« December 2004 | Main | February 2005 »

オーディオの整理

私が初めて買ってもらったオーディオ機器は、アイワの録再型ヘッドホンステレオだった。中学の入学祝いに買ってもらったもので、確か3万円弱ぐらいしたと思う。オーディオタイマーも買って、それでオールナイトニッポンを録音して聞いていた。

中学に入って、FM誌を買って読むようになった。当時のFM誌は、オーディオの記事が必ず載っているもので、何も知らないガキだった私もあっさりと影響されて、コンポを組むのを夢見るようになる。ミニコンポは眼中になかった。しかし、中学生にフルのコンポを組むような金はあるはずもなく、最初に買ったのはA&Dの3ヘッドのカセットデッキに、山水のCDプレイヤー、そして、1万円強のちょっといいヘッドホンという構成だった。オーディオマニアとして、一番凝るべきアンプとスピーカーが無い(笑)。それでも、ざっと10万ぐらいはしたし、まあ、音楽をガンガンかけられるような住宅環境でもなかったから、これはこれで全然満足した構成だった。

出発点がこれだから、今、私の足下には、Boseのスモールスピーカーにヤマハのプリメインアンプ、ソニーのDAT、FMチューナー、謎なカセットデッキが2台、CDプレイヤーが2台積んである。全部積むと、1mぐらいにはなっている気がする。ところが、こいつらはまったくと言っていいほど使われていない。音楽は、iPodに入れるか、車のカーステで聴くかになってしまった。CDをそのまま聴きたいときは、DVDレコーダーへ入れて、テレビから音を出す始末である。コンポの設置場所まで行くのが、すでにウザい(笑)

そんなわけで、オーディオ環境の全面再構築を考えたくなってきた。もともと音質にはまったくこだわりのない人なので(DATを使ってたのは、サンプリングレートを落とせば長時間録音できるから)、中心にくるのはもちろんiTuneになる。しかし、オーディオマニアの端くれに憧れていた手前、PCの音声出力をそのまま取るのは味気ない。となると、こんな構成になるのかな?

iTune

うーん、謎の箱の存在が謎だ(笑)。絵に描いた通り、ここでiTuneのサーバはMac miniでも導入しようかと思っているんだけど(というのも、今、iTuneをインストールしているマシンはFF XI用ノートPCなので、座りがわるいからだ)、どうもMac miniにはデジタルオーディオ出力がないみたいだからだ。

はてさて、どうすればいいのだろう。USBに繋いでPCのオーディオデバイスになるようなものがあるんだろうか。それもMacに

| | Comments (4) | TrackBack (0)

未完成な夢

ここ数日、夜勤が続いていて、昼間寝ていることが多い。でも、昼間って熟睡できないもんですな。ま、人間は夜寝る生き物なんだろう。

で、熟睡できない感じで寝ていると、へんてこな夢を見る。今日見たのは、ベタベタな恋愛ものの夢。詳細は起きて5時間が経った今ではさっぱり覚えていない。起きてすぐは、あらすじからヒロインの名前まで全部覚えてたハズなのに・・・。で、最後、ヒロインの名前を間違って覚えていたというオチになって、ヒロインが「違う。私の名前は○○と読むの」と言うんだけど、どうしても名前が聞き取れない。

ああ、プロットが未完成だ。本当の名前まで考えてなかった!!

と思ったところで、はっと目が覚めた。

・・・なんか根本的におかしくないか?>俺様

#アウトプット欲の現れなのかな??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

airpen

ケータイWatchの記事「本日の一品 また夢に一歩近づいた、ぺんてるの「airpen」

入力デバイスマニアな私には垂涎。でも3万か、ちと高い・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「デビルマン」がすごい(ひどい)らしい

山本弘のSF秘密基地の「『デビルマン』は映画ファン必見だ!」

いやあ、山本会長最高だ(笑)。見たくなっちゃったよ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

学力と教養

私は、世の中の大半の人に学力はいらないのではないかと思っている。必要なのは教養だ。

私が使ってる学力と教養という言葉の持つ意味を定義しとく。「1元2次方程式は解くことが可能なもので、解は2つ、1つ、またはない場合もある」というのを、2時曲線のグラフを思い浮かべながら語れることが教養である。x^2+2x=35の解がx=5,-7であることが導けるのが学力である。

#ちなみに、英会話は学力とも教養とも無関係(笑)

実は、学力のレベルで考えると、世の中のほとんどのものは大変過ぎるのだ。おおよそ教養の範囲内で間に合うことが多いし、教養があり、必要があれば、そのとき学力は改めてつけることが出来る。もちろん、出来ない人もいる。教養と学力の関係は、音楽を聴くのと演奏するのにも似ている。バイオリンを弾けなければ、バイオリン協奏曲を本当の意味で理解できないのだろうか。Yes、できないのだ。でも、たぶんそれでもいいと思う。本当に理解したければ、かなりのコストを払って、バイオリンを学べばよい。ただし、学校で5教科分それをしようとおもうのは間違っているのだ。

というわけで、学校はもっと学力ではなく、教養を教えるようにしたらいいんじゃないかと思う。一生懸命計算ドリルをやる暇があったら、無理数ぐらいまで中学生に教えてしまったらいいのだ。どーせ、どちらにせよ役には立たないのだから。世界を広げてやることが大事だ。その上で、その分野にマニアックに興味を持ち始める奴が絶対いるので、そいつをみっちり仕込む体制があれば、最高である。

そうそう、理学部物理学科で研究者の端くれの卵ぐらいの経験をした上で言えば、大学を受験する奴は、もちろん専門分野の学力は必須。微分方程式も自在に解けないのに物理を志してはイカンのだ。逆に言えば、そんなみんな大学なんか行くことないと思うんだな


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆとり教育と学力

ゆとり教育が見直されるらしい。

どうも、日本の子供の学力が低下しているからだそうだ。うむ。最近のガキはアホらしい。

でも、なんでそれがいけないんだ?

ゆとり教育というからには、学習内容の見直しもさることながら、学習時間の短縮も大きな目玉だったはずだ。で、学習時間を短縮して、学力(というか、テストの点)が下がるのはあたりまえのことでしかない。というか、点数が下がらなかったら、授業の密度が濃くなったと言うことだ。「密度が濃い」と言えば聞こえがいいが、それはつまり「詰め込んだ」ということじゃないのか?

というわけで、「ゆとり教育」をすれば点数は下がって当たり前だ。騒ぐ方がどうかしてる。しかし、際限なく下がっていいわけはない。だから、ここまでは下がるけど、そこは目をつむって、その分、ゆとりある教育をしようよと言えなくてはいけない。そのためには国民が得ておくべき学力の基準があるべきなんだな

というわけで、文科省には、「国民がこれぐらいはできてしかるべき基準」を作っていただきたい。そこにはたとえば「年金の仕組み」とか「クレジットカードの仕組み」とか「コンピューターの仕組み」とかが入っていなければならないぞ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうでしょうストラップ

ケータイWatchに記事が。いや、欲しいかって言われると、欲しくないけどさ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SEED Destiny

宇宙世紀もの以外のガンダムで、テレビで続編が作られたのは実は初めてだったりします。

いきなりコロニー落としから始まっちゃうなど、ある意味、テンションが前作の最終回のままスタートしているように見えます。大変な出来事のインフレーション状態ですな。また、前作の2年後という設定なので、昔のキャラもわんさか出てくるので、しっちゃかめっちゃかな印象も与えます。ただ、よくも悪くもSEED的なケレン味はばっちりで、楽しんで見てます。

しかし、物語は前作の主人公であるキラ君が大復活を遂げちゃってて、本来の主役のはずのシンくんがさっぱり登場しません。Ζガンダムで言うと「ガンダムに乗ったアムロがホワイトベースごと参戦」みたいな状態です。しかも、前作から2年しか経っていないのでテクノロジー的にはそれほど急速な発展はしていないだろうと思われるので、オールドタイプな表現をすれば「カミーユのMark-IIより、アムロのガンダムのほうが全然すげえ」てなことに・・・。お約束通り主役機の交代があるとすれば、Mark-IIはΖより弱くなければいけないわけで、前作最終回、ほぼ無敵だったフリーダムとインパルスではどうしても演出上に無理がでますよねえ

というわけで、今のところ、主人公シン・アスカ、主役機インパルスガンダムの双方が、主役をやるだけの役者じゃないという構成上の問題があるような気がします。

・・・てな、ところを意地悪くみるのが、オールドファン的SEEDの楽しみ方なんじゃないかと(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダビンチ・コードの映画

朝日新聞の記事によると、「ダビンチ・コード」の映画で、本物のルーブルを使う許可が出たらしい。

主役はトム・ハンクスだって。トム・ハンクスにハズレ無し!期待しちゃうもんね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

rd2html-ext-lib.rbの修正

るびきちさんのrd2html-extを愛用させてもらってるんだけど、ちみっと改造

  • <h1>にTitleと出なくする
  • <h2>,<h3>のみ章番号を表示する

v1.5(2003/10/30)に対するぱっちをそのうちのっけるつもり

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Shellで複数行をコメントする

わたなべひろふみさんの日記より。

こういう風にすればよいとのこと

 

: << 'COMMENT'
this is a comment
I can write anything here
COMMENT

にゃるほど・・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

MOL-TALOU

日本科学未来館のお土産売り場で売ってた、比較的に安価な分子構造模型

シリコンの表面/界面・格子欠陥を大学院時代に研究していたので、ダイヤモンド結晶の構造模型はとても身近なものだった。研究室のボスはシリコンの{113}面欠陥の高分解能電顕法による構造解析をした人だったので、部屋には大きな{113}面欠陥の模型があったし、まだ、ダイヤモンド結晶に不慣れだった頃、手元の模型をぐるぐるまわしながら自分の撮った回折パターンを解析した日々も懐かしい。また、有名な飯島先生がNECで発見したカーボンナノチューブの構造にも馴染みがあったし、京大へフラーレンを発見したクロトの公演を聴きに行ったこともあった。

そういう郷愁もあってどうしても欲しくなって買ってきたのだが、新年会の席で友達に見せたらことのほか面白がってくれたのでそのままあげてしまった。もっとも、新年会のあとは、それをあげたnacのところに泊めてもらったのでナノチューブは夜中に飲みながら組立てて、結局自分で楽しんでしまった。もっとも、nacの奥さんやドックは全然興味を持ってくれなかったみたい。まあ、そりゃそうだわ。

家に帰ってきてググって見ると、この分子構造模型は通販で買えるみたい。作品例のなかに、シリコン<111>表面の7×7構造があったりして、惹かれる。でも、作ったらでっかいだろうなあ・・・とにかく、自分のデスクにこれが乗ってたらちょっとなごんじゃいそうだから、今度、買ってみよう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本科学未来館

いつもの仲間と新年会をするのに東京まで行くのだが、さすがに酒飲みにだけ行くのもなんだかな。そんなわけで、一度行ってみたかった日本科学未来館を見てきた。目的の一つはMegaster-IIのプラネタリウムを見ること。Megaster-IIは世界最高のプラネタリウム投射機で、なんと個人で作られたものだったりする。すげえ。

Megasterをつかってプラネタリウムをやるドリームシアターガイアは予約制になっている。13時頃についた時には、14時の回はもうなかったが、15時と16時の回はまだ空いているようだった。16時からの回の整理券をもらう。

そして、それまでの間、展示を見て回ったのだが、常設もイベントの展示もどれも力が入ったものばかりで、かつ、さほど混雑しているわけではないので、十分な人数のスタッフが来館者に熱のこもった調子で展示の説明をしている。非常に好印象。もし、自分が東京に住んでいたら、こういうところでボランティアのスタッフができたら、とても楽しいだろうと思う。とてもプラネタリウムまでの間に全部を詳細に見て回ることは出来なかった。後ろ髪を引かれながら、ざーっと見て回る。これはまたこなきゃですなー

一方、プラネタリウムは確かにすごい・・・ような気がするんだけど、ほかのプラネタリウムなんてみたことがないから、なんともはや。もっと言えば、あんなにすごい星空を見たことがないから、あれがリアルな星空なのかどうかもわからないよな・・・。でも、真っ暗ななかですごい星空を見上げなから、うとうとしたのは気持ちがよかった(笑)

さて、声かけたのにだーれも一緒に来なかったので、みんなにお土産。未来館のショップにいろいろと面白いものがあったのでいろいろと買い込む

HA-IIA Tシャツ
NASAのTシャツもあったのだが、やはり日本人にはこれでしょう

分子模型

懐かしの分子模型。大学院生時代は、これと電顕写真を見比べながら画像の解析をしたものです。ダイアモンド結晶と、フラーレン・ナノチューブの二つのセットがあったので、両方購入。DNAもあるらしいのだが、売り切れだったのかな?

宇宙食

エビグラタンとたこ焼きとアイスクリームを購入。たこ焼きは実際に新年会の席で食べてみた。水分がまったくないから、食べた瞬間は「???」な感じだけど、口の中でどんどんたこ焼きになっていく感じ。うまいかと言えば、うーん、どうだろう

ショウジョウバエ ペーパークラフトのポストカード

や、やっぱり不評でしたね(笑)

未来館のコンセプトブック

かなりしっかりしたパンフみたいなもの

というわけでいろいろ買ってきたのだが、見せびらかして配ってしまった。一つ、二つは自分で持って帰ろうと思っていたんだけど、まあ、いいや。また行こう


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムースポッキー あずき

見た目はイマイチだけど、これ、おいしいわ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セキュリティの基本

お客様先でサーバの設定中、隣に座っている同僚が質問してきた

「このサーバのrootのパスワードって、何?」

周りに人がいっぱいいるので、さすがに口頭で伝えるのはためらわれるので、自分のPCにそれを打ち込み、画面を彼の方へ向けた

「ALSK1928ね。りょ~かい~」

読み上げて、どーする!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とらぶる

昨年来のトラブルがなかなか収束しない。今日も徹夜になりそう。そして、今週末も休みなし。うーむ、ちょいとどーにかならんもんか・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近買った本

そんなわけでいろいろと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

十二国記/小野不由美

ライトノベル☆めった斬り!」を読んで、なんども言及されるメジャーどころは読んでおこうかと思って、友人のドッグが読んだことがあると言っていた十二国記を読んでみました。

とりあえず、「月の影 影の海」と「風の海 迷宮の岸」を読了。「月の影~」の上巻は、もう、とにかく暗くて暗くて、「でも、あとで絶対主人公は報われるんだから必要な手続きだよなあ」と思いながら読んで、最後に思ったとおりのカタルシスが得られて、納得・・・したんだけど、次の「風の海~」を読んで絶叫。いや、「風の海~」も面白かったし、むしろコッチの方が好きなんだけど

陽子の話はどこいったの??

ま、たぶん、みんな思うよね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »