« 打ち上げだ、わーい(ハアト) | Main | 長門有希の読書歴 »

正しい敬語

nacが、居酒屋で石焼きビビンバを頼んだら、

「こちら、お混ぜしましょうか」

と言われたけど、正しい敬語表現はなんだろうというアーティクルを書いています。(ちなみに、nacのblogってトラックバック止めてる?)

汎用の尊敬語は「お~する」で、汎用の謙譲語は「~いたす」だから、まず自分がする行為に対して「お」が付いているのは間違いね。動作が漢語の場合には、単にサ変動詞を「いたす」に変えればいいから楽だけど、この場合に「攪拌いたしましょうか?」ってのもなんだかな(笑)。「混ぜる」に適切な謙譲語があればいいけど、ま、無いでしょうなあ

というわけで、ここは面倒でも「よく混ぜてからお召し上がり下さい。よろしければ、私が致しましょうか?」が正解。はしょるからおかしくなるのです。

#それと、たぶん「させていただく」は正しい謙譲語ではないのではないかな?
#ニュアンスに感謝の意を含んでいることは伝わるが、
#へりくだった言い方ではないと思う。

もっとも、フランス料理屋でフルコース頼んでいるんじゃないんだから、居酒屋の店員は「混ぜましょうか?」でいいだろうというのには同意。最近の敬語の濫用は目に余ります。「お召し上がりになられますか?」なんて言われると、頭がぐらぐらしますなあ

|
|

« 打ち上げだ、わーい(ハアト) | Main | 長門有希の読書歴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

敬語の乱用、居心地悪いよね。「承らせていただきます」とか
言っている本人だって、言いにくくて舌がもつれそうになるんじゃないだろうか。
相手への敬意は保ちつつ、言葉は分かりやすくてシンプルなのが一番ですよね!

Posted by: ゆか | May 29, 2006 at 02:37 AM

そうそう、私は例え、先輩だろうが上司だろうが、社内では基本的に敬語を使いません。自分では「失礼にならない範囲」は保っているつもりですが、私はわりと「誰彼無く噛みつく」タイプなので、敬語でしゃべっていると、どうも座りが悪いのです(笑)

Marcoさんなんかは、それで何度か嫌な思いをしてるんじゃないかと思いますが、ご容赦を。私が仕事上で敬語を使うのは、お客様に対してだけです

Posted by: Tambourine | May 29, 2006 at 10:20 AM

読んで一言書こうと思ったら、コメントで先に書かれてた(笑)
ま、敬語は日本語の美徳、大きく言うと日本の持つ形式美のひとつですから、大切にしましょう。

そうそう、英語には丁寧語、尊敬語、謙譲語なんていう複雑な形式がないので、(特に米国ではその概念もないのではないだろうか?)日本に興味を持つ外人さんなんかに話をすると、「Oh! Wonderful!」とか言って尊敬の眼差しで見られますから、どんどん外人に自慢しましょう(笑)

Posted by: Marco | May 30, 2006 at 08:50 AM

いやいや、すいませんです。はい(^^;;;;

> 敬語は日本語の美徳、大きく言うと日本の持つ形式美のひとつですから、大切にしましょう。

そうですね。私と普段接している人にとっては、私に正しい敬語についてのこだわりがあることのほうが不思議かもしれません(笑)

逆に「チーム」だと思ってる人に敬語を使わないのは、私のこのあたりのこだわりに立地してるのかも知れません。すこし無礼者だと思われていた方が、仕事がやりやすいと思っていることも確かですが

Posted by: Tambourine | May 30, 2006 at 01:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/10274509

Listed below are links to weblogs that reference 正しい敬語:

« 打ち上げだ、わーい(ハアト) | Main | 長門有希の読書歴 »