空事だが、それでも俺の心情は本物だ!」と言い切れる役者のパワーがあればいいわけです。そういう意味の「パワー」をびんびんに受けました。特に、長(おさ)を裏切る役の役者さんは発声も、身体の切れもよくて出てきた瞬間に「チョイ役では終わらないぞ」という予感をもりもりさせたので、先の展開が読めました(笑)。素敵な役者さんでしたね。主役の役者さんも頑張ってたんだけど、キャラ的に感情移入しづらい役だったので最後、主人公側のリクツに説得力がなくなって見えるぐらい、よかったですね。

あと、長の下につく女性のなまりとそこから作り出されるキャラが素敵でしたね。主役が愛されないキャラなだけに、ほっと息がつける、みんなに愛されるキャラを楽しく演じていたことは、この芝居全体をしっかり支えていたと思います。

ちなみに、作・演出のJannyどんは、あまり重要じゃない(葛藤のない)役で登場。物語の構造を背負っていない役なので、わりとやりたいようにやっててズルイ(笑)。バナナ食いながら出てきて、殺されちゃう役。オイシいですな。

さて、Jannyが作・演習と言うことで、脚本にも注文!こう、さらさらとホンを書いて、最後に悩むのが

  • 役名
  • タイトル
  • ラストシーン

ラストは迷ってるのがありありとわかるような感じでした(笑)。なかなか自分の世界に帰る踏ん切りのつかない主人公は、たぶん、この話をどう締めくくったらいいかわからないJannyの気持ちを反映してああなっちゃってるに違いない。ちょっと可笑しかった。

役名も、特に名前を呼ぶ必要もないと、つけるのがすごくめんどくさいのはわかるんだけど、でも、つけてくれないと、こっちがアンケート書くのに困るんですけど(笑)

タイトルは・・・イマイチね。だって、結局覚えられないし。ま、書いてるほうとしては、そんなところに力をいれるぐらいならって思うんだよね~

最後に、テーマ的なこと。構成としてはうまくまとまってたと思うんだけど、じゃあ、今、Jannyが書きたいことがこれなのかというと、ちょっと疑問を感じちゃいます。時間や役者の構成なんかの制約のもと、ちゃんと成立するものを書いているのは素晴らしいと思うんだけど、このテーマはもう一つ、「パンツ脱ぎきれてない感」があります。その辺が、最後、すっきりと飲み込めない小骨だったかも知れません

でも、とにかくひさしぶりに生の役者のパワーを、それもすごくちかいところから浴びて、凄く楽しかった。元気をもらっちゃいました。お芝居はいいね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

綾辻行人・有栖川有栖からの挑戦状(1) 安楽椅子探偵登場

随分と前に買ってあったDVDなんですが、やっと見ました。

ミステリーファンにはどちらもお馴染みな名前です。私は・・・読んだことあるのかどうか、記憶ない(笑)

この二人が考えたミステリーを「出題編」「解決編」の二つにわけて放送して誰が犯人か懸賞金をかけて募集したというダ・ビンチの読者にはお馴染み(らしい)の番組・・・のDVD化

で、主役がキャラメルボックスの西川さんだったり、第三舞台の大高が「朝日のような夕日をつれて」の小劇場病のパロをやったり、ヒロインも第三舞台の長野里美だったりで、小劇場ファンにはたまらない配役。ドラマを十分楽しめちゃいます。

そして、しっかりドラマ仕立てだと思っていたら、口あんぐりの解決編の展開に大爆笑。いやあ、これ、面白いね

謎解きの方は、反則の瀬戸際でアウトって感じなんだけど(笑)、解決編の構造自体が面白い。リアリズムのドラマやめちゃうのかよ~

続きも買ってみようかな。たぶん、仕掛けはどんどん反則になっていくんだろうから、後のシリーズのほうが評判は悪くなるんだろうなと思うけど、あと2つぐらいはこのまま楽しめるかしら

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

仔羊の巣/坂木司

青空の卵」の続編。「青空の卵」をドック(仮名)に返したら、次を貸してくれました。

なんか、どんどんBLっぽくなりますな(笑)。最初の1ページ目から、「いやあ、これは男の作家は書かないだろう」と思う言葉が出てきました。

両想い

コレ、普通、男性のボキャブラリーの中にはないんじゃない?(笑)

やっぱり女の子とオカマが、登場人物として生き生きしてるしね

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ディアスポラ/グレッグ・イーガン

読むのに時間かかった~。いやー、でもイーガンはホントすごい。ハードSFの名にふさわしいやらかしっぷりが爽快です。

主人公は、肉体を捨ててコンピュータ上のソフトウェアとして生きている人々の一人です。ここまでだったら、取り立てて珍しくも難しくもないSFではありがちな設定なんですが、主人公は、この中で、意図的に他の人と遺伝的なつながりを持たずに発生段階をおくる、「孤児」として生まれます。

で、この小説は、そういう前置きを一切抜きで、「孤児誕生」の描写から始まります。ソフトウェアを遺伝子的に扱って、それが意識を持ち、自我を持つという過程を、なんの説明もなく描写するんです。それを読んで、「あー、ようするに人間がソフトウェアに置きかえられたあとの時代の話なのね」とわかるだけのSFの教養が必須。全編、そんな感じです。うひ~。面白いけど、物理学科卒以外の奴にはよう薦めまへん。参考文献に、へーぜんとPhysics Letter Aとか出てくるもんな(笑)

ま、頭くらくらしたいひとはぜひ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

久しぶりに鴻上さんの芝居を見ます!

久しぶりに鴻上さんの芝居を見に行きます

僕たちの好きだった革命」です。3/3の18:00の回に行きます。たのしみら~

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

超生命体 トランス"リフォーマー"

久しぶりに実家に帰ってきたら、部屋がリフォームされてました。私が昔使っていた部屋は敷居がなくなり、リビングに一体化していました。まあ、もう両親2人ですから部屋数が多くてもしょうがないですからね

風呂場も変わってました。手すりがついてました。そうかー、そろそろそういうことも気にしなくちゃなのか。

便所も変わってました。便器がウォシュレット装備になっていました。ウォシュレットは私も好きです。「お尻もきれいにして欲しい」は名コピーだと思います。

でも、便器のフタまで電動とは。フタぐらいは手で開ければいいと思うんですがね

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

池袋で芝居見物

23日に、LSメンバーのJannyさんのお芝居を観に行ってきました。池袋まで(笑)

普通に勤務の日なのに15時ぐらいに手ぶらでリーダーに「じゃ、ちょっと遊びに行ってきます」と言い残し、平然とそのまま新幹線に乗り、浜松から池袋まで移動しました。そんなことが許される会社でよかったです。いや、もしかしたら許されてないけど、私が気がついてないのかも知れませんけど。一生、このままいきたいです。

そんなわけで、集まったメンバーは、

  • Luminus
  • Barubisu
  • Milue
  • Chatla

と、私の5人。お芝居の感想はまた書きますが、堪能。その後、ルミのいきつけの軍鶏のお店へ行きました。肝心のJannyは楽日なので打ち上げがあって、参加できず。残念です。

鍋、美味しゅうございました。お刺身、美味しゅうございました。焼き鳥も美味しゅうございました。雑炊も美味しゅうございました・・・。で、話題はやっぱりずーっとFFの話でした(笑)。目をキラキラさせて、LuminusのDS版FF IIIを見てるMilueが印象的でした。そして、こう言いました。

「ちょうだい!」

買いなさい、オトナなんだから(笑)

そんな感じで、12時過ぎまで飲んでしまいました。その晩は東京泊で朝の新幹線でまた浜松へ移動して出勤。

・・・いやあ、もう若くないんすよ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事/小黒祐一郎

「アニメージュ」で連載のインタビュー記事をまとめたもの。98~01の30回分。いろんな種類のオタクがいると思うけど、私は何より面白い者を観たら、作っている人が気になるタイプなのでこの連載はとても好き。アニメに興味のない人だったら、インタビュイー30人の誰も知らないなんてものかも知れませんが、それなりに最近のアニメ業界に興味を持っていれば何人かは名前を知っているはずです。

「しんちゃん」の原監督、「こどちゃ」の大地監督、「大運動会」の脚本の黒田さん、「アベノ橋」の作画監督の今石さん、ガイナのてんちょこと佐藤さん、「スレイヤーズ」の渡部監督、「練馬大根ブラザーズ」のナベシン監督、90年代のアニメの重鎮のキングレコードの大月プロデューサー、外道ことあかほりさとるさん、「ハガレン」の水島監督、「時かけ」の細田監督、「ガンダムSEED」の福田監督、ご存じサムシング吉松、「パト2」のアニメーターの黄瀬さん、「フリクリ」の鶴巻監督

この辺りが私が事前に知っていたお名前でしょうか。半分ぐらいだなあ・・・

世の中にはいろんなアニメがあるわけですが、このインタビューを読んでるとその中で中心となる流れがどんなものだったのか、おぼろげに見えてくるような気がします。貴重な本ですな、アニメオタクにとっては(笑)

現在もこの連載は続いているわけで、はやくどんどん出して欲しいです

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

また邪推

全然、予想外じゃなかったトラブルのお詫びとして、ソフトバンクは新料金プランの10月の請求をしないことにしたらしいです

ケータイWatchの記事

ソフトバンクモバイルは、10月26日より導入した新料金プランの受付トラブルなどを受け、新料金プランの契約ユーザーを対象に10月31日までの利用料を請求しないことを明らかにした。

とか言って、私が思ったとおり新料金プランの料金計算システムの変更がまにあわなかったんじゃないの?(笑)

しかし、こういう逃げがあるとは思いつかなかったなあ。予想GUYデス

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

マックフルーリーうまっ

マックフルーリーうまっ

これはオレオ

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

けものぐい

後輩のかにかにとpinchosに誘われて、松坂牛を食べにいってきました。同僚の同僚的なN-O嬢と、その友人のHBさんと5人でおでかけ。

完全にスケジュールも後輩におまかせで、お気楽についていきました。

土曜の昼は伊勢でかき定食を食い、合歓の郷でアーチェリーをやり、レーシングカートに乗り、オフロードバギーに乗り、かに2が遅れてきたHBさんを迎えに行っている間、30分、pinchosに卓球でしごかれ、温泉につかり、宿で刺身をたらふく食い、バレーボールの日韓戦を観ながら飲んだくれました。

なにも、1文で書かなくても(笑)

Sn330011

お昼のかき定食とN-Oさん

Sn330013

Sn330014

アーチェリーをやるpinchosとかにかに。かにくん、ヘッドアップしすぎです

日曜は、松坂の有名なお店(らしい)牛銀でメインイベント

Sn330015

すき焼きもしゃぶしゃぶもあるらしいとのことでした。せっかくいい肉なので、甘辛くしてしまうよりはしゃぶしゃぶのほうがいいかと思ったんですが、店のおばちゃんに、「せっかくだからすき焼きにしとけ」と言われ、それじゃあとすき焼き。1万円のコースでお願いします

すき焼きは完全にお店任せ。自分の取り皿に取り分けるところまでおばちゃんが鮮やかな手並みで捌いてくれます。その代わり、ご飯は自分たちでよそいます(笑)。すき焼きのやり方は私にはなじみ深い関西式。まず、肉を入れてたっぷりの砂糖と醤油で炒りつけて頂きます。で、その後、肉を焼いたあとの鍋で野菜を煮る。それを繰り返します。

いきなり、鍋に割り下を入れてしまうのは認めません。それはすき焼き風牛鍋にすぎん!

Sn330016_1

というわけで、一人あたりはB5版ぐらいの肉2枚。これ、一枚が樋口一葉と等価交換なのかっ!・・・と思うとなんだかやりきれない気持ちになりますが、すき焼き用の肉の一人分の目安は200g。今回のは180gって表示でしたが、かなり脂の多い部位なのでそれでもかなり堪えます。現にN-Oさんは、ちょびっと皿に残してしまった肉を見つめて食いたいという脳ともう食えないと悲鳴を上げる肉体との葛藤に苦悩の表情を浮かべてました(笑)

Sn330017_1

心おきなくうまかったですが、でも、1度行けばいいな

その後は長島でまた湯に浸かって帰ってきました。いやあ、よく遊んだよ。道中、ずっと運転してくれた、かにくんに感謝

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

生きていることの科学/郡司ベギオ幸夫

昔、大学院生だったころ、日本物理学会の講演要旨をパラパラとめくっていたら、非常に変わった名前の講演者を見つけまして、一時、研究室内でゆるーくブームになったことがありました。講演内容も、物理学会での講演にしては哲学的で、なんのこっちゃよくわからなかったような覚えがあります

郡司ペギオ 幸夫

そんな訳で、何となくこの名前は覚えていたわけです。講演を聞きに行った覚えはないんですけど。

それから数年、本屋の新刊コーナーでまたお名前を見かけました。「生きていることの科学」とは、これまたちょっと間違えばトンデモな雰囲気のタイトル。いったい、あのときのペギユキさん(勝手にそんなあだ名つけてた)は、どんな研究をされている方なんでしょう。興味津々です。

・・・半分まで読んだところで、挫折しました・・・orz

えーっと、要するに生命とか感情とか思考というものは、アルゴリズムで表現できるようなものではなくて、その依りしろ、例えば、感覚器自体が物体であるがために生まれる感覚であったり、プログラムが計算機で実行されるが故に発熱したり、壊れたりする制約であったり、そういう「マテリアル」なものの存在ときりはなせないんじゃないかというような話なんです。

なんですよ、たぶん(笑)

文章自体は非常に平易です。PとY(ペギオと幸夫?)という2人の人物の問答の形で記述されていて、哲学書のような難しい概念と定義を振りかざしたりとか、言葉の言い回しに拘ってマクロ感がなくなったりとか、そういうことはいっさいありません。ありませんが・・・理解できません。ひとつひとつの主張や例えは何となくわかるんですが、それが総体としてどうつながってどういう結論に導かれるのかはっきり理解できないの。頭の中を思いっきり攪拌されているような感覚です。

いやあ、すっげーよ。脳味噌に往復ビンタをくらいたいひと、どうぞ。少なくとも、私はこれは無価値な研究だとは思いません。

でも、わかんないんだもん。ぐっすん

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

クビシメロマンチスト/西尾維新

シリーズ最初の「クビキリサイクル」を読んでドック(仮名)に貸してあげたら、残りのシリーズも全部買って、全部読んで、続きを反対に貸してくれました。世の中にこんな便利な友人がいてもいいものでしょうか?

それはともかく、なんか面白かったです。

なんか久しく忘れていたような気がしますが、巫女子ちゃんのような女の子をいじめて怒らせて楽しむのは男のサガですわね。なんか最近、いじめられてばっかりのような感じなので新鮮です。

巫女子ちゃん、らぶ

まあ、そうは言っても、こんなシリーズの登場人物なので、巫女子ちゃんも、○○○だし、当然、○○じゃうんだけど・・・って、伏せてる意味はあんまりないかも

ま、巫女子ちゃんをはじめ、零崎も含め、1巻に比べ登場人物のキャラが立っているし、ストーリー運びもスムーズだし、かろうじてミステリーに踏みとどまっているし、何より、主人公がどんな奴なのかわかってきたのがよかったですね。満足満足

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

エンジニアのための時間管理術/Thomas A. Limoncelli

最近、よく話題になるLife Hack系。Tips集になってしまうことなく、対象をシステム管理者の業務に絞って書いて、よくまとまっていると思う。見習いたい点も多かったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

発売日決定!?

私も購入した新iPod Shuffleの発売日が決まったらしい。

MyCOMの記事:新iPod shuffleの発売日が決定

アップルコンピュータは31日(現地時間)、第2世代のiPod shuffleの発売日を発表した。11月3日から、同社オンラインストア「Apple Store」などを通じて販売される。日本での価格は9,800円。

今朝、Ship通知も来た

出荷日: 2006/10/31
お届け予定日: 2006/11/02 までに

iPod shuffleをご注文のお客様は、上記お届け予定日にかかわらず、11月2日もしくは3日のお届け予定となります。

でも、今さら決定も何も、購入するときからこの「お届け予定日」だっただが。ほんとは決まってなかったのか?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

銀河英雄伝説/田中芳樹

昔から気にはなっていたんですが、読んだらハマっちゃいそうなのであえて読んでませんでした。で、Yukaさんが貸してくれるというので借りて読んでみました。うーん、やっぱ面白いじゃん(笑)

今のところ、2巻まで。あの人が死ぬところまで読みました。まさかと思っていたので、結構、ショック!続きが気になります。Yukaさん、続きもよろしく

| | Comments (3) | TrackBack (0)
|

« October 2006 | Main | December 2006 »