« 闇の王(Kuuto編) | Main | バナナはおやつに入りますか? »

ジャンルを愛するということ

リンク: WEBアニメスタイル TOPICS.

小川 うーん……。これは後日、話数が進んだところでまた話しましょうか。というところで、長々と喋ってきましたけど、どうですか、全体を振り返って。

藤津 パスもしたけど、そうした作品も含めて観ているわけですよ。それはアニメという山のかたちを確認したいからなのね。そういう衝動ってあるでしょ。

小川 あるねえ。

藤津 ひとつだけ捉えても山の中の位置みたいなものは捉えられない。好きなものだけ見ていても、幸せにはなれないんじゃないかと思うんですよ。最近、アニメにハマっているというあるマンガ家さんと話していたらね、自分の好きな作品も観るんだけど、その作品がどんな立ち位置か知りたいので、他のアニメも観るんだって。それは物作りをする人の発想だなあ、凄いなあと思ったんですよ。上手く言えないけど、好きなアニメだけ観ていると、それは「好きなアニメだけ」で終わっちゃうんだよね。それは「アニメ」そのものとはあまり関係がなくなってしまう、というかさ。……だから「アニメ評論家宣言」でも書いたんだけど、アニメを好きでい続けるのが大変な瞬間ってあるんだよね。

うーん、大事な視点である。普通の人は「山のかたちを捉えたい」もんなんでしょうか?私は捉えたいですね~

 

|
|

« 闇の王(Kuuto編) | Main | バナナはおやつに入りますか? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47905/4232285

Listed below are links to weblogs that reference ジャンルを愛するということ:

« 闇の王(Kuuto編) | Main | バナナはおやつに入りますか? »