« March 2006 | Main | May 2006 »

「涼宮ハルヒの憂鬱」の放送順が微妙なワケ

いきなり番外編からはじまって、やらかしてくれるなーと感心したアニメ版ハルヒですが、その後も、いきなり短編が途中に入ったりしてややこしい感じになっています。次回予告でハルヒが言う話数が実際のエピソードの順番で、キョンがそれを訂正して言うのが放送順というわけです。5話までは、こんな感じ<随時、更新中(無事、確定。いろいろ裏切られたけど、最終回がVIというのは当たったな)

放送話数構成話数タイトル
1 11 朝比奈ミクルの冒険 Episode 00
2 1 涼宮ハルヒの憂鬱 I
3 2 涼宮ハルヒの憂鬱 II
4 7 涼宮ハルヒの退屈
5 3 涼宮ハルヒの憂鬱 III
6 9 孤島症候群(前編)
7 8 ミステリックサイン
8 10 孤島症候群(後編)
9 14 サムデイ イン ザ レイン
10 4 涼宮ハルヒの憂鬱 IV
11 13 射手座の日
12 12 ライブアライブ
13 5 涼宮ハルヒの憂鬱 V
14 6 涼宮ハルヒの憂鬱 VI

最初は、ただ面白いからこういう順番になっているのかと思ってたんですが、思いつきました。間にこうやって短編が入ってくるのは、原作第1巻分の最終話(「~退屈」が7話ということは、アニメ版のタイトルは「~憂鬱 VI」かな?)を、放映最終話にしているのではないかと。

もともとこの作品はスニーカー大賞応募作なので、続編を想定して作られてないと思われるので、第1巻の終わりは、まさにエンディングにふさわしいオチになってるわけで、たしかにアレを6話にやって、7話からいきなり、1ヶ月後の「~退屈」ってのも、構成上難しいかも知れません。ま、先に行けば行くほど、物語の規模が小さくなるのは投稿作品にはよくあることです。「スレイヤーズ」も第1巻でラスボス倒しちゃうしね(笑)

しかし、こんなことに気が付くとは、俺様もなかなかのもの・・・と思ったあとで適当にぐぐったらあっちこっちで話題になってました。そりゃそうか

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

新選組!! 土方歳三最期の一日

やっと、これでHDDレコーダーからエアチェックを削除出来る。よかった。

録画したのに、買ったのかって?いいじゃん、別に(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

アルザビ滞在中

それにしても、広いね、アルザビは

せっかく新エリアに渡ったので、街をふらふらと散策しています

ウロウロしてると、いろいろとクエストが発生したりするんですが、初期のクエに比べて、面白いものが増えたような気がします。今までの「世界の危機」系の設定じゃない分、遊びの余地が大きいのかも知れません

あとは、最初にはスタッフの人達にも「ミッションでもないのに長いイベントを見せられて、喜ぶんだろうか?」という迷いがあったようにも思いますが、その辺りもパーティでツッコミながら「イベ中~」と楽しむ文化もできたので、思い切り感が強まったのかもね

というわけで、コルセアのクエ、性悪女のクエ、浮沼の地図クエと、アトルガンには楽しいクエが多いです。良いことです。もう、システムがどうのこうのなんてのはほっといていいから
ひたすら、面白いものを作ってくれればいいと思うのだな

で、白門でウロウロしてたら、アルザビでビシージ(市街戦)発生の警報が!シャウトで盛り上がりまくる冒険者達!次々に集まる冒険者達!

・・・で、エリアサーバ溢れた(笑)

おかげで中に入れなかったんでよくわからないんですが、中にいたシュバさんによると、間が悪く攻めてきたトロールの一団は500人近い冒険者の前に瞬時に蹴散らされ、大半の人が、殴る余裕もなく終了したそうです(笑)

そして、いつものように吹き荒れる愚痴、不満、罵倒のシャウト。・・・いや、でもこの先ずっとこのエリアに500人が集まるわけじゃないし落ち着くまではしょうがないんじゃないのかね・・・という気持ちを込めて、私も

「みんな、次はもっと油断してようゼ!」

とシャウトしておきました

ま、しばらくはアトルガン皇国の行く末は安心のようです。もちろん、冒険者の協力がないとダメなようにビシージは調整されているはずですから、ビシージがすっかりサビれて、この国が滅びさることのないことを、祈るのみです

#しみじみ思うけど、MMORPGの運営って、ほんとに大変だねえ・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

今日のひとこと(4/26)

「キミは耳と尻尾を抜きにミスラの良さを語れるかい?・・・そういうことさ」

からくり士 Iruki-Waraki

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

青魔げっと

さて、「アトルガンの秘宝」も発売になりました。アルザビに渡って青魔道士を取ってきました。青魔になるためには、クイズに10問答えなきゃいけません。

参考情報として、私の回答を。(*)がついてるところを選びました。正解は一つではないようです。この通りに答えると、要求されるアイテムはセイレーンの涙になります

---

運命とは
  1. 変えられないもの
  2. 自ら切り開くもの(*)
  3. はじめから、敷かれたもの
犠牲も惜しまない覚悟は?
  1. 犠牲のない方法を考える
  2. 時には必要
  3. 必要(*)
それでも・・・
  1. 叡智を我が手に(*)
  2. 書物を捨てる
  3. 書物を燃やす
命を差し出すか?
  1. 他の誰かがやればいい・・・
  2. そんな勇気はない
  3. 喜んで差し出す(*)
どちらの人生?
  1. 富と名声を得るが波乱の人生(*)
  2. 富と名声と無縁だが平穏な人生
  3. どちらも、そこそこで
なにを望む?
  1. 獣になるくらいなら、いっそ・・・
  2. 死してなお、人として生きん
  3. 獣での生を望む(*)
あなたのとった行動は?
  1. その身で攻撃を受ける
  2. なんとか説得する
  3. 斬り伏せる(*)
どうする?
  1. 治す方法を探す
  2. 一緒に・・・
  3. ・・・紡ぐ(*)
かつての友をどうする?
  1. こっそり介抱
  2. せめてもの情け・・・
  3. 戦場に私情は禁物(*)
どうする?
  1. そんな者は排除すべき
  2. 主君に従い、命令を実行
  3. 自らの正義に殉じる(*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

99%の誘拐/岡嶋二人

始まりが割と古めの本格物みたいなはじまり方です。ここ最近、変化球のミステリーばかり読んでいたため、「そろそろ、古くさくてもいいから名探偵が『犯人はお前だ!』って叫ぶようなのも読んでみたい~」とか思っていたため、自ずから期待感が高まったわけですが・・・違いましたね(笑)

プロットの組立は見事なんですが、犯人の視点で物語が語られ、早いウチにからくりが明らかにされちゃうので、そこからはこの犯罪がうまくいくのかという単なる冒険活劇になっちゃうんですよね。それはそれで面白かったんですが、やっぱこれも変化球かなと。また、最後の種明かしが、「いや、もうそんなことどうでもいい」ってことなんで、それもガッカリ。

あと、今から20年前の設定で、パソコンとネットワークを使ったトリックというのも、そりゃ当時の人はだまされるかも知れないけど、今の読者がどう思うかというのはなんともはや・・・。どちらかというの、往年のパソコン通信を知ってる人の方が楽しく読めるというようなシロモノかも。

というわけで、小説としては85点。ミステリーとしては50点というところですかな

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

今日のひとこと(4/26)

「最近、趣味に費やす時間がなくて」
「間違っちゃいけない。暇なときにやるのは、レジャー。忙しいときにも寝ないでやるのが趣味だ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

キネ旬ムック BSアニメ夜話(1) カリ城編

BSアニメ夜話のムックがキネ旬から出ています。初回放送の「カリ城」の分ですね[Amazon]

この番組自体も面白いけど、この本の何が面白いかって、放送当時にカットになった部分が、色を変えて採録されていること。よく、完全版というかたちでノーカットのバージョンがでることがありますけど、この本だと、どの部分が放送時にカットになったのかがはっきりわかって面白いです。

尺の関係で、ばっさり話題がカットされているところもありますが、ちまちまとつままれている部分を観ていると、何をしゃべるとNHKではカットになるのかがわかって面白い(笑)。岡田斗司夫が「宮崎さんは説教臭い」と言った部分が、さくっとつままれていたりします。

これを読めば、あなたもNHKコレクトな話題の作り方はばっちりだ!<をい

ちなみに、私は「カリ城」はおろか、「ラピュタ」も「ナウシカ」も観たことありません。観たのは「紅の豚」だけです(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

今日のひとこと(4/24)

「ジャブローとジョブフローって、似てる」

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

今日のひとこと(4/21)

ポステルの頑健性原則:己のなすことには慎重たれ,他人のなすことには寛容たれ。

RFC 793より

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]安易にも程がある

ストロベリー・パニック

マリみてっぽいものなのかしら? 設定の安易さもさることながら、1話の脚本が酷すぎ。 走っているうちに林の中に突っ込んで迷子になる主人公って ・・・そんないまどき・・・

エア・ギア

主人公がアホなのにも、程があります・・・が、 頭からっぽにして見れる爽快感もあります。ヒマなら見てもいいかも

.hack//roots

MMORPGやってるひとには楽しく見られるかも。 しかし、.hackにも、時代が追いついた感がありますな

それと、MMORPG初心者は、もっと大事にしてもらえると思いますので、 まだ初めてなくてこのアニメの1話見てビビった人は、 そんなに心配しなくてもいいよと(笑)

吉宗

パチンコのキャラからのスピンオフらしい。 うーん、コンセプトがよくわからない

ひまわりっ!

キャラも設定も安直で、ノリも悪い。1話からプロットは酷い。なんだ、このオチ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

バレバレ

BPのリーダーさんとの雑談

-そういえば、最近ちょっと散財しちゃって、10万ぐらい使っちゃいました

「何買ったんですか~。スタートレックのDVD-BOXとか買ったんじゃないですか?」

ヨマレテルラ(T-T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]医者と弁護士ばっかりみてる気が

ウィッチブレイド

アメコミが原作らしい。でも、絵柄にそんな雰囲気はなし。 スタートからダークな雰囲気が、アメコミっぽさを醸しているといえば、 言えなくもない。

一番びっくりしたのは、筆頭のスポンサーがGONZOだったこと。 え?自主制作ですか??

Ray THE ANIMATION

主人公は、超能力でモノを透かしてみる力がある女医者。 切らなくても患者の状態がわかるんだそうな。 看護婦のブラの色をあてたので、X線が見えるというわけじゃないんだろう(笑)

ま、それはそれとして、この主人公の女医者より、 この医者が努めることになった病院の院長や看護婦が凄すぎる。 どういう凄さかというと、えーっと、院長がGガンのシュバルツみたいな技をつかって ヤクザさんをばったばったとぶちのめします。そっちのほうが主人公の能力より すげえじゃねえか。

で、最後にブラックジャックがでてきてびっくり。あんまり手塚っぽい絵じゃ なかったけど、どうやらスピンオフ作品みたいです

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

Drowning in a Sea of Love/Nathan Fake

実際のところ、SKETCH SHOW以外にエレクトロニカは聞いたことがなかったりする。「テクノはピコピコで、エレクトロニカはチリチリ」ってのが、私がエレクトロニカについて知っていることのすべて(笑)。というわけで、レコード屋で平積みになっていたのでジャケット買い。

で、なかなか面白かった。ちょっとアンビエント臭くて、でも、ポップ。これは結構好みかも~

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

眼の誕生/アンドリュー・パーカー

バージェスの生物群のファン向け・・・って、私は明らかにそうなんだけど、世の中にそんな人がどのぐらいいるのかはわかんないなあ。ともかく、そういう人なら、この本のタイトルと、第1章までを読めば、この本の結論は理解出来ます。

生物の進化の歴史の上で、大きなトピックとして「カンブリア爆発(Wikipedia)」ってのがあるんですね。それまでみんなミミズの仲間のような形だった生物(エディアカラ動物群もありますが)が、あるとき一斉に複雑な形態を獲得して、今、現存する生物とは似ても似つかないような変わった生物がたくさん出現するという大事件なんです。これは、進化の歴史の上では、例えば恐竜の絶滅なんかより比べモノにならないぐらい、大きな出来事です。ここで「へー、そんなことがあったんだー」という人は、この本より前に、まず、スティーブン・ジェイグルードの「ワンダフル・ライフ 」を読んでちょーだい。バージェスの動物の名前に多少、馴染んでないと、ちょっと読みづらいかも知れません。

で、なんでカンブリア期の到来と共に、突然、爆発的な進化が起きて、かくも複雑な形態が一挙に出現したのかというと、この本では「眼」を持った捕食生物が出現したことがきっかけなんじゃないかという説を提示してるワケです。これを、「光スイッチ説」と呼んでます。ほら、ワクワクする話でしょう?えっ、しない。あれ~?

ま、この本の結論を一言で言っちゃえば、それだけなんだけです。でも、途中も面白い。途中では

  • 化石からどんなことがわかるか
  • 「見る」とはなにか
  • 生命にとって色とは何か
  • 視覚がいかに大きな淘汰圧を産むか

なんてことが語られます。面白いですよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ハイブリッド―新種/ロバート・J. ソウヤー

ネアンデルタール3部作の完結編。読む場合は、まず「ホミニッド-原人」と「ヒューマン -人類-」を。

あらすじ何かは、Amazonでもみてちょーだい。各巻にそれぞれSF的センス・オブ・ワンダーは満載なんだけど、やっぱりネアンデルタールの世界を通して書きたいものが何かを考えるべきなんだろうね。特に、この完結編の「ハイブリッド」では、最新の遺伝学のトピックを取り上げながら、人間の性の仕組みがもたらす世界への悪影響が語られます。つい、私たちは自分たちを進化の執着点だと考えちゃうけど、私たちは利己的な遺伝子が生み出したよくないものたちで、今、まさに滅びの道の途中なのかも知れなくて、ホモ・サピエンスは何を巻き添えにしながら滅んでいってるんでしょうなあ。この辺りは、ブライアン・サイクスの「アダムの呪い」(これはノンフィクションね。念のため)なんかが参考になるかもしんまい

ま、それはともかくとして、この小説の最後のオチはちょっとユニーク。キリスト教徒じゃなく、特定の宗教にたいして強い信仰心のない日本人にしてみれば、なんとなくネアンデルタール側から見えるかもね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]オリジナルはそれだけで☆1つ追加だ!

シムーン
また、見事に女の子ばっかり出てくるアニメですが、 オリジナルな世界観を作っているところは○。 あとは、キャラの魅力が出せるかどうかかな。 正直言って、1話は消化不良気味だったけど、今後、どうなるか楽しみ
ゼーガペイン
これもオリジナル。やっぱサンライズはこうでなくっちゃのロボットもの。 何となくどこかで見たようなデザインだなーと思ったら、 メカデザインは中原れい。サイバーコミックの頃をご懐かしく思い出しつつ(笑)、 あいかわらず、良いセンス。エステバリスも格好良かったもんね。使われ方はともかく。 ストーリー的には、とにかく、主人公が愛すべきバカなところがイイネ。 いい加減、戦う女の子には飽き飽きなので、しっかり頑張っていただきたい
きらりん☆レボリューション
対象年齢8歳以下女子限定

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]見逃しました

そうそう、忘れてた。「まじかる?ぽか~ん」は録画をミスって、見逃しました。それもまたよし(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]えーっと、ここまでで9作?

うーん、まだまだ先は長い・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]NANA

言わずとしれた超メジャー少女漫画が原作。映画もヒットしましたな。私は中島美嘉の歌と演技と顔のすべてが苦手なのであえて見る気がしませんが。

「天使なんかじゃない」が好きだったので原作も興味があるんだけど、なんか売れたので読んでなかったり(笑)

で、アニメ第1話だけど、手堅くていい感じ。絵も綺麗だし、原作キャラもよく生かされてると思う(読んでないのに^^;;)。楽しめそう

しかし、こんなメジャータイトルが、23時からの放映というのが最近のアニメの状況を表しているわけですな。どうも、仕事帰りのOLさんターゲットのゴールデンタイムってこの辺らしい。フジのノイタミナ枠(「ハチミツとクローバー」を放送した枠ね)のヒットもあるんだろうね。この内容だったら、昔なら日曜の8時だった気がするけど。ま、あっちは「ぴちぴちぴっち」で十分か(笑)

しかし、水曜の夜に、「涼宮ハルヒ」と「NANA」と「ホスト部」がまとまっちゃってる名古屋はなんだかなあ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]癒しって、なんだ?

ARIA The NATURAL
続編らしい。癒し系らしい。なんだかよくわからないので、たぶんもう見ない。
うたわれるもの
これも評価が難しい。水準は保ってると思うんだけど、何がやりたいのかわからない。光る部分がないです。
いぬかみっ!
設定としてはこれもありがちなんだけど、アホでスケベなノリで、単純に楽しい。今後に期待

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

ハルヒのアニメ。おまけ

どーしようもなくくだらないと評判の、ハルヒのアニメ公式サイト(http://www.haruhi.tv/)

カウンターに注目。その部分のHTMLソース

今までの訪問者数 [
<font size="+1">
<script language="JavaScript">
<!--
document.write("0000");
document.write(Math.floor( Math.random() * 10));
document.write(Math.floor( Math.random() * 10));
// -->
</script>
</font>
        ]

ぐはっ。だみーかよ!(笑)

そしてさらに

<meta name="generator" content="HARUHI HP EDITOR 0.1">

うわ、そのHTMLエディター欲しいぞ!

なんか、ものすごいところに凝ってる・・・つか、普通HTMLソースまで見ないって(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

今はワケあって実家です

060408てめえ、そこは俺の寝床だ。どけっ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]涼宮ハルヒの憂鬱

今期、最も期待のアニメです。というか、もう、私は原作が大好きで、主人公のハルヒにホレきっていますので、へタなアニメ化しやがったらゆるさねえぞ!ぐらいの勢いです。

では、早速、録画を再生。第1話は「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」で・・・え・・・

1話目から、劇中劇?!

やられた・・・。原作のファンなら、オープニングのテロップが出た瞬間に何が起こったか100%理解。超絶ハイクオリティな作画!その超絶ハイクオリティな作画で、高校生が作ったダメ自主制作映画を完全再現(笑)

原作ファンによる、原作ファンのための、普通の視聴者をすべて置いていった第1話でした。うわっちゃー。えっとねー、この映像は映画化かなんかされたときに、3000円の前売りチケットを作って、それに特典として付けたらいいと思う(笑)

原作ファンには、もうこれ以上ないファングッズなので、私は大爆笑してみたし、最後のハルヒの声はイメージピッタリだし。夏まで水曜日中心の生活決定!な感じなんだけど・・・いやー、これはみんな置き去りだろうねえ。少なくとも、ヒットはなくなったな!続編は諦めて、13話でやりきって下さい。お願いします

で、次回がたぶん、普通の第1話。えっ?ハルヒ(ロングヘアー版)は【どこですか?】(T-T)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

やっちゃった

買っちまった。

TNG、7シーズン分。だって40%オフって書かれてるんだもん。いや、ようするに評判の悪かったスペシャルプレミアムボックスが売れ残ったので、スタンダード版と同じ値段で在庫処分なんじゃないかと思うんだけど・・・でも40%オフだし

というわけで、7シーズン分あわせて10万円ナリ。うはっ。見たい人はお貸ししますよ


 

| | Comments (4) | TrackBack (0)
|

FF XI -旅の恵み/はせがわみやび

このシリーズもかなり読みました。このシリーズのいいなあと思うところは、ゲームの設定を用いたスピンアウト作品ということだけではなく、MMORPGの現状をふまえた作品を作ってくれるところですね。

最近のバージョンアップに言及していたり(ヒロインの竜騎士が竜剣という最近追加されたアビリティを覚えたと言っていたり、PK対策でモンスターの挙動が変わったことに物語中で触れていたり)、テレポ屋というゲーム中で発生した商売や黒/赤は珍しいというユーザーの嗜好など、ゲームを実際にやっていないと書けない内容を、うまく物語の世界へ寄せて書いていて、作者がゲームの世界に愛情を持っていることがうれしくなります。

で、今回の舞台はソ・ジヤ。ぐぅ・・・行ったことありません(笑)

今回の引きからいくと、次の巻では主人公達はアルザビへ行くみたいですね。ああ、アトルガンの発売も、目の前ですなあ

で、そんななか、私のFF専用PCは不調です。がふ~

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]判断保留。とりあえず、もう1話みてみよう

異世界もの。安易だけど、光るものはある。1話はほんとに導入なので、判断保留

妖逆門―ばけぎゃもん―

ポケモンみたいなタイアップ対戦もの?ただ、コンセプトデザインが藤田和日郎さんで、「うしおととら」ファンには見慣れた妖怪がわんさと出てくる(あきらかにわざとだよね、これ)のが興味深い。ま、でも純粋にキッズ向けだね。もう1話みればいいかな

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]はやくも、これは見なくていいの決定

ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~

声優を目指す女の子達が主人公・・・あー、そういう奴ね。パス

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

[新番組大会]スクールランブル2学期

えー、スクランの2ndクールです。中身?いつものスクランです(笑)

それはともかくとして、OPの歌がへたっぴで、「なんだこれ?」と思ってたら、直後にCMが。

・・・なんだこれ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

この春のアニメ新番組

WEBアニメスタイルの記事によると、新番組は60本もあるんだそうです。うは~

というわけで、多少ヒマになってきたので、HDDレコーダーをフル回転して見れる限り、全部の1話を見てみます。さあ、今期は何が残るのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

『ニセ科学』とどう向き合っていくか?

というタイトルのシンポジウムが、今年の春の日本物理学会で開かれたそうです。ここに講演のスライドが上がっているので、是非、ご覧下さいませ。ほとほと困った気分になること請け合いです。

大学時代に講義を聴いたことがある菊池誠先生も(当然の事ながら)講演しています。というか、中心人物のような気がします。

菊池先生は、1回生の授業で夏休みの宿題として「トンデモ本を読んで、科学的に論破して提出せよ」という課題を出す人です。と学会の結成が1992年で、私が大学1回生だったのは94年の事ですから、私はまだ当時「トンデモ本」自体をよく知らず、課題も提出しなかった覚えがあります。惜しいことをしたものです。

#その後、SF大会でテルミンを弾いてるところを見かけたりしましたな(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)
|

エウレカセブン 最終回

うーん、凄いテンションだった・・・こんな大風呂敷なSFはひさしぶりだったなー。最後はもうなんだかよくわかんなかったけど、ま、大風呂敷なSFってこんなモンだよね(笑)

で、クライマックスの挿入歌は、電気GROOVEの「虹」。SUPER CARではじまって、電気で終わる・・・と。変わったアニメだったわー

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

エイプリルフール

Perlish Magazineが面白かった・・・というか、これマジすぎ(笑)

PC Watchは毎年楽しみにしています。毎年、いろんな404エラーを見るのが好きです

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« March 2006 | Main | May 2006 »