« エウレカセブン 最終回 | Main | この春のアニメ新番組 »

『ニセ科学』とどう向き合っていくか?

というタイトルのシンポジウムが、今年の春の日本物理学会で開かれたそうです。ここに講演のスライドが上がっているので、是非、ご覧下さいませ。ほとほと困った気分になること請け合いです。

大学時代に講義を聴いたことがある菊池誠先生も(当然の事ながら)講演しています。というか、中心人物のような気がします。

菊池先生は、1回生の授業で夏休みの宿題として「トンデモ本を読んで、科学的に論破して提出せよ」という課題を出す人です。と学会の結成が1992年で、私が大学1回生だったのは94年の事ですから、私はまだ当時「トンデモ本」自体をよく知らず、課題も提出しなかった覚えがあります。惜しいことをしたものです。

#その後、SF大会でテルミンを弾いてるところを見かけたりしましたな(笑)

|
|

« エウレカセブン 最終回 | Main | この春のアニメ新番組 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

偽科学っつーとアレ?
「科学の力、短期間で楽々ダイエット!」
とか
「みるみる生えます、驚異の毛髪力が科学的に証明!」
みたいなやつのこと?w

俺が思うに、その手合いのに対抗するには「常識」と「うまい話には罠がある」と思う精神が大事なのではないかと。

Posted by: Ghost-Q | April 04, 2006 at 12:16 AM

うーん、どっちかというとそのへんはまだマシ。「短期間で楽々ダイエット」を医学的に行うことは不可能ではないと思うし、まっとうな科学的手法でそれを研究してる人もいると思います。育毛剤も同様。

どっちかというと、「波動」系とか、マイナスイオンとかですな。私らのような、科学者や技術者のはしくれが、どっちかというと「オカルト」に分類しがちなものが対象かな

菊池先生の資料をぜひ読んで欲しいんだけど、そういう「オカルト」まがいのものが、実際に教育の現場で扱われていたりするわけです。かなり、とほほ~

Posted by: Tambourine | April 04, 2006 at 09:56 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/9415060

Listed below are links to weblogs that reference 『ニセ科学』とどう向き合っていくか?:

« エウレカセブン 最終回 | Main | この春のアニメ新番組 »