« 日本政府謹製OS誕生の日 | Main | 今日のひとこと(5/12) »

May 12, 2006

Martin Fowler、Rubyをべた褒め

かのMartin FowlerがRubyをべた褒めしてます(「Rubyの評価」)。幾分、RubyとRailsの評価が混然としているけど、実際、RubyはRailsのための言語のように見えているのかも知れません。

まつもとさんのバイブルが出て、それを感心して読みながら覚えていた大学院生時代(5,6年前ぐらい?)とは、変わったもんだと思います。Ruby自体はその間、驚くほど変わってないけど。まあ、Railsの出現というのは事件だったかな。

何より、RubyやRailsがいいなあと思うのは、革新的な考え方や超絶的な技術が評価されてるんじゃなくて、スタイルやカルチャーが評価されてるってこと。自分の仕事の能率を変える秘訣も、そういうとこにあるんだろうなとか、思ったり、思わなかったり

|
|

« 日本政府謹製OS誕生の日 | Main | 今日のひとこと(5/12) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/10030838

Listed below are links to weblogs that reference Martin Fowler、Rubyをべた褒め:

« 日本政府謹製OS誕生の日 | Main | 今日のひとこと(5/12) »