« September 2005 | Main | November 2005 »

Hikiを入れてみる

普段、仕事用のメモには自分のPCのローカルのApacheの上でtDiaryを動かしてます。作業ログはこれでいいとしても、To Doの管理がどうにもならなくなってきました。

というわけで、Wikiを使ってみることに。tDiaryをRDスタイルで書いているので、同じようにRDで記述できるRWikiがいいかなと思ったんだけど、どうもメンテの状況が不安。Rubyで書かれているもの(だって、自分のPCのPerlで日本語通るかも知らん^^;;)だと、Hikiがかずひこさんがアクティブにメンテしてるみたいなので、よさげかしらん。tDiaryとも仲良しだし

いままでWikiを触りたくなかったのは、簡易HTMLみたいなものをRD以外触りたくなかったからという理由と、Wikiの文法に方言がいっぱいあることが好きじゃなかったから

でも、かずひこさんはHikiDocまで作っちゃってるのか。いまRDtoolのメンテが怪しい状況だから、いっそ乗り換えてしまうというのもアリなのかなあ?

というか、Ruby界的なRDの立場がわからん。もう、ソースにいれるドキュメントはRDocだし。うむ~?



| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

万物理論/G.イーガン

一部でとても有名なイーガン。「タフの方舟」の帯に「イーガンもチャンもわからなくても、この本のおもしろさはわかります」とか書かれるぐらいのイーガン。

あ、そういえば、タフの書評は書いてませんね(笑)

それはともかく、なんかあちらこちらで難解だという話を聞いて、ちょっと尻込みしつつも読んでみなくてはと思っていたのね。学生時代に、講義を受けてた菊池先生も日記で

断言しておく。おそらく『万物理論』は『SFが読みたい』でトップになるだろうが、投票者のほぼすべては作品の意味を理解せずに『傑作』と言っているのだ。おお、なんと恐ろしい。

なんて書いてるし(笑)。

で、まあ、落ちこぼれ理学生だった私が菊池先生のわからんものをわかるはずはないんだけど、しかし、これは面白いわ~。

普通のSFだったら、そのアイデアだけで1本書けるぐらいのオイシいネタがみっちりつまってて、とにかくそのセンス・オブ・ワンダーだけで気持ちがいい。まだ 360/600 ページあたりを読んでいて、やっと最初の話とメインの話が組み合ってドライブし始めたぐらいなんだけど、もうとにかく面白くてしかたなくて、しょうがない。しょうがないけど、読むのに時間がかかるんだ、これ。早くストーリーが知りたいからざっくざっく読みたいんだけど、ディティールを読み飛ばすとなんか後悔しそうなほどぎっちりだから、そう読み飛ばすわけにもいかないのね。

でも、まあこれは誰にでも勧められるものじゃないなあ。例えば、出だしがこうなのよ

「よし。この男性の死亡を確認した。さあ、仏さんと話していいよ」
そういった生命倫理医は無愛想な汎性で、金髪をドレッドロックにし、Tシャツには(中略)のスローガンが輝いていた。汎は法病理学者のノートパッドの認証画面に連署すると、手術室の隅に下がった。

ここで「汎」と「汎性」が、「男」、「男性」って言葉と同じような使われ方をしていて、この世界では「第三の性」として「汎性」というカテゴリーがあるんだろうなってことが推測出来ない人は、まあ、読んでもわかんないからやめといた方がいいよ(笑)。もちろん、汎性については、あとあとでもうちょっと説明があるけどね。

もっとも、菊池先生のいう「理解」は、こういうレベルの話じゃないんだと思うけど

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

宇宙海賊 ミトの大冒険

さて、またもDVDを衝動買い。今回は宇宙海賊 ミトの大冒険。バンダイチャネルでオンライン配信されてるらしいです。

久しぶりに見たけど、いやあ、やっぱり面白い。いろいろと遊びやお気軽な展開もあって気楽に見れるんだけど、根底にはしっかりしたSFになってて最後のオチはまたこれが(笑)。保志さんじゃないと、この主役はできないなあと(悪い意味で^^;;;)思うわけで。

SF好きなら、見てソンはなし!もちろん、ふつーに楽しいアニメが見たい人もね

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

30歳になっちまいました

先日、誕生日を迎えました。30歳です

でも、今までの人生で、26歳ぐらいから先のことを考えたことがないのです。既に、とっくに過ぎちゃってますけどね。でもまあ、先のことなんて考えても仕方ないし、手遅れになったらその時に考えます。自殺しちゃうとか(笑)

こういう悲観的な楽天家で人生をやってきております。でも、この先10年でやってみたいことってのが、ほんとに思いつかないのよね

| | Comments (1) | TrackBack (0)
|

/05 /坂本龍一

うーん、ピアノでのセルフカバーってことで出来としてはいいんだけど。 なんか、もうちょっとやんちゃな教授が聞きたいなあ。 実験的ってことじゃなくて、やんちゃ。 なんか漂白剤で洗浄済みって感じでつまんない。 クリスタル・ケイ+ケミストリーぐらいつまんない(笑)

教授はプロデューサーの才能はあんまりないような気がします。 音楽的な才能は疑うべきところがないんだし、 誰かにプロデューサーを任せてみるのもいいんじゃないかなあ。

Sketch Showに提供した曲の方が、どっちかというと「私の聞きたい坂本」に 近い気がする。まあ、それやっちゃうとYMOだから 違う人がやった方がいいと思うけど(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

« September 2005 | Main | November 2005 »