2016夏アニメ 1話感想 いまさら

すっかりサボりました。もう完全に今更だし、記憶も残っていないので今期は観てる+録りためてみようと思っているものだけちゃんと感想を書いて、あとは思いつくことを1行だけ書きます(笑)

では、まずは1行感想から。

[ReLIFE]

ギャグとして1話は結構面白かったし、謎も魅力的。でも、なんか重い話になりそう。あと、絵がなんかフラッシュアニメみたい。

[不機嫌なモノノケ庵]

すごく普通!

[ももくり]

なんか痛い。変。なにこれ?

[ラブライブ! サンシャイン!!]

話が前と同じに思える。これでいいなら毎年できるな。

[初恋モンスター]

イケメンにランドセル背負わせて下ネタを言わせる変態アニメ。私はわからないがこれが需要があるらしいこと自体に興味がある(笑)

[Rewrite]

20年時が遡ったのかと思った

[B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~]

アイドルアニメはスポ根アニメの影理論から行くと、男のアイドルアニメはすごく難しいポジションだと思う

[DAYS]

安心して観られるスポーツアニメ。なので観なくても大丈夫。人気でるに違いない!

[アルスラーン戦記 風塵乱舞]

milueは今回もOPが気に入らないらしい。

[orange]

面白いような気がするんだけど、なぜか続きが気にならない・・・

[NEW GAME!]

やっていることがごちうさと一緒だ

[SERVAMP -サーヴァンプ-]

これも王道っぽくていいんじゃないでしょうか。ただ、敵が性格破綻者なのはドラマをかえって難しくするんじゃないかと思う。

[チア男子!!]

男のチアは今まで無いから、やったら面白い・・・とは思わない(笑)

[魔装学園H×H]

ただのエロ

[レガリア The Three Sacred Stars]

思わせぶりで思わせぶりなまま終わって、「自己満足アニメか?」と思ったら作っている人も満足していなかったらしく、中断されてしまった

[はんだくん]

個人的には「坂本ですが」より面白いと思う

以上!。放送開始が7月後半だったものがほとんど漏れました。7月忙しかったです・・・

さて、今期観てるのは以下です。

[魔法少女? なりあ☆がーるず]

「てさぐれ」のダテコー監督の最新作。今度は収録風景をニコニコで流すのがメインで、編集して流す地上波バージョンはどうでもいい感じになりました(笑)

まあ、毎回やっていることは同じで、振り切れるかどうかはキャストにかかってます。「てさぐれ」の4人は神がかってましたが、今回の3人もなかなか。最初は3人の声にあまり差が無くてキャラもはっきりしなかったので見づらかったんですが、今やすっかり力関係も固まっていい感じになりました。

「ごめんなさいだよー」「下のはちみつ」「カッテー」などの名言も各キャラから飛び出していい感じのメンバーに恵まれましたねぇ。

で、毎回同じと言いつつも、システムはどんどん進化しているのもえらいなあと思いますよ

[この美術部には問題がある!]

原作のマンガが好きなので楽しく観てます。宇佐美さんかわええよー。しかし、それほど人気がある原作だとも思えないんですが、OPが水樹奈々、EDが上坂すみれとキングレコード超推しになっているのはなんでなのん?

[甘々と稲妻]

原作はマンガで、表紙は気になっていたけど買ってませんでした。どーもお話が動かなさそうな感じだなーと思って。で、アニメを観たらホント予想通りだったんですが、早見沙織さんのことりの話し方がツボだったので、ずるずると観てます。あと、つむぎ役の子役の人、うまいですよねー

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

第2言語の重要性

artonさんがElixirの本の紹介で「3つの言語理論」を展開してます。

趣味の人は別とすれば、おれは3種類のプログラミング言語を覚えると良いと思っている。

第1は、仕事で使う主要言語だ。普通の世界ではなんらかのコンパイル言語となるだろう。たとえばおれの場合は、C(と古い使い方でのC++)、Java、C#、Objective-C、(コンパイル言語ではないが)JavaScriptだ(あと必要に応じてVBやCOBOLもあるがぐっと頻度は落ちる)。

第2は、それに対する補助言語だ。Unixであればシェル、sed、awk、find、grep、wc、cut、sort……となるのだろうが、Windowsメインの場合そうはいかないのでどうしてもプログラミング言語が必要となる。というわけでおれの場合はRubyがそれにあたる。解析、分析、ソース生成、ファイル大量操作といったありとあらゆる日常のさまざまな場面で頻繁に利用することになる。

余談だが、素人の職業プログラマーと、玄人の職業プログラマーの差は第2言語を持つか持たないかの違いだとおれは考えざるを得ない。

第3言語は第2言語に飽きたときにちょっと使う補完言語だ。これが微妙で、第2言語と異なり職業的にはなくても済むのだが、あったほうが間違いなく良い。楽しいし発想を転換するためのきっかけになる。発想転換のトリガーとしたいのだから、第1および第2とは完全に異なるほうが良い。

プログラミングElixir/L'eclat des jours - arton

大変ごもっともです。

で、私はどうなのかなというと、今現在は

  • 第1言語:C#/VB.net, Java(大変に自信がない), Ksh(えっ?)
  • 第2言語:Ruby, WSH
  • 第3言語:Excel VBA

という感じかなと思います。Excel VBAはツボにハマるとすげぇ便利ですが、Rangeオブジェクトなど、オブジェクトの扱いが独特過ぎて未だに正解がよくわからない(けど、なんか動く物は作れる)不思議言語ですね。Elixir触ってみようかなあ。

artonさんの言うところの「素人の職業プログラマ」の方が、第2言語をどうしているのかというと、第1言語をそのまま第2言語として使ってしまう(例えば、ちょっとしたツールまでJavaで作ってしまう)か、Excel VBAが第2言語になっているパターンが多い気がします。

前者のタイプの人に、「LLとか使うと早いよ?」というと、「いや、ツールセットについて勉強しているより、書いちゃった方が早いから」という返事が来ます。腕力に自信のあるプログラマタイプに多くて、こういう人は仕事以外でプログラムを書かなくて、「LL何それ美味しいの」状態の人が多い感じがします。

後者のVBA大好き病の人も視野が狭いという点では同じですが、Excel VBAはなんといっても仕事で使うPCには必ずインストールされている点が大きいし、開発環境と実行環境が一体になっているというのはプログラミングの敷居を下げるのは確かで、こういう開発環境がもっとあったらいいのかなあ(それがSmalltalkなんでしょうか。見たこともないのでなんとも言えませんが・・・)と思ったりもします。

あまりプログラミングに接してこなかったけど自力のある若いSEが、必要に迫られてExcelでワークフローシステムや、障害分析システムを組み上げて、「すごく遅くて大変ですけど、このExcelに入れれば完璧です!」と言っているのを見かけることが良くあります。中を見ると、ホントに良く出来ていて苦労の跡もあって涙ぐましいんですが、「アンタ、ここにはRDBもWebアプリケーションサーバもあるんだから、こんなもんつくるぐらいなら、普通にWebアプリ作った方が楽だよ」と言うんですが、「いやいや、僕のスキルではこんなもんが精一杯で・・・」。むう・・・いや、マジなんだけどな。

というわけで、「第2言語を持つ」ということの大事さ・・・というか、ちゃんと便利な物を第2言語として選ぶことの大事さ(Excel VBAやSQLをそれに充てないこと(笑))は、2016年になってもウチの業界(=とってもEnterpriseなSI業界)には広まってないなあという感じ。 もっといえば、開発の現場って第1言語を使わない人(DBAやアーキテクト、テスターやQAer、運用担当者などなどなど)もたくさんいるんですが、そんな人でも第2言語は使うべきなわけで、Excelの使い方と同じぐらい第2言語は大事なんですけど、理解されないですなあ。

となると、第3言語は、まあ趣味ですな(笑)。でも、新しい考え方を得る必要は常にあるよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

«4Kテレビを買った